シンニチ保険WEB

損保協会中部支部、自転車シミュレータを静岡県交通安全協会に寄贈

損保協会中部支部静岡損保会では、1月14日(火)に、自転車乗用時のルールやマナー、危険予測を学習することができる「自転車シミュレータ」を一般財団法人静岡県交通安全協会に寄贈した。
交通安全協会への自転車シミュレータの寄贈は、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の運用益を活用した事業の一環として2014年度から行われており、静岡県交通安全協会に寄贈するのは今回で2回目となる。
当日は、清水警察署において、静岡県交通安全協会村松専務理事ほか関係者が出席し、盛大な寄贈式が行われた。同協会からは早川会長および中部支部宮崎事務局長が出席し、早川会長からは、「交通安全教室などで活用いただき、地域の自転車事後防止に役立てていただきたい」との挨拶があり、目録を贈呈した。松村専務理事からは、「高齢者の自転車事故が依然多く発生しており、このシミュレータを活用して、1件でも交通事故を減らしていきたい」とのお礼の挨拶があった。
静岡県では2019年4月に、「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行され、昨年10月からは「自転車損害賠償保険等への加入義務化」が実施された。同支部では今後も、県警・県など関係機関と連携しながら、交通安全啓発活動を行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度第2期キックオフセレモニーを開催

損保

アニコム損保、三重県と動物愛護の推進に向けた協定を締結

生保

プルデンシャル財団、「キッズドア」への支援を決定

損保

損保協会九州支部、時代の変化に果敢にチャレンジする損保業界の取組みを紹介

協会・団体

損保協会、IAIS気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言実施に係る文書案に意見を提出

協会・団体

損保協会、第16回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」表彰式を開催

損保

損保ジャパン日本興亜、埼玉県NPO基金への寄付の実施

損保

MS&ADホールディングス、令和元年に発生した災害への義援金を寄付

損保

損保険協会、新島(東京都の離島)へ軽消防自動車を寄贈

損保

損保険協会東北支部、駐車場での事故防止を東北6県で注意喚起