シンニチ保険WEB

明治安田生命、直営・来店型店舗を東京都・神奈川県・愛知県に出店

 明治安田生命は、4月14日から直営・来店型店舗「保険がわかるデスク吉祥寺」(東京都武蔵野市)、「保険がわかるデスク武蔵小杉」(神奈川県川崎市)、「保険がわかるデスク豊田」(愛知県豊田市)の3店舗を開設する。
 同社は、契約の有無にかかわらず、誰でも気軽に保険の無料相談ができる来店型店舗を2009年から展開し、対面による保険相談や顧客へのアフターフォローを実施してきた。今回、来店して保険商品を選びたいというニーズの高まりを背景に、東京都・神奈川県・愛知県へ新たに3店舗を開設することにした。
 今回の出店により、「保険がわかるデスク」は首都圏で9店舗、中京圏で3店舗、関西圏で3店舗の計15店舗となる。これらの店舗では、保険についての相談のほか、店舗内のセミナースペースを利用し、年金・相続・女性向けセミナーや親子向けイベントの開催など、日々の暮らしに役立つ幅広い情報・サービスなどを提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

明治安田生命、円建劣後ローンによる調達を実施

損保

明治安田損保、「お客さま志向の業務運営方針」の取組状況(2021年度)

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

損保

三井ダイレクト損保、ブランドコンセプトを刷新~「強くてやさしい」企業になることを宣言

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究