シンニチ保険WEB

損保協会北関東支部、1月11日(土)、埼玉県で「ザ・防災フォーラム」を開催

損保協会北関東支部では、一般社団法人埼玉県損害保険代理業協会との共同主催で、「ザ・防災フォーラム」を開催する。
本フォーラムは、都市と自然と近接する埼玉県において、いざという時に、被害を最小限に食い止め、一日も早い経済的な復興を果たすための備えとは何かを認識し、行動につなげることを目的として開催するものである。本県でのフォーラムは2018年度に続き2回目となるが、今回は地震災害だけでなく、近年増加する台風等の自然災害全般の防災を対象としている。
フォーラムは三部構成で開催し、第一部では、三遊亭京楽氏により、阪神淡路大震災の実話を元にして作られた防災落語「天使の産声」の高座を行う。第二部では、京楽氏が防災落語を始めることになったきっかけや目的を、山崎 登氏との対談形式で語る。第三部は、防災の有識者、行政関係者による「最も大切な私たちの身近な備えとは」のテーマでパネルディスカッションを実施する。
【開催概要】
テーマ  これだけは備えておきたい防災をあなたへ、そしてあなたから
日 時  2020年1月11日(土)13:30~17:00(13:00受付開始)
会 場  ソニックシティ・国際会議室(さいたま市大宮区桜木町1-7-5)
主 催  日本損害保険協会北関東支部・埼玉県損害保険代理業協会・埼玉新聞社
※参加無料・事前申込制(先着180名)
詳細:http://www.sonpo.or.jp/efforts/branch/kitakanto/1912_01.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校へベルマーク200万点を寄贈

生保

アフラック生命、小児がん支援団体へ寄付

生保

アフラック生命、高校生向け奨学金制度2020年度新規奨学生168人を決定

損保

東京海上ホールディングス、「令和2年7月豪雨」被害に対する寄付金等の拠出

生保

住友生命、障がい者活躍推進に取り組む国際活動「The Valuable 500」に加盟

共済

こくみん共済coop、マイページの利用・登録で#今できるたすけあいを開始

生保

アフラック生命、WorkCAN’s(ワ―キャンズ)企業合同ピアサポート研修を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、児童健全育成推進財団初めてのパートナーシップを締結

損保

損保ジャパン、2025年日本国際博覧会協会「道修町オフィス」会場を提供

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)を寄付