シンニチ保険WEB

生協連、福島の子ども保養プロジェクト「夏休み特別企画」を全国12カ所で開催

生協連は、福島県生活協同組合連合会が主催する「福島の子ども保養プロジェクト」の活動のひとつである、福島在住の子ども向け「夏休み特別企画」に今年も協力する。
この特別企画は、全国の生協が協力して福島に住む子どもたちを応援するもので、今年は7月21日(土)~8月26日(日)の期間、全国12カ所でイベントを開催する。募集は福島県生協連が県内の子どもたちに呼びかけ(受付終了)、生協をはじめとする各企画の主催組織が、企画・運営・費用負担をする(参加者にも一部負担してもらう)。
被災地復興支援活動のひとつとして2011年に始まった「福島の子ども保養プロジェクト」は、夏休み以外の週末保養企画なども含め、活動開始から累計で8万3,166人の子どもたちと保護者に参加してもらっている(2018年3月末現在)。
◆福島の子ども保養プロジェクトとは
「福島の子ども保養プロジェクト(愛称:コヨット!)」は、福島県生協連、福島県ユニセフ協会、福島大学災害復興研究所が主催している。福島の子どもたちに、安心して屋外でのびのび遊べる機会を提供するとともに、保護者同士や支援者との交流の場を設けることで、子どもと保護者の心身両面からの保養を目指している。
このプロジェクトには、日本生協連をはじめ、全国の生協、公益財団法人日本ユニセフ協会などが協力している。企画・実施には、全国の生協が取り組んでいる「くらし・地域復興応援募金」で集まった募金や、協力団体による寄付金が役立てられている。生協では今後も福島への継続した支援を行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈