シンニチ保険WEB

カーディフ生命とカーディフ損保、「コロナ禍と保険」に関する意識調査結果を公表

BNPパリバ・カーディフ(本社:パリ)は、日本を含む世界21か国・地域の18歳以上の男女21,000名を対象に、保険へのニーズに関する意識調査を実施した※1。2019年の調査※2に続き、2回目となる今回の意識調査は、新型コロナ感染拡大の影響とそれに伴う保障ニーズの変化を把握することを目的に、新たに新型コロナに関する設問を追加して実施した。
◆世界21か国の結果ハイライト
1.76%が「病気」および「収入減」を不安視、コロナ前より上昇
2.59%が新型コロナの影響で収入減を経験し、44%が大きな買い物を延期・中止
3.未曽有の危機によって保険の必要性を認識し、特に失業に対する保障ニーズが増加
◆日本の結果ハイライト
1.最大の生活不安は依然として「自然災害」75%、次いで「事故」74%、「収入減」73%
2.45%が新型コロナの影響で収入減を経験
3.想定外のリスクに対して「守られている」と感じているのはわずか54%。21か国中16番目の低水準
4.保障ニーズは総じて前回より大幅に上昇。ニーズが高い順に「自然災害」47%(前回比+17pt)、「病気」44%(+18pt)、「入院」43%(+16pt)
※1 調査方法:調査期間は1月4日~29日。金融商品・サービス(銀行取引・保険)に関する決定権を持つ18歳以上の個人の代表サンプル。年齢制限は国によって異なり、欧州では65歳(トルコは50歳)、南米は59歳(ペルーは55歳)、アジアは55歳(中国は50歳)。調査対象者21,000名(1か国あたり1,000名)。各国での代表サンプルを確保するために年齢、性別、地域の割当を適用。ロシアでは特別な割当を適用(特定都市での質問)。イプソス社のパネルによるオンライン調査。調査はインターネット(パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末機器を問わないアンケート)を利用。データは3つのセグメント(性別、年齢、地域)に基づいて処理。調査結果は、世界レベル、地域レベル、国別に分析。
※2 BNPパリバ・カーディフは2019年4月にイプソス社と共同で3大陸26か国・地域の26,000名を対象に意識調査を実施。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査を実施

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート~「父の日」について~を実施

生保協会・団体

生保協会、「生命保険協会 SR報告書2021」発行

生保協会・団体

生命保険文化センター、「ライフマネジメントに関する高齢者の意識調査」を発表

損保

アイペット損保、ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2021を発表

損保

アニコム損保、「梅雨時の愛犬との過ごし方」アンケート結果を発表

生保

カーディフ生命、2020年度業績を発表

損保

損保ジャパン、「身のまわりリスクに関するアンケート」結果を発表

生保

エヌエヌ生命、本社移転にかかる従業員の満足度調査結果

生保

第一生命、国立循環器病研究センターと協働活動

関連商品