シンニチ保険WEB

損保協会、滋賀県東近江市立山上小学校の防災教室で「ぼうさいダック」等を実施

損保協会近畿支部では、10月25日(金)に滋賀県東近江市立山上小学校で開催された「防災教室」で、近畿支部防災博士の増田晶子氏とともに参加し、全児童153名と保護者を対象に「ぼうさいダック」と「防災グッズ作り」を体験してもらう防災啓発活動を行った。
今回はPTAが主催する「防災教室」への講師派遣を受け、保護者への引き渡し訓練に併せ実施した。
当日は、まず茨木職員から阪神淡路大震災の経験を踏まえた講話をスライドを使って行った。また、今年被害をもたらした台風等について、災害が発生したらどうなるか、どんな困りごとが発生するか、いつ起こるかわからない災害に備え何をしておけばよいのかを話し、災害の事象(地震,火事,台風,洪水)について説明した後、災害に遭った時に「自分の身は自分で守る」咄嗟の行動(ファースト・ムーヴ)についてポーズを覚えてもらい、音楽に合わせ「楽しく」児童と保護者が一斉に正しくポーズを取ることができた。
続いて、全児童と保護者に、スライドを見ながら、「地震や災害が起こった時、一番困ることは何?」と問いかけ、身近な物を使い「もしも・・の時に、あったらいいな・役に立つ物」として、新聞紙を折って「スリッパ」を作った。1・2年生は保護者と一緒に作ってもらった。
また、身近な物を使って作った災害時に役立つ物を防災博士から一部ですが披露した。
先生方からは、「お話だけでなく、体を動かし学ぶこと。体験して学ぶことが出来た。」との声とともに、終了後には、披露したゴミ袋で出来る雨合羽の作り方を教えて欲しいとの要望もあり、先生方にも好評だった。PTA役員からは「折しも大雨警報が出ていた中、災害が少ない地域でもあり、防災意識の向上にとても勉強になりました。」「色々と準備下さりありがとうございました。」との感想や謝辞があった。
同支部では、引き続き防災博士や関係機関と連携し、「ぼうさい探検隊」や「ぼうさいダック」の周知、普及啓発に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定