シンニチ保険WEB

日本少額短期保険協会、少額短期保険業者の経過措置延長に係る要望書を提出

日本少額短期保険協会は、平成30年3月末に満了する、少額短期保険業者における引受け保険金額および保険期間に関する経過措置について、延長要望を金融庁に提出した。すべての契約が本則水準への適用を求められると 、既契約顧客の不利益等を惹起しかねないとし、具体的に、経過措置を次の水準で延長することを要望している。
○新規契約〔適用期間:5年〕
・損害保険・低発生率保険:3,000万円→2,000万円
・死亡保険:900万円→600万円
・傷害死亡保険:1,800万円→1,200万円
・医療保険:160万円→160万円
○既契約〔適用期間:5年〕
現行の経過措置と同基準
※ただし、既契約者は現行契約金額以下の更新とする。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

金融庁、マニュライフ生命に業務改善命令

生保

マニュライフ生命、行政処分でコメントを発表

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

大同生命、「婦人科・小児科オンライン相談窓口」を設置

生保

メディケア生命、女性特有の病気の患者5,231名の声

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和