シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、損保業界唯一、4年連続で東京都スポーツ推進企業に認定

あいおいニッセイ同和損保は、「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする『特色ある個性豊かな会社』」を目指し、全社を挙げて障がい者スポーツ支援を実施している。このような活動が評価され、11月30日に、4年連続で東京都スポーツ推進企業※に認定された。
同社は、2006年に(一社)日本車椅子バスケットボール連盟日本代表の公式スポンサーとして障がい者スポーツ支援を開始し、以来、2014年に(公財)日本障がい者スポーツ協会の公式パートナー契約を締結、2016年に(一社)日本身体障がい者水泳連盟のオフィシャルスポンサー契約を締結する等、全国各地で障がい者スポーツ支援の取り組みを展開している。
「観て、感じて、考える」をスローガンとした社員による大会応援からスタートし、その活動を通じて得た多くのヒントを現在の多様な取り組みにつなげ、今回、全国での各種活動が評価され、4年連続での認定となった。
※【東京都スポーツ推進企業とは】
2015年度から東京都が制定した制度。従業員のスポーツ活動の促進に向けた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業等を、申請に基づき「東京都スポーツ推進企業」として東京都が認定するもの。認定された企業には、認定証及び認定マークの交付、並びに都ホームページにて社名等の公表が行われる。この中から、特に社会的な影響や波及効果の大きい取り組みをしている企業等が「東京都スポーツ推進モデル企業」として選定、表彰される。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、第7回アジア太平洋高齢者ケア革新アワード「Global Ageing Influencer賞」を受賞

生保

PGF生命、「くるみんマーク認定」を取得

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートスピーカーの活用をさらに展開

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスを活用した新たな損害調査システムを導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、米国子会社が米国テレマティクス保険大手Progressive社と協業を開始

生保

ライフネット生命、コンタクトセンターとウェブサイトが「HDI格付けベンチマーク」3部門で最高評価三つ星を受賞

生保

住友生命、日本健康マスター検定の合格者数ランキングで第1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、「30% Club Japan」に参画

損保

MS&ADホールディングス、「攻めのIT経営銘柄2019」に選定

損保

SOMPOホールディングス、経済産業省「IT経営注目企業2019」に選定