新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

朝日生命、女性のための保険「やさしさプラス」を発売

 朝日生命は、女性のライフコースが多様化する中で、様々な生活上の価値観・志向を持った女性1人ひとりを応援したいという気持ちを込めて、「女性の『私らしく輝いて生きる』を応援する」をコンセプトとした取り組みを始める。
 具体的には、保険王プラスのユニット型の保障を引き継ぐ女性のための保険「やさしさプラス」や、女性特定部位に対する手術を重点的に保障する新特約「マイメディーナ」を発売するとともに、「やさしさプラス」加入者向けの健康相談サービスも開始する。また、多くの女性に輝いて生きてもらいたいとの願いから、様々な支援活動を通じて広く社会に貢献していく。
◆女性のための保険「やさしさプラス」
 保険王プラスのユニット型の保障を引き継ぐ女性専用の保険として「やさしさプラス」が誕生。顧客のライフステージの変化にあわせて、必要な部分だけを見直すことのできるユニット型の保障は、ライフステージの変化が多く、その影響も大きい女性にはぴったりの保険。今後は、男性向けに「保険王プラス」、女性向けに「やさしさプラス」を案内する。
◆女性特定部位に対する手術を重点的に保障する特約「マイメディーナ」
 乳房・子宮・卵巣などに対する手術で最高30万円を受け取れる、無配当女性手術重点保障特約(返戻金なし型)特約「マイメディーナ」を発売する。
▽主な特長
○女性特有の手術を重点的に保障する
 乳がんや子宮がんはもちろん、子宮筋腫や子宮内膜症など、女性が不安に思う疾病に対する手術を幅広く重点的に保障する。
※対象部位は「乳房(乳頭・乳輪を含む)・子宮・卵巣・卵管・甲状腺・上皮小体(副甲状腺)」となる。
○一律の給付金額で最高30万円の保障
 手術の内容にかかわらず給付金額は一律で、良性腫瘍による子宮や卵巣の一部摘出の場合でも、最高30万円のまとまった給付金を受け取れる。給付金は、手術あとや副作用などの、手術で低下したQOL(Quality of life)を向上させるための費用に活用することもできる。
○お祝金タイプもある
 II型の場合、女性手術給付金の支払いがなかったときは、5年ごとに女性応援給付金を支払う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

関連商品