シンニチ保険WEB

カーディフ生命とカーディフ損保、「コロナ禍と保険」に関する意識調査結果を公表

BNPパリバ・カーディフ(本社:パリ)は、日本を含む世界21か国・地域の18歳以上の男女21,000名を対象に、保険へのニーズに関する意識調査を実施した※1。2019年の調査※2に続き、2回目となる今回の意識調査は、新型コロナ感染拡大の影響とそれに伴う保障ニーズの変化を把握することを目的に、新たに新型コロナに関する設問を追加して実施した。
◆世界21か国の結果ハイライト
1.76%が「病気」および「収入減」を不安視、コロナ前より上昇
2.59%が新型コロナの影響で収入減を経験し、44%が大きな買い物を延期・中止
3.未曽有の危機によって保険の必要性を認識し、特に失業に対する保障ニーズが増加
◆日本の結果ハイライト
1.最大の生活不安は依然として「自然災害」75%、次いで「事故」74%、「収入減」73%
2.45%が新型コロナの影響で収入減を経験
3.想定外のリスクに対して「守られている」と感じているのはわずか54%。21か国中16番目の低水準
4.保障ニーズは総じて前回より大幅に上昇。ニーズが高い順に「自然災害」47%(前回比+17pt)、「病気」44%(+18pt)、「入院」43%(+16pt)
※1 調査方法:調査期間は1月4日~29日。金融商品・サービス(銀行取引・保険)に関する決定権を持つ18歳以上の個人の代表サンプル。年齢制限は国によって異なり、欧州では65歳(トルコは50歳)、南米は59歳(ペルーは55歳)、アジアは55歳(中国は50歳)。調査対象者21,000名(1か国あたり1,000名)。各国での代表サンプルを確保するために年齢、性別、地域の割当を適用。ロシアでは特別な割当を適用(特定都市での質問)。イプソス社のパネルによるオンライン調査。調査はインターネット(パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末機器を問わないアンケート)を利用。データは3つのセグメント(性別、年齢、地域)に基づいて処理。調査結果は、世界レベル、地域レベル、国別に分析。
※2 BNPパリバ・カーディフは2019年4月にイプソス社と共同で3大陸26か国・地域の26,000名を対象に意識調査を実施。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、「コロナ禍での行動変化がMCIのリスクに与える影響に関する調査」を実施

損保

SBIインシュアランスグループ、SBI損保、新型コロナウイルスによる自動車と自動車保険に対する意識の変化についての調査を実施

生保

SBIインシュアランスグループ、SBI生命、ポイントサービスの利用状況に関する調査を実施

生保

大同生命、「大同生命サーベイ」2021年9月度レポートを公表

生保

明治安田生命、子育てに関するアンケート調査を実施

生保

エヌエヌ生命、全国の男性経営者の事業承継に関する意識調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「環境問題について」

生保

大同生命、「コロナ禍における事業承継」について調査結果を公表

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、「大同生命オンラインフォーラム」を開催