新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

AIG、FWDへのAIG富士生命の株式譲渡を完了

アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(AIG)は、AIG富士生命の全株式のパシフィック・センチュリー・グループの保険事業部門であるFWDグループへの譲渡が4月30日に完了したと発表した。この株式譲渡の完了に伴い、AIG富士生命はFWDの完全子会社となり、AIGとの資本関係はなくなる。AIG富士生命の親会社の変更に伴う、同社の既存の保険契約の内容への影響はないとしている。
FWDは、関係当局の認可等を前提として、AIG富士生命の社名を9月1日に「FWD富士生命保険株式会社」に変更する予定。
なお、この取引における合意に基づき、日本のAIGグループ各社は引き続きAIG富士生命の生命保険商品の販売を継続する。AIGは、今後もFWDと連携して、FWDの日本国内での生命保険事業の発展に向けた取り組みをサポートしていくとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、スタンフォード大学医学部との先進AIモデル開発に関する共同研究の開始

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、認知症問題の課題解決に向けた新たなサービスの共同開発・推進を合意

生保

日本生命、はなさく生命への出資を完了

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、つくば市で自動運転バスの社会実装に着手

生保

日本生命がニチイホールディングスの全株式を取得することで合意、買収金額は約2,100億円

生保協会・団体

生保協会、「インパクトコンソーシアム」に参画

生保

富国生命、米ドル建永久劣後特約付社債を発行

生保

明治安田生命、芙蓉総合リースを借入人とする「MYサステナビリティ・リンク・ローン」の契約を締結

生保

住友生命、シンガポールの関連会社シングライフに追加出資

生保

SOMPOひまわり生命、健康企業宣言富山推進協議会と「健康経営の普及を目指した支援等に関する覚書」締結

関連商品