シンニチ保険WEB

楽天生命、先進医療特約の直接支払いサービス取扱医療機関拡充

楽天生命は、2019年5月29日に、先進医療の技術料を楽天生命が直接医療機関に支払う直接支払いサービスの取扱医療機関を拡充する。
楽天生命は2015年以降、お客さまの技術料の立て替え負担が大きい「陽子線治療」および「重粒子線治療」について、経済的な負担を軽減し安心して治療に専念してもらうことを目的に、先進医療給付金を同社から医療機関に直接支払うサービスを段階的に提供してきた。
このたび、対象の医療機関に「成田記念陽子線センター」「高清会陽子線治療センター」「大阪重粒子線センター」の3機関を加え、現在「陽子線治療」「重粒子線治療」のいずれかまたは両方を行っている21機関全てを直接支払サービスの対象とする。
■□2019年5月29日現在直接支払いサービス対象医療機関□■
[https://www.rakuten-life.co.jp/pdf/topics/20190528.pdf]

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始

生保

明治安田生命、健康診断結果の改善を支援する新たな「みんなの健活サービス」の提供を開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

生保

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表