シンニチ保険WEB

損保協会北関東支部、「埼玉交通安全フェア2019inアリオ上尾」に参画

損保協会北関東支部では、高齢者交通事故の防止を目的として、12月1日(日)にアリオ上尾で開催された交通安全フェアに参画した。
このイベントは、埼玉県交通安全フェア実行委員会(埼玉県・埼玉県警察本部・埼玉県交通安全協会など13団体で構成)が主催し、同協会も含め19の団体・企業が協賛しているものである。埼玉県では、人口10万人当たりの交通事故死者数は全国ワースト3位(175人、2018年中)であり、高齢者の死者数は全国ワースト4位(83人、2018年中)となっている。かような現状を踏まえ、同支部では、反射材付高齢者交通事故防止チラシ(※)を200部配布し、高齢者を中心に事故防止を訴えた。
また、屋外会場では、三遊亭鬼丸氏による交通安全落語や埼玉県警による交通安全教室、平面駐車場会場では安全運転サポート車体験フェアが同時開催され、複数メーカーのサポートカーを一度に体験できるなど、好評を博した。
同支部では、今後も行政や関係機関と協力し、消費者に広く啓発できる機会をとらえて交通事故防止に資する取り組みを継続して行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会北陸支部、「自動運転の現状と法的課題」と題し、古笛恵子弁護士が講演

損保協会・団体

損保協会、萩市消防本部へ高規格救急車を寄贈

損保協会・団体

損保協会、岡山県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈

生保

明治安田生命、「次世代トップアスリート 応援プロジェクト ~めざせ世界大会~」2020年4月期募集

協会・団体

損保協会九州支部、飲酒運転撲滅にかかるパレードに参加

損保

あいおいニッセイ同和損保、障がい者の活躍推進に取り組む「The Valuable 500」に加盟

生保

プルデンシャル生命、NPO 法人「ライフベネフィット総合研究所」に社内表彰賞金 1 万ドルを寄付

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、第23回ボランティア・スピリット・アワードの文部科学大臣賞等の受賞者決定

損保

SOMPOホールディングス、「令和元年台風19号」の被災者を支援

生保

大同生命、西アフリカのトーゴ政府向けの投資を実行