シンニチ保険WEB

損保協会、令和元年台風19号による災害に伴う特別措置を追加

損保協会の会員会社では、道路運送車両法第61条の2の規定に基づき自動車検査証の有効期間が伸長された地域に使用の本拠を有する自動車等について、次のとおり自賠責保険の継続契約の締結手続きおよび保険料の払い込みを猶予する特別措置を実施することとした。
詳しくは、契約の損害保険代理店または損害保険会社に要問合せ。
<自賠責保険>
1.継続契約の締結手続き猶予
継続契約の締結手続きについて、2019年10月29日まで、猶予できるものとする。
2.保険料の払い込み猶予
保険料の払い込みについて、最長6か月後の末日(2020年4月末日)まで、猶予できるものとする。
今後、継続契約の締結手続きや保険料の払い込みについて猶予期間の延長等を行う場合は、同協会ホームページにて公表する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保ジャパン日本興亜、「移動支援サービス専用自動車保険」を活用して岡山県の福祉政策を支援

SOMPOホールディングス、『DataScienceBOOTCAMP第6期』2020年1月より開講

マニュライフ生命、赤い羽根福祉基金を通じた「子どもの療養環境向上サポート助成」の助成先公募をスタート

生保

大同生命、「大同生命・循環器病研究振興財団健康セミナー」を開催

協会・団体

損保協会、令和元年台風15号、台風19号および10月25日の大雨による災害に係る各種損害保険の事故受付件数等について取りまとめを実施

損保

SOMPOホールディングス、共同会社設立~ビッグデータ解析ソフトウェアプラットフォーム提供開始~

損保

アクサダイレクト、坂井市、高知市、旭川市の中学校で計140人に向けてキャリア教育授業を実施

生保

生保協会、「はじめての気候変動対応ハンドブック」の作成・公表

生保

ジブラルタ生命、令和元年台風19号等の被害に対する寄付

生保

チューリッヒ生命、SMSを使ったインターネット手続きの案内サービスを開始