シンニチ保険WEB

日本生協連、豪雨被災地支援、広島の支援拠点が広島市安芸区から安芸郡坂町に移行

日本生協連は、現地の地域生協、県ごとの生活協同組合連合会とともに、被災地支援に向けた活動を行っており、現在は、豪雨直後の緊急物資支援に続き、生協職員による人的支援を継続的に実施している。
その中から各地域生協でのボランティア派遣やその他の活動の一部を発表している。
(以下、内容一部抜粋)
●広島の支援拠点が広島市安芸区から安芸郡坂町に
7月6日の発災から2カ月が経過したが、広島では、今なお36カ所の避難所に343人(8月31日現在)の避難者が身を寄せている。交通機関では、JRの8区間がまだ不通で、広島呉道路の通行止めは、11月復旧を目標に工事がすすめられている状況である。
安芸区災害ボランティアセンターは、地域内4カ所のサテライトの閉所によりスタッフが充足し、看護師の対応範囲も規模を縮小することとなった。そこで、全国の生協が協力して行う支援活動の拠点を安芸郡坂町小屋浦サテライトに移すこととした。
●福井県民生協から2,800枚のタオルが総社市に(福井県民生協、おかやまコープ)
「西日本豪雨で被災された皆さんのために」と福井県民生活協同組合よりタオル2,800枚がおかやまコープに届けられた。
●おかやまコープが地元取引先にお見舞い訪問(おかやまコープ)
日本生協連と全国各地の生協では、今後も、被災地域のくらしの一日も早い復旧に向けて支援活動を進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井ダイレクト損保、「防災・減災に繋げる安全運転のためのヒント集」に記事を追加

損保

井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」が累計投票者数20万人、寄付金額2千万円を突破

協会・団体

損保協会、住宅修理サービスなどのトラブル注意喚起動画を作成

損保協会・団体

損保協会、リスクと損害保険について学べる高校生対象の副教材「明るい未来へTRY!~リスクと備え~」教員用手引書を拡充

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈を希望する学校を募集開始

生保

富国生命、福島県立石川支援学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」を開催

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう緊急支援募金」に寄付

損保

LINE FinancialとMysurance、損保ジャパン日本興亜とLINE Financialが共同開発した「贈るほけん 地震のおまもり」の契約件数に応じ災害復興支援特別基金への寄付を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、千葉県への寄付の実施

損保協会・団体

損保協会、安全運転支援システムの利用促進のためのチラシを作成