シンニチ保険WEB

東京海上日動、日本生命など11社、「+メッセージ」を活用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」を構築

東京海上日動、日本生命、ジェーシービー、野村證券、みずほ銀行、三井住友銀行および三菱UFJ銀行の金融7社(五十音順)、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社、ならびにトッパン・フォームズは、2019年4月の合意から検討を重ねてきた共通手続きプラットフォーム「AIRPOST(エアポスト)」の構築に賛同し、トッパンフォームズが2020年6月下旬(予定)からお客さま向けにサービスの提供を開始する。
【デジタル革新の実装への取り組みについて】
「AIRPOST」は従来お客さまが企業別に行う必要があった諸手続きを共通化し、高いセキュリティで安全・安心に利用してもらえるワンストップサービスである。携帯3社が提供するRCS(Rich Communication Services)に準拠したメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」との連携により、「AIRPOST」公式アカウントという共通のユーザーインターフェースでの一括手続きが可能となり、お客さまの利便性向上や各社の業務効率化を実現する。
「AIRPOST」は6月下旬に口座振替の申し込み、2020年内には住所変更などの諸届けへの対応を予定している。オープンプラットフォームである「AIRPOST」は、検討段階から携わっている金融機関の他、多数の企業・団体において参画や収納企業としての利用が検討されている。さらに災害時に発生する諸手続きや行政手続きへの対応、マイナンバーカードを活用した公的個人認証サービスとの連携など、機能拡張も予定されている。「AIRPOST」の提供は、金融7社ならびにトッパンフォームズが、経団連が公表する提言「Digital Transformation (DX)~価値の協創で未来をひらく~」におけるDX実装プロジェクトの一環で、面倒な諸手続きをまとめて楽に行う「ワンストップ PJ」として生活者の価値実現を目指すものである。「AIRPOST」における各種サービスの提供により、お客さまの体験価値の向上や社会全体の効率化につながるよう、引き続き DX 実装に向けた取り組みを推進していく。
■「AIRPOST」についてはこちらを参照のこと。
URL:https://airpost.toppan-f.co.jp/service/

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、2021年度「IT賞」における『IT奨励賞(トランスフォーメーション領域)』を受賞

損保

東京海上日動、中小企業専用ソリューションサイト「BUDDY+」を開設

損保

東京海上日動、災害に負けない強靭な社会を目指し「防災コンソーシアム(CORE)」を発足

生保

日本生命、脱炭素ファンドへのインパクトに投資

損保

東京海上日動、日本郵便、傷害保険「JP生活サポート保険」デジタル申込みの提供開始

生保

日本生命、「勤労感謝の日」についてインターネットアンケートを実施

損保

東京海上日動、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発を開始

損保

東京海上日動、ドローンを活用した保全高度化支援サービス開始

損保

東京海上日動、企業向けテレマティクスサービス『法人ドライブエージェント』のラインナップ追加

損保

東京海上日動、ESGスコアの保険引受業務への活用に向けた実証実験を実施