シンニチ保険WEB

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

かんぽ生命は、11月10日、郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条の2第1項後段の規定に基づき、金融庁長官及び総務大臣に対し、医療特約の改定等を内容とする新規業務を行うことについて届出を行った。
本件新規業務は、令和4年4月以降の取扱開始を予定している。
1:趣旨
医療特約の保障内容を変更するほか、医療特約及び入院特約の保険金額について、基本契約の保険金額に対する割合を引き上げた保険の引受けを行う。
2:医療特約の改定
3:既に販売した特約が付された保険契約における基本契約の保険金額に対する特約保険金額の割合の変更

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

かんぽ生命、法人向け商品の受託販売等の届出

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和

損保

SBI損保、佐賀銀行における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に基本合意

生保

生保協会、「かんぽ生命保険の医療特約の改定等に関する郵政民営化委員会の調査審議」の結果を受けコメントを発表

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況を発表

生保

かんぽ生命、「社会的インパクト志向宣言」へ賛同

生保

かんぽ生命、「インパクト志向金融宣言」へ署名

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催