シンニチ保険WEB

東京海上日動、東京海上日動あんしん生命代理店の元募集人が逮捕される

東京海上日動および東京海上日動あんしん生命の委託代理店に所属していた元募集人が、複数のお客様から金銭を不正受領していた容疑で大阪府豊中警察署に本日逮捕された。
■行為者(元募集人)
(1) 氏 名 : 阪本 靖隆(さかもと やすたか) (45歳)
(2) 所属代理店
・クレスト保険企画(店主) 2002年12月27日~2004年3月17日、大阪府豊中市
・株式会社BLサポート(元従業員) 2004年3月18日~2017年5月2日、大阪府豊中市
※当該行為者は、1999年11月1日から2002年12月26日まで、(旧)東京海上((現)東京海上日動)の代理店研修生であったが、現時点で当該期間の不正は確認されていない。
※当該行為者については、既に募集人廃止手続きを行っており、現在は保険募集に従事できない。
■事案の概要
昨年4月24日にお客様から問い合わせを受け、不審な点が見受けられたことから直ちに調査を実施し、事案の解明に努めた。その結果、当該行為者が16名のお客様から不正に金銭を受領し、その合計額は約1億1000万円に上ることが判明した。
両社は、社内での調査結果を踏まえて、警察に相談し、捜査に協力してきた。被害に遭ったお客様には両社より弁済を完了しており、また監督官庁への届出も行っている。
■今後の対応
両社は、引き続き警察の捜査に全面的に協力するとともに、当該行為者に対し、両社がお客様に弁済した金銭の返還を求めていく。
また両社は、本件を真摯に反省し、本件を共有しながら代理店を管理・育成・指導する社員に改めてコンプライアンス意識の向上を図り、従来から行っている代理店の店主・募集人に対するコンプライアンスに関する研修や点検を徹底していく。今後も、代理店の店主が募集人の活動状況等の管理を適切に行いながら、代理店として自律した内部管理態勢を構築できるよう、保険会社として一層努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「気候変動下における洪水リスク評価の高度化」に関する共同研究を開始

損保

東京海上日動、Bloombergとの協業による資産運用業務の効率化および高度化

損保

東京海上日動、東京商工会議所「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」へ参画

損保

東京海上日動、災害体験ARを開発

生保

東京海上日動あんしん生命、マーケットリンクの資産運用関係費用引き下げ・介護移行取扱を開始

損保

東京海上日動、ゲリラ豪雨等の直前予測を屋外イベント運営等に活用する実証実験を実施

損保

東京海上日動、全国商工会連合会とバトンズと東京海上日動、中小・小規模M&Aの促進に関する包括連携協定を締結

損保

日本郵便、東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパンおよびJP損保、置き配保険を導入

生保

東京海上日動あんしん生命、アドバンスクリエイトとの包括的な業務提携を拡大

損保

東京海上日動、フランスのフィンテックスタートアップ セサム社と協業開始~AI 感情分析を活用した運用モデルの開発~