新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

オリックス生命、全社員参加型のコミュニケーションウェブコンテンツを公開

 オリックス生命は3月27日、全社員参加型によるコミュニケーションウェブコンテンツ「BAKU BAKU(バクバク)ヴィレッジ」を公開した。一般ユーザーから寄せられる投稿に対して全社員が参加し、ウェブサイト上で回答するQ&Aコンテンツは、業界初の取り組みとなる(同社調べ)。
 「BAKU BAKUヴィレッジ」は、Twitterやメールを通して不安(フアン)や白黒ハッキリつけたいことなどの世の中の声を傾聴し、それを「BAKU BAKU」や同社全社員が実際に調査して解決策を見出すことで、ユーザーに安心(アンシン)を届けることをコンセプトとしたコミュニケーションコンテンツ。Twitterアカウントを保有するユーザー、もしくは、PCやスマートフォンなどインターネットを利用できるユーザーであれば、誰でも「フアン投稿」を行うことが可能。
 昨今、顧客サービスにおいて、人工知能を活用した自動応答型コミュニケーションの導入が進むなど、デジタル技術革新が著しい飛躍を遂げる一方で、自動化によって、企業が一般消費者と直接対話する機会が減少している状況も生じている。同社は、社員と顧客とのコミュニケーションを活性化させる対話型コンテンツ「BAKU BAKUヴィレッジ」を開設することで、世の中に「アンシン」を提供するとともに、契約者をはじめ、これまで同社との接点がなかったユーザーとの接点機会を増やしていく。
 なお、「BAKU BAKU」は、同社の公式キャラクターで、悪夢を食べるとされる中国古来の伝説の生物「獏」をモチーフに、顧客が将来に抱える不安(フアン)に生命保険を通じて安心(アンシン)に変えていきたいとの思いを込めている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

生保

SOMPOひまわり生命、日本健康会議主催イベントに登壇、健康経営におけるマイナ保険証の活用を発表

生保

楽天生命、「楽天保険の総合窓口」が契約者ページに対話形式のAIチャットボット機能を提供開始

関連商品