シンニチ保険WEB

損保協会、金沢大学で「防災リーダー養成講座」を開催

損保協会北陸支部では、7月23日(火)13時から、金沢大学の人間社会研究域学校教育系の実学講座「家政学原論」の授業で、「防災リーダー養成講座」を実施した。
当日は、当支部の 片岡 信彦 事務局長から、子ども達の発達段階に応じた損保協会作成の「防災教育支援ツール」である「ぼうさいダック(幼児から小学校低学年向けのカードゲーム)」、「ぼうさい探検隊」(小学校高学年向けの防災教育プログラム)、中学生・高校生向けの防災教育副教材や「eラーニング動画で学ぼう!ハザードマップ」を紹介し、子どもたちを指導する際のポイントや留意点などについて、各種教材を用いて、実際のツールを体感してもらいながら具体的に説明した。
講義の中では、将来、教育に携わろうとしている学生に対し、「防災リーダーとして、授業や防災行事等で本ツールを使って実際に取組んでもらうことで、子ども達が自ら危険から身を守る方法を指導してほしい。」と述べた。
受講した学生は、いずれも保育士や幼稚園、小中高の教員を目指していることもあり、子ども達が楽しみながら安全意識を身につけてもらうプログラムへの関心が高く、興味深く熱心に講義を聞いていた。
終了後、学生からは、「『ぼうさいダック』はすぐに使えそうなツールだと思った。」「『ぼうさい探検隊』は、地域防災を教育するうえで良いプログラムであると思った。」といった感想が寄せられた。
損保協会会北陸支部では、今後も有識者や関係機関と連携しながら、将来の防災教育の担い手作りに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定