シンニチ保険WEB

損保協会、福岡のラジオで高齢者事故防止を訴え

損保協会九州支部では、福岡県が実施している「交通事故のない安全安心ふくおか推進事業」に参画し、9月21日(土)から30日(月)の「秋の交通安全週間」に、福岡のラジオ5局(エフエム福岡、KBCラジオ、ラブFM、クロスFM、RKBラジオ)で高齢者事故防止をはじめ、交通安全を呼びかけた。
放送内容は、同支部からの呼びかけとして「1.子供と高齢者の安全な通行の確保」「2.飲酒運転の撲滅」「3.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」「4.高齢運転者の交通事故防止」「5.自転車事故による損害賠償」をテーマに交通安全を訴えるものとした。
同支部では、今後も行政や関係団体と連携し、「交通事故のない安全安心ふくおか」を推進していく。
○放送内容(以下、原文ママ)
1.子供と高齢者の安全な通行の確保(エフエム福岡)横断歩道は歩行者優先である。
子供や高齢者に対する思いやりのある運転を心がけましょう。
2.飲酒運転の撲滅(KBCラジオ)
飲酒運転は「絶対しない、させない、許さない」そして「見逃さない」。
飲酒運転を見かけたら、迷わず110番通報しましょう。
3.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(ラブFMエフエム福岡)
夕暮れから早朝は、反射材や明るい服装を身に付けて自分の存在をドライバーにアピールしましょう。
4.高齢運転者の交通事故防止(クロスFMRKBラジオ)
加齢に伴う身体機能の変化に応じた安全運転を心がけ、安全運転サポートカーの利用を検討しましょう。
5.自転車事故による損害賠償(RKBラジオ)
自転車事故を起こして高額な損害賠償を請求されるケースがあります。
もしもの時に備えて、自転車保険に加入しましょう。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜環境財団、2019年度環境保全プロジェクト助成先を決定

協会・団体

損保協会、『明るい未来へTRY!~リスクと備え~』を作成

協会・団体

損保協会、香川大学構内にて「高齢者交通事故シンポジウム」を開催

損保

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

生保

住友生命、第7回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体(今年度最終分)を決定

生保

エヌエヌ生命、身近な社会的課題を解決するビジネスアイデアを考える教育プログラム「Social Innovation Challenge(ソーシャル・イノベーション・チャレンジ)」を沖縄県内で初めて開催

損保協会・団体

損保協会、職員を名乗る調査員について注意

損保協会・団体

損保協会、離島への軽消防自動車の寄贈式を総務省消防庁で開催

協会・団体

損保協会、岩手県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈

協会・団体

損保協会、福岡県損害保険防犯対策協議会総会を開催