シンニチ保険WEB

損保協会九州支部、飲酒運転撲滅にかかるパレードに参加

損保協会九州支部では、12月26日(木)に、中洲川端商店街で行われた、福岡県の「交通事故をなくす福岡県県民運動本部」による飲酒運転撲滅に向けた取組みの一環である飲酒運転撲滅パレードおよび街頭啓発活動に参加した。
この活動は、福岡県、福岡県警察、(一財)福岡県交通安全協会、福岡市ほかで構成された「交通事故をなくす福岡県県民運動本部」主催のキャンペーンで、福岡県職員から県内の飲酒運転にかかる説明、福岡県警察から県内の交通情勢の説明を受けた後、アビスパ福岡の桑原選手とともに、「飲酒運転は、絶対しない!させない!許さない!そして、見逃さない!」のスローガンを胸に、「飲酒運転を撲滅するぞ!」といった掛け声とともに中洲川端商店街を行進した。また、パレード終了後には、同商店街内で街頭啓発活動として、飲酒運転撲滅のチラシ等を配布した。
同支部では、引き続き、関係団体等との連携を推進するとともに、飲酒運転撲滅に向けたより効果的な啓発活動の検討・実施に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、2020年度自賠責運用益拠出事業19億円を決定

協会・団体

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度第2期キックオフセレモニーを開催

損保

損保協会、1月実施の鑑定人試験合格発表

損保

アニコム損保、三重県と動物愛護の推進に向けた協定を締結

生保

プルデンシャル財団、「キッズドア」への支援を決定

損保

損保協会九州支部、時代の変化に果敢にチャレンジする損保業界の取組みを紹介

協会・団体

損保協会、IAIS気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言実施に係る文書案に意見を提出

協会・団体

損保協会、第16回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」表彰式を開催

損保

損保ジャパン日本興亜、埼玉県NPO基金への寄付の実施

損保

MS&ADホールディングス、令和元年に発生した災害への義援金を寄付