シンニチ保険WEB

損保協会、令和元年台風19号による災害に伴う特別措置を追加

損保協会の会員会社では、道路運送車両法第61条の2の規定に基づき自動車検査証の有効期間が伸長された地域に使用の本拠を有する自動車等について、次のとおり自賠責保険の継続契約の締結手続きおよび保険料の払い込みを猶予する特別措置を実施することとした。
詳しくは、契約の損害保険代理店または損害保険会社に要問合せ。
<自賠責保険>
1.継続契約の締結手続き猶予
継続契約の締結手続きについて、2019年10月29日まで、猶予できるものとする。
2.保険料の払い込み猶予
保険料の払い込みについて、最長6か月後の末日(2020年4月末日)まで、猶予できるものとする。
今後、継続契約の締結手続きや保険料の払い込みについて猶予期間の延長等を行う場合は、同協会ホームページにて公表する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険などの事故受付を開始

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月3日からの大雨による災害に関する損保業界の対応を発表

損保その他

SOMPOリスク、オンラインで行う危機対応体制構築支援サービスの提供開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(大分県・岐阜県)を発表

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の予防をサポートするアプリ「リンククロス健康トライ」の提供開始

生保

住友生命、第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集を開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

三井住友海上プライマリー生命、『わかりやすく伝える外貨建て保険販売の苦情未然防止研修』をリニューアル

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈