シンニチ保険WEB

大同生命、「東京グリーンボンド」へ投資

大同生命は、第1回債、第2回債に引き続き、東京都が発行する「東京グリーンボンド」への投資を決定した。
本債券の調達資金は、「スマートエネルギー都市づくり」をはじめ、東京都が推進する環境対策事業に活用される。
<本債券の概要>
・債券名 :東京グリーンボンド(30年)第3回債(S&P格付:A+)
※ 国際資本市場協会(ICMA)が公表する「グリーンボンド原則」に準拠したグリーンボンド
・発行総額:50億円
・資金使途:東京都が推進する「スマートエネルギー都市づくり」「気候変動への適応」等の環境対策事業

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資

生保

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献