シンニチ保険WEB

日本少額短期保険協会、少額短期保険業者の経過措置延長に係る要望書を提出

日本少額短期保険協会は、平成30年3月末に満了する、少額短期保険業者における引受け保険金額および保険期間に関する経過措置について、延長要望を金融庁に提出した。すべての契約が本則水準への適用を求められると 、既契約顧客の不利益等を惹起しかねないとし、具体的に、経過措置を次の水準で延長することを要望している。
○新規契約〔適用期間:5年〕
・損害保険・低発生率保険:3,000万円→2,000万円
・死亡保険:900万円→600万円
・傷害死亡保険:1,800万円→1,200万円
・医療保険:160万円→160万円
○既契約〔適用期間:5年〕
現行の経過措置と同基準
※ただし、既契約者は現行契約金額以下の更新とする。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、「糖尿病予備軍と非予備軍の生活習慣比較調査」を実施

生保

SOMPOひまわり生命、【健康応援型商品】糖尿病の方のための医療保険「ブルー」発売

生保

マニュライフ生命、赤い羽根福祉基金を通じた「子どもの療養環境向上サポート助成」の助成先公募をスタート

生保

大同生命、「大同生命・循環器病研究振興財団健康セミナー」を開催

生保

アフラック生命、「オンライン医療相談サービス」の提供を開始

生保

太陽生命、「入院一時金保険」をリニューアルで新テレビCMを10月31日(木)より全国で放映開始

生保

ジブラルタ生命、「特定非営利活動法人丸山ワクチンとがんを考える会」に社内表彰賞金1万ドルを寄付

生保

SOMPOひまわり生命、『禁煙革命~健康経営は禁煙から~』に参加

損保

東京海上日動、エーザイと、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携

生保

FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」乳がんと闘う矢方美紀さん(元SKE48)トークセミナーを開催