シンニチ保険WEB

アフラック生命、令和元年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞

アフラック生命は、この度、総務省が主催する「テレワーク先駆者百選」において、「総務大臣賞」を受賞した。
本表彰制度は、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」として選定している。2016年度からは、テレワーク先駆者百選として公表した企業の中から、他社が模範とすべき優れた取り組みを行っている企業に対して、「総務大臣賞」を授与している。
同社は、持続的な成長を実現していくためには、その原動力となる社員の多様性を尊重し、一人ひとりの能力が最大限に発揮される環境作りが重要と考え、仕事の進め方・働き方の基本方針となる「アフラック Work SMART」を定めたうえで、時間や場所に捉われることなく柔軟かつ効率的な働き方を推進するなどさまざまな働き方改革にこれまで取り組んできた。今回の受賞は、自宅やオフィス以外でも社内システムにアクセスできるモバイルワーク環境を整備するとともに、全社員に向けた在宅勤務の導入やサテライトオフィスの設置することで、生産性向上効果を得ている点などが評価されたことによるもの。
<主な受賞理由>
・全部門・全社員が事前申請・事後報告なくテレワークが可能(実施回数・時間に制限なし)
・TV会議システムの完備、在宅勤務用のシンクライアント端末配布等のICTツール整備により場所を選ばず社内と同様に業務遂行できる環境を整備
・分身ロボット「OriHime」を導入、地方勤務社員がテレワークを活用し本社の業務や研修に参加
【主な効果】
・1人あたりの時間外労働時間 -2.9時間(2017年→2018年の推移)
・短時間勤務社員のフルタイム化(短時間勤務社員比率2015年度:53.4%→2018年度:38.4%)

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、『NOVUSFUTUREDESIGNAWARD(ノウスフューチャーデザインアワード)』にて石塚勢二氏の「IMA-IZAMAP」を「こくみん共済coop賞」に選定

生保

日本生命、第2回「日本子育て支援大賞 2021」の受賞

生保

住友生命、「DX認定事業者」の認定取得

生保

アフラック生命、7月1日付組織変更及び人事異動

生保

アフラック生命、「お客様本位の業務運営に係る方針」に基づく取り組み結果

生保

アフラック生命が調布市、電気通信大学、特定非営利活動法人調布市地域情報化コンソーシアムと調布スマートシティ協議会を設立

生保

生命保険文化センター、2021年度生命保険に関する研究助成制度助成者決定

生保

生命保険文化センター、2021年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者決定

生保

チューリッヒ生命、週刊ダイヤモンドの保険特集で「終身ガン治療保険プレミアムZ」が1位を獲得

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、アフラック・インコーポレーテッド及びアフラック生命による「お客さまと地域を支える『共創プラットフォーム』」の実現に向けた「資本関係に基づく戦略提携」のさらなる発展