新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」介護職員による支援を開始

日本生協連は、地震により被害に見舞われた地域に対して、情報の集約や現地支援、行政からの物資支援要請に対応している。
全国の生協では、これまでも災害時に被災地域の復興支援に取り組んできた。今回の地震災害においても、地元生協を中心に、全国の生協が協力して被災地域への支援に取り組む。
1.一般社団法人 全国コープ福祉事業連帯機構※(以下、コープ福祉機構)より会員生協・法人へ派遣要請。2月10日より2名の介護職員が現地入り
石川県生協連(所在地:金沢市)からの要請を受け、コープ福祉機構より介護職員の派遣支援を2月13日から開始する。被災地では、高齢者の健康状態や介護度の悪化防止と災害関連死を減らすために専門性を有した介護職員によるケアが求められており、これを支援するものである。派遣支援期間は2月13日から3月1日の予定で、開始に先立ち2月10日より富山医療生協を母体とする「社会福祉法人とやま虹の会」の介護職員2名を派遣し、先行して支援活動を行う予定である。専門職である介護職員の派遣にあたっては、コープ福祉機構より会員生協・社員法人及び医療福祉生協連への支援要請を行い、協力して対応を進める。
※生協と、生協を母体に設立された社会福祉法人が設立し参加する、事業支援団体である。
2.コープいしかわへの業務支援派遣状況
全国の会員生協では引き続きコープいしかわへ、宅配同乗や宅配センターでの架電業務、のと北部センター(穴水町)のエリア内の組合員に配達可能かの確認を行い、支援を続けている。
・支援に入っている会員生協(2月5日時点)
コープさっぽろ、パルシステム神奈川、ならコープ、生協しまね、コープデリにいがた、ユーコープ、おおさかパルコープ、コープえひめ、いばらきコープ、トヨタ生協、大阪よどがわ市民生協、こうち生協、コープみらい、東海コープ事業連合、コープこうべ、エフコープ、パルシステム福島、コープあいち、おかやまコープ
3.「コープ被災地支援センター」の避難所運営支援について
1月22日に被災地域の災害ボランティアセンターや民間団体等と連携して支援活動に取り組むために石川県生協連が設置し、日本生協連も全面協力・支援している「コープ被災地支援センター」では、2月5日より日本生協連職員を中心に、先行して支援活動を開始し、能登町にて避難所運営の支援、物資の拠点間配送、炊き出しなどを行った。先行支援職員の活動状況や現地情報を踏まえ、刻々と変わる被災者ニーズにあった支援を検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

共済

日本生協連、「全国産直研究交流集会 2024」を開催

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出