シンニチ保険WEB

かんぽ生命、特約の中途付加(切替特則)における旧特約保険料の収納誤りが判明

かんぽ生命は、2019年4月以降、新特約(無配当医療特約)の中途付加と同時に旧特約(無配当入院特約)を解約する「特約の中途付加(切替特則)」の申込んだ一部の契約において、お客さまからの旧特約にかかる特約保険料の収納に誤りがあることが判明した。
1 事象の概要
旧特約にかかる特約保険料をお客さまから収納した際に、本来お客さまに返戻しなければならない特約保険料を誤って返戻していない事象が次のとおり判明した。
●影響件数 63件
●金額
合計 349,329円
最大 34,947円
最小 258円
※上記のほか、誤って過払いとなっている契約が132件ある。
2 お客さまへの案内
該当のお客さまには、正当な支払額や支払いに必要な手続きを記載した詫び状を送る。
3 発生原因と再発防止策
2019年4月以降、「特約の中途付加(切替特則)」の申込みをした契約について、旧特約にかかる特約保険料の算出基準日を判定するシステム開発プロセスに誤りがあったことに起因するものであり、システム開発の品質向上、プログラム変更処理の際の検証体制を強化し、再発防止に努めている。
4 問い合わせ先
本件についての問い合わせは、電話(フリーダイヤル)で受け付けている。
〇問い合わせ窓口
かんぽコールセンター(フリーダイヤル)0120-552-950

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、「aniterrace(アニテラス)」2022年1月に運営を開始

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、書籍『ありがとうの手紙』を発売

生保

かんぽ生命、はたらく細胞×すこやかんぽ あるいて健康キャンペーン

生保

日本生命、「日本生命アプリ」によるマイナンバー登録サービスの開始

生保

SOMPOひまわり生命、「触れるふれる動画(インタラクティブ動画)」の提供開始

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、新損害サービスシステムを稼働

損保

損保ジャパン、インターネット保険料決済サービスに「Pay-easy(ペイジー)」を導入

生保

オリックス生命、手話・筆談通訳サービスを開始

生保

かんほ生命、「パートナーと一緒にする運動実態」調査

生保

ライフネット生命、「マネーフォワードの生命保険」の提供を開始

関連商品