シンニチ保険WEB

朝日生命、顧客サービスの向上に向けてタブレットPCを導入

 朝日生命は、顧客の多様なニーズにスピーディーに応えるため、全国約1万2000人の営業職員が顧客へのプレゼンテーションや各種手続きに使用している営業用パソコンを平成30年1月からリプレイスすることを決定した。
 今回の10.1型タブレットPCの導入により、従来は書面で行っていた新契約手続きを電子化し、手続きをシンプル化するとともに、契約成立までの日数を大幅に短縮する。また、タブレットPCのセキュリティ性能を強化することで、顧客情報を一時的にタブレットPCに保存できるようになる。これにより、ホストコンピュータと通信しなくても新契約手続きを行えるため、いつでも、どこでも契約できるようになる。
 さらに、平成31年1月には、保全・支払請求などの手続きも電子化し、即時性を高め、顧客の利便性向上を実現する。
 タブレットPCは、外出先での活用が前提となることから、小型のスライド式静脈認証機能を搭載し、セキュリティ強化を図る。富士通および富士通クライアントコンピューティングが、デザイン・使いやすさ・信頼性、さらにはセキュリティを考慮し開発した。
 また、タブレットPCのリプレイスに合わせて営業所で利用する次期カラープリンタには、リコージャパンからリコー製の「RICOH SP C841」を採用。使いやすさを追求した優れた操作性と、大量出力業務に応える高速・高耐久性、優れた環境性能を備えているプリンタとなる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

損保

楽天損保、サカイサイクル運営のオンラインショップに自転車保険申込サービスを提供開始

損保

ソニー損保、「24時間365日事故対応サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、全国の消防組織にて大規模災害時の被災状況把握に【民間初】