シンニチ保険WEB

アフラック、同性パートナーを死亡保険金受取人に指定できる取り扱い開始

 アフラックは、9月20日から死亡保険金受取人の指定範囲を拡大し、新たに同性パートナーを受取人に指定できる取り扱いを開始する。
 同社では、死亡保険金受取人について、配偶者または二親等内の親族を指定することを原則としているが、これまでも所定の条件を満たした場合には、事実婚(内縁関係)の妻・夫等の指定にも対応してきた。今回、これに加えて同性パートナーも死亡保険金受取人に指定できるよう取り扱いを変更する。
 同性パートナーを受取人に指定する契約については、自治体が発行する「パートナーシップ証明書」の写しを提出してもらうことにより、手続きできる。なお、パートナーシップ証明書の提出がなくても、所定の条件を満たせば、受取人に指定することが可能。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

「かんぽ生命-アフラック Acceleration Program」最終審査結果発表

生保

アフラック生命、調布市における子宮頸(けい)がん予防・啓発活動を実施

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

アフラック生命、組織変更及び人事異動を発表

生保

アフラック生命、IoTミラーを活用した調布市のマイナンバーカード普及啓発活動を実施

生保

アフラック生命、電気通信大学と産学連携に係る包括協定を締結

生保

アフラック生命、デジタルテクノロジーを最大限に活用した新たなサービス「ADaaS:アダース」提供を開始

生保

アフラック生命、新卒採用者の初期配属を確約する「WING制度」を導入