シンニチ保険WEB

日本生協連、2018年度 レジ袋実態調査

日本生協連は、「2018年度 生協のレジ袋実態調査」の結果を取りまとめた。
本調査は、2020年7月に有料義務化となるレジ袋について、全国の生協の2018年度のレジ袋削減の実態を把握するため、39生協※ 870店舗を対象に2018年4月から2019年3月までの1年間の削減状況を調査した。
※ 回答生協の供給高(売上高)が占める割合は、全国の地域生協の98%
◆主な調査結果について
・削減の取り組み:生協全体のレジ袋削減率は82%。レジ袋3.9億枚を削減
・有料化の取り組み:レジ袋の金額が高いほど削減率が高く、1枚5円の店舗では削減率93%
詳細:https://jccu.coop/info/up_files/release_200124_01_01.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生損共済

日本生協連、ウクライナ支援募金全国の生協からの募金総額は8.8億円を超える

生損共済

日本生協連、全国の生協が気候変動対策の取り組みを加速

共済

JA共済連、共済金支払データによる農作業事故の発生状況にかかる分析結果を公表

共済生損

日本生協連、「地域見守り協定」全市区町村数の70%に当たる1,217市区町村と協定を締結

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

共済

日本生協連、福利厚生に関する諸制度の適用条件を「同性パートナーおよびその家族」にも拡大

生損共済

日本生協連、2021年度 全国生協組合員意識調査

生保

富国生命、2021・2022年度日本経済の見通しを改訂

生保

第一生命、2021年責任投資活動報告を公表