シンニチ保険WEB

損保協会北関東支部、「埼玉交通安全フェア2019inアリオ上尾」に参画

損保協会北関東支部では、高齢者交通事故の防止を目的として、12月1日(日)にアリオ上尾で開催された交通安全フェアに参画した。
このイベントは、埼玉県交通安全フェア実行委員会(埼玉県・埼玉県警察本部・埼玉県交通安全協会など13団体で構成)が主催し、同協会も含め19の団体・企業が協賛しているものである。埼玉県では、人口10万人当たりの交通事故死者数は全国ワースト3位(175人、2018年中)であり、高齢者の死者数は全国ワースト4位(83人、2018年中)となっている。かような現状を踏まえ、同支部では、反射材付高齢者交通事故防止チラシ(※)を200部配布し、高齢者を中心に事故防止を訴えた。
また、屋外会場では、三遊亭鬼丸氏による交通安全落語や埼玉県警による交通安全教室、平面駐車場会場では安全運転サポート車体験フェアが同時開催され、複数メーカーのサポートカーを一度に体験できるなど、好評を博した。
同支部では、今後も行政や関係機関と協力し、消費者に広く啓発できる機会をとらえて交通事故防止に資する取り組みを継続して行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月豪雨で被災者へのチラシを作成

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命、令和2年7月豪雨に伴う被害に対し義援金

損保

三井ダイレクト損保、【三井ダイレクト損保スマイル基金】第6回投票結果を発表

生保

住友生命、新型コロナウイルスと戦うスタートアップ支援のため、「KDDI∞Labo」パートナー連合と保有施設等の自社アセットを提供

生保

BNPパリバ・グループ、令和2年7月豪雨災害に対する義援金を拠出

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に20台寄贈

生保

明治安田生命、堺市×明治安田生命×早稲田大学が地域連携ワークショップで課題解決

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、「令和2年7月豪雨」による被災者支援のために寄付を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、香川県三豊か市で遠隔診療・無人ドローン配送実現に向けた実証実験を開始

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、新型コロナウイルス感染症対策に対する支援金寄付