シンニチ保険WEB

アクサ・ホールディングス・ジャパン、「令和元年台風第19号」による被災地への復興支援金拠出を決定

アクサ・ホールディングス・ジャパンは、子会社3社(アクサ生命、アクサ損保、アクサダイレクト生命)と連携し、被災者支援や被災地の復興支援のため、3,000万円を拠出することを決定した。
また、アクサ・ホールディングス・ジャパンでは、グループの社員からの寄付を募り、集まった金額に会社から同額のマッチングを行った金額を、被災地の緊急支援や復旧支援を行っている公益社団法人 Civic Force (シビックフォース)に別途寄付することも決定した。
加えて、災害救助法が適用された地域にて被災された契約者の契約については、特別取扱を実施している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、第7回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体(今年度最終分)を決定

生保

エヌエヌ生命、身近な社会的課題を解決するビジネスアイデアを考える教育プログラム「Social Innovation Challenge(ソーシャル・イノベーション・チャレンジ)」を沖縄県内で初めて開催

損保協会・団体

損保協会、離島への軽消防自動車の寄贈式を総務省消防庁で開催

生保

アクサ生命、新たな気候戦略を発表

協会・団体

損保協会、岩手県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈

協会・団体

損保協会、福岡県損害保険防犯対策協議会総会を開催

損保

SOMPOホールディングス、「CSRコミュニケーションレポート2019」を開示

協会・団体

損保協会北関東支部、1月11日(土)、埼玉県で「ザ・防災フォーラム」を開催

協会・団体

損保協会北関東支部、「埼玉交通安全フェア2019inアリオ上尾」に参画

生保

アクサダイレクト生命、抽選でSHARP加湿空気清浄機が当たる『アクサダイレクト生命WINTERキャンペーン』を実施

関連商品