シンニチ保険WEB

生保協会、「はじめての気候変動対応ハンドブック」の作成・公表

生保協会では、「はじめての気候変動対応ハンドブック~生命保険業界への影響と考えるべきこと~」を作成・公表した。
気候変動対応については、世界的な課題となっており、生保協会では、4月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同を表明している。
同会は賛同機関として、会員各社への情報提供などを通じて会員各社におけるTCFD提言に沿った取組みを後押しすることを掲げており、今般、会員各社の気候変動対応の担当者向けに、気候変動対応の基礎がわかるハンドブックを作成した。
本ハンドブックは、はじめて気候変動の担当になった人を想定して、そもそも気候変動がなぜ大事なのかという基本的なことから、実務担当者としてどういったことを考えればいいのかまで幅広く整理した内容となる。
※「はじめての気候変動対応ハンドブック~生命保険業界への影響と考えるべきこと~」(7,022KB)
https://www.seiho.or.jp/info/news/2019/pdf/20191115_1.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定