シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社が損保事業展開するレボロスを買収

第一生命ホールディングスの米国子会社であるProtective Life Corporation(以下、「プロテクティブ社」)は、「Revolos(以下、「レボロス」)」としてブランド展開を行うWarranty Topco, Incを買収することを決定し、買収契約を締結した。今後、日米監督当局による認可等を前提として、2021年3月頃までを目処とした買収手続完了を予定している。
レボロスは米国で損害保険事業を展開しており、約3,000のディーラー・金融機関等のチャネルにより創業以来40年以上にわたり460万件もの契約を販売してきた。プロテクティブ社が持つアセットプロテクション事業(注)とビジネス・コストの両面で相乗効果が見込まれ、プロテクティブ社は本件買収を通じて事業規模の拡大および収益性の向上を実現することができるものと考えられる。
プロテクティブ社は、伝統的な生命保険事業、個人年金事業等のリテール事業に加え、買収事業に強みを持ち、2015年2月に同社グループの一員となって以降も、米国Genworth Financial, Inc.からの定期保険ブロックの買収(2016年)、米国United States Warranty Corp.の買収(2016年)、米国Liberty Life Assurance Company of Bostonの個人保険・年金ブロックの買収(2018年)、米国Great-West Life & Annuity Insurance Companyの個人保険・年金ブロックの買収(2019年)等をそれぞれ実現した。今回の買収は、プロテクティブ社にとって通算58件目の買収案件となり、手元資金で対応する予定である。
(注)アセットプロテクション事業とは、車両等の機械の故障費用や、全損時のローン残高相当分を補償する損害保険事業を指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、米国インシュアテック企業「Hippo社」との戦略提携に合意

損保

三井住友海上、上海国際貿易単一窓口、上海保険取引所と提携し「スマート国際貿易保険プラットフォーム」開発

損保

三井住友海上、イスラエル保険グループDirectInsurance-FinancialInvestmentsLtd.に出資

損保

東京海上ホールディングス、合弁会社「株式会社AlgoNaut(アルゴノート)」を設立

生保

第一生命ホールディングス、「PRIDE指導2020」において5年連続最高評価「ゴールド」を受賞

損保

三井住友海上、松下電器(中国)有限公司・中国太平洋保険(集団)株式会社と養老分野で提携

生保

メットライフ生命とコミュニケーションワン、11月1日付で合併

損保

東京海上日動、損保ジャパン、貿易プラットフォーム「TradeWaltz(R)」の運営会社に業界横断7社で出資

損保

トーア再保険、スイス所在子会社における生命再保険ビジネス引受開始

生保

第一生命ホールディングス、相互住宅株式会社を子会社化

関連商品