シンニチ保険WEB

第一生命、名古屋市中区栄エリアにおけるオフィスビル共同開発検討開始

第一生命は、鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味至一)、株式会社ノリタケカンパニーリミテド(本社:愛知県名古屋市、社長:加藤博)と、愛知県名古屋市中区新栄町二丁目において、3社共同でのオフィスビル開発に関する検討を開始することを発表した。
この計画地は、名古屋市の中心地、栄の一角にあり、北には「愛知芸術文化センター」や「オアシス21」が位置するほか、南は中区役所と近接するなど落ち着いたオフィス街が形成された場所にある。3社は以前より同地を所有し、自社使用あるいはテナントビルとして運用していた。しかし、いずれも築年数が一定程度経過し、その後の不動産の有効活用を考える中で、3社が協力し合うことが有益であるとの考えに至ったもの。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、営業品質の標準化と生産性向上に向けた実証実験を開始

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI)2020年アセスメント結果を公表

生保

第一生命、国立国際医療研究センターとの協働で新型コロナ感染予防のためのアンケートを実施

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

生保

第一生命、AIがお客さまの意向に基づき保障プランを提示するシステムを開発

生保

第一生命、第一フロンティア生命、世界初となる廃プラスチック削減債に投資

生保

第一生命、2019年度『お客さま第一の業務運営方針』に係る取組み状況を公表

損保

三井ダイレクト損保、MaaS事業開発を推進する「MONETコンソーシアム」に参画

生保

第一生命ホールディングス、第一生命、保険業界初、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件が決定

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資