シンニチ保険WEB

日本生協連、「コープサステナブル」2月より本格展開

日本生協連は、SDGsおよびエシカル消費の取り組みをより一層発展させるため、環境や社会に配慮した主原料を使った商品を共通のロゴマークを付けてシリーズ化し、「コープサステナブル」として2021年2月より本格展開する。
日本生協連では、2018年6月に採択した「コープSDGs行動宣言」に基づき、コープ商品におけるエシカル消費対応の取り組みを進めてきた。環境や社会に配慮した商品であることを示す認証マークの種類が増える中、共通のロゴマークをパッケージに表示することで、サステナブルな商品を分かりやすく、選びやすくする。
「コープサステナブル」シリーズの展開にあたっては、「海の資源を守る」「森の資源を守る」「オーガニック」の3つのテーマで取り組み、共通ロゴの下部にメッセージを表示する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、「バレンタイン・チャリティ募金」204万円を寄付

共済

日本生協連、「DX-CO・OPプロジェクト」本格始動

損保

SOMPOホールディングス、オンラインセミナー「防災・減災に向けた企業の進化と今後の10年~東日本大震災から10年これからの防災・減災サービスを考える~」の開催

損保

大同火災、第93回選抜高校野球大会出場校へ寄付金贈呈

損保

損保協会、2021年度自賠責運用益拠出事業18.5億円を決定

生保

かんぽ生命、2021年度 夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」等の開催地および開催日程を決定

生保

マニュライフ生命カップ、第15回エコノミクス甲子園全国大会を初のオンライン開催

損保協会・団体

損保協会、広島県江田島警察署に感謝状を贈呈

損保協会・団体

損保協会、広島県江田島市に軽消防自動車を贈呈

損保

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度 第3期キックオフセレモニーを開催