シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」調査結果を公表

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施している。
2019年11月度調査では、毎月実施している「景況感」に加え、個別テーマとして「働き方改革への対応」について聞いた。
<調査概要>
調査期間:2019年11月1日(金)~11月25日(月)
調査対象:企業経営者(約5割が同社契約企業)
調査エリア:全国
調査方法:同社営業職員が訪問により調査(回答企業数:7,037社)
<調査結果のポイント>
1.景況感
・「業況DI(自社の現在の業況)」は前月比+0.8ptと改善し、▲9.6pt、「将来DI(自社の1年後の業況)」は前月比+0.5ptと改善し、▲1.4ptとなった。
2.個別テーマ:働き方改革への対応
・2019年4月施行の「働き方改革関連法」の対応状況について、「対応済み」と回答した中小企業の割合は、「時間外労働の上限規制」が50%、「年次有給休暇の取得義務化」が49%、「同一労働同一賃金」が39%となった。
・また、「大企業の働き方改革の先行実施による中小企業への影響」は、「影響があった」が14%となった。「影響の具体的内容」は、「急な対応の要請が増加」が45%と最も多くなった。
中小企業の働き方改革を推進していくためには、大企業の取引慣行のさらなる見直しが望まれる。
『大同生命サーベイ 2019年11月度調査 https://www.daido-life.co.jp/company/news/2019/pdf/191216_news.pdf』

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2022年4月度調査レポートの公表

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

生保

T&D保険グループ、2022年3月期決算を発表

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」3月度調査レポートを公表

生保

太陽生命と大同生命、大阪大学が発行するサステナビリティボンドへ投資

生保

大同生命、みずほ東芝リース向けESCO事業に対する融資を実行