シンニチ保険WEB

SBI生命、就業不能保険「働く人のたより」を発売

SBI生命は、2019年12月23日(月)から、就業不能保険“働く人のたより”の販売を開始する。同商品は、業界最安水準の保険料(注1)を実現し、更に業界で初めて、保障するリスクの選択を可能にした(注2)。
■就業不能保険“働く人のたより”6つの特長
1.業界最安水準の保険料を実現(注1)
【30歳男性】1,440円、【30歳女性】1,400円(全疾病型/60歳満了/就業不能給付金月額10万円/口座振替月払/ハーフタイプ注3の場合)
2.業界初 保障するリスクを3タイプから選択可能(注2)
「全疾病型」「3疾病型」「がん保障型」の3つのタイプから選択できる。
3.全疾病型は精神疾患も保障
うつ病などの精神疾患で働けなくなったときも、就業不能状態(精神疾患)に該当する限り保険期間満了までは通算18回まで給付金を受取れる。
4.選べる給付金の受取り方
「ハーフタイプ」「満額タイプ」の2種類を用意。「ハーフタイプ」では、保険料を抑えることができる。
5.主婦(主夫)は、就業不能給付金月額を15万円まで設定可能
6.メンタル相談サービス(注3)が無料
(注1) 同社を含むネット申込が可能な生保3社の就業不能保険を以下の条件で比較した結果、最安の保険料との差が10%未満であったため業界最安水準という表記を使用。(2019年11月20日現在)
【比較条件】30・40・50歳、男・女、就業不能給付金月額10・15・20万円、保険期間60・65・70歳満了、月払、特約なし。
(注2) 同社調べ(2019年11月20日現在)
(注3) 「メンタル相談サービス」は、「SBI生命 安心健康サービス」の1つ。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」の提供を開始

生保

PGF生命、「米国ドル建終身保険」・「介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」に認知症に対する保障を追加

生保

PGF生命、米国ドル建年金支払型特殊養老保険に「100歳年金プラン」を追加

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みなと銀行を通じ、『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

SBI生命、「“クリック定期!Neo”新生活応援キャンペーン」を実施

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ』に新たな特約を追加

生保

T&Dフィナンシャル生命、東邦銀行にて『ファイブテン・ワールド2』(介護認知症保障プラン)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、三菱UFJ銀行にて『みんなにやさしい年金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、4月2日より無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅲ型)の販売を開始

関連商品