新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動あんしん生命、「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」を発売

 東京海上日動あんしん生命は、退院後の「働けない日々」のリスクから顧客を守るため、就業不能に関する保障を刷新した新商品「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」[正式名称:家計保障定期保険(無解約返戻金型)特定疾病・重度介護保険料払込免除特則、5疾病・重度介護家計保障特約付加]を11月2日から発売する。
 昨今、従来の医療保険や死亡保険ではカバーしきれなかった就業不能リスクへの社会的な関心が高まっている。同社は、2012年10月から、このリスクを保障する「家計保障定期保険 就業不能保障プラン」を発売し、これまでに11万件を販売。一方で、同社アンケートでは就業不能保障保険を知っている人の割合は約29%と依然として低い。こうした状況を踏まえ、就業不能に関する保障を刷新した新商品「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」を発売することにした。あわせて、「家計保障定期保険」についても保障の充実を図り「家計保障定期保険NEO」[正式名称:家計保障定期保険(無解約返戻金型)]として発売する。
◆商品の特長
(1)就業不能保障プランの特長
▽入院開始時に役立つ一時金(5疾病初期入院給付金)の新設【5疾病・重度介護家計保障特約】
 今回刷新した就業不能保障プランでは、従来の月払給付に加えて、5疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全)により入院した際に一時金(特約給付金月額×2)を支払う。従来の就業不能保障プランでは、所定の就業不能状態(「5疾病の治療のために入院している状態」または「5疾病により医師の指示を受けて自宅等で療養し、すべての業務に従事できない状態」)が60日を超えて継続した場合等に給付金を支払っていたが、今回の改定により、入院開始時から「働けない日々」に対するリスクをカバーすることが可能となった。
▽就業不能時に手厚く備える一時金の新設【重度5疾病・重度介護一時金特約(任意付加)】
 より手厚く就業不能に備えたいというニーズに応えるために、5疾病により所定の就業不能状態となった場合、または、病気やケガにより所定の要介護状態になった場合に一時金(100万円~300万円)を支払う特約を新設した。
▽保険料払込免除範囲の拡充【特定疾病・重度介護保険料払込免除特則】
 最新の医療実態を踏まえ、従来の重度5疾病・重度介護保険料払込免除特則における対象疾患を拡大し、保険料払込免除事由を緩和した。
〇対象疾患
 従来の「急性心筋梗塞」「脳卒中」を、それぞれ「心疾患」「脳血管疾患」に拡大。
〇免除事由
 従来は、重度5疾病・重度介護給付金の支払事由に該当した場合に限って、将来の保険料払込みを不要としていたが、これに「悪性新生物:初めて診断確定された場合」「心疾患、脳血管疾患:手術または継続20日以上の入院治療を受けた場合」の条件を追加。
※家計保障定期保険NEOについても、対象疾患を拡大し免除事由を一部緩和している。
▽保険期間満了時年齢の上限引き上げ
 保険期間満了時年齢の上限を、従来の65歳から75歳に引き上げ、顧客のニーズにあわせて、より柔軟な設計を可能とした(これに伴い、契約年齢の上限も55歳から65歳に引き上げた)。
(2)「家計保障定期保険NEO」および「就業不能保障プラン」共通の特長
▽非喫煙者保険料率の導入
 新たに非喫煙者保険料率を導入し、非喫煙者に対して割安な保険料を実現(喫煙告知に加え、同社所定の検査が必要となる)。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、【国内初】カーボンクレジットの購入企業向け専用保険開発

損保

SBI損保、雹災害による車体損害の確認へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、ぺット保険に新サービスお散歩ナビサービス「ALKOO withわんこ」を共同開発

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、個人向け火災保険で「建物省エネ化費用特約」を販売開始

生保

ネオファースト生命、終身医療保険「ネオdeいりょう」を改定

損保

東京海上日動、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」専用LINE公式アカウントを新設

生保

PGF生命、提携金融機関3行で3商品を販売開始

生保

日本生命、子会社のニッセイプラス少額短期保険が企業の健康経営を支援する精密検査費用保険を発売

関連商品