シンニチ保険WEB

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

損保協会では、保険監督者国際機構(IAIS)が2019年6月14日から8月15日まで市中協議(パブリック・コメント)に付した、保険基本原則(ICP)および国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通の枠組み(コムフレーム/ComFrame)に対する意見を8月14日に提出した。
<市中協議の主な内容>
・「保険セクターのシステミックリスクに対する包括的枠組みに係る市中協議」(昨年11月~本年1月にかけて実施/2019.1.28付協会からのお知らせ)の結果や、その他改定案等を反映したICPおよび関連するコムフレームに対する意見募集が行われたもの。
・具体的には、以下のICPおよび関連するコムフレームの改正案に対する意見が募集された。
用語集
はじめにおよび評価手法
ICP7 コーポレートガバナンス
ICP9 監督レビューおよび報告
ICP10 予防・是正措置および制裁処分
ICP16 ソルベンシー目的の統合リスクマネジメント
ICP20 パブリック・ディスクロージャ―
ICP22 マネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策
ICP24 マクロ・プルデンシャル監督
<同協会意見概要>(詳細はhttp://www.sonpo.or.jp/news/file/01502.pdfを参照)
・規制の適用対象は、IAIGsであるか否かではなく、潜在的にシステミックな影響につながるエクスポージャーの大きさで判断すべき(包括的枠組みに係る改定全般へのGeneralComment)
・現実的に金融安定や保険セクター全体に影響を及ぼしうるエクスポージャーに絞ってリスク評価を行うべき(ICP9.1.8)
・保険セクターにおけるシステミックリスクの規模は銀行セクター等と比べて小さいことを考慮し、その評価は保険セクター単独ではなく金融セクター全体で行うべき(ICP10GeneralComment、ICP16GeneralComment、ICP24GeneralComment等)
・システミックリスク対応の目的を達成するうえでは、流動性リスクの一般への開示よりも当局への報告が重要と思われる
・マクロ・プルデンシャル目的のデータ収集について、データ収集の費用と便益を検討のうえ効率性を考慮し、保険会社に過度な負担がかからないよう配慮すべき(ICP24.1.1、ICP24.1.2等)
・保険会社にマネーロンダリングやテロ資金供与リスク評価にかかる情報提供を要請する場合、その内容は保険会社の負担も勘案した合理的なものとすべき(ICP22.1)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

協会・団体

損保協会、令和元年台風19号による災害に伴う特別措置を追加

損保

損保協会、令和元年台風19号による災害に関する対応について発表~対策本部を設置、各種損害保険については最長6か月の特別措置を実施~

協会・団体

損保協会、NAICQJ・RJ評価プロセス案の意見を提出

協会・団体

損保協会、「華麗なる自動車盗難防止対策」10月7日(月)から第19次自動車盗難防止キャンペーンをスタート

損保

損保協会、令和元年台風第15号に伴う特別措置(自賠責保険)を再延長

損保協会・団体

損保協会、最新の都道府県別「危ない交差点ワースト5」を発表~全国ワースト1は、大阪府「上本町6丁目交差点」と福岡県「湯川交差点」

損保協会・団体

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

損保

損保協会、防火の合言葉、2020年度「全国統一防火標語」募集

生保

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告