シンニチ保険WEB

コープ共済連、保障内容を読み上げる音声案内サービス「Uni-Voice」を導入

コープ共済連では、長期契約の《あいぷらす》《ずっとあい》に加入している高齢契約者(70 歳以上)に対して送付する「ご契約内容のお知らせ 」において、2018年度より「Uni-Voice(ユニボイス) 」を導入した。契約内容を読み上げる目的で「Uni-Voice」を導入したのは、業界では初めてとなる(同会調べ)。
視力の低下により通知物の小さな文字が判別できない、あるいは判別が困難な場合でも、契約内容を的確に把握・確認できるようになり、契約者サービスの向上を図る。
※1 高齢契約者に対し、加入している事実や契約内容・手続き内容を再度確認してもらい、共済金の請求もれや将来的な手続きトラブルを未然防止するために発送している。
※2 日本視覚障がい情報普及支援協会が開発した音声コード。無料アプリで二次元コードを読み取ると、テキスト表示と音声の読み上げができ、保存するといつでも再生が可能。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始

生保

明治安田生命、健康診断結果の改善を支援する新たな「みんなの健活サービス」の提供を開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、夜間、土日・祝日も、「動画視聴」で保険金支払い請求手続きの完結を可能に

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース