50104
シンニチ実践CDセミナーNo.4 インタビューで迫る

【CD】トラブル事例に学ぶ事業承継コンサルティング

株式会社UBF 東潤一 / 株式会社ノーダス 大掛剛(コーディネーター)

中小同族会社の事業承継における問題点としては、(1)民法上の遺留分による制約、(2)事業承継時の資金調達の困難性、(3)事業承継に際しての相続税負担の3点が挙げられ、その解決策を巡り多くの議論がなされてきたが、2008年5月に「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(経営承継円滑化法)が創設され、また、2009年度税制改正において「取引相場のない株式等に係る相続税の納税猶予制度」(納税猶予制度)が創設された。これにより、その取り組みが一段と加速することになる。中小同族会社の自社株対策、事業承継対策は、生命保険の提案においても大きなポイントとなる。生命保険販売の観点からこの事業承継問題の大きな変化にどのように対応していったらいいのか――相続・事業承継コンサルティングを行っている東さんにお話を聞いた。生命保険販売に携わる方の販売活動に活かせる内容とするために、コーディネーターとして大掛さんに参加していただいた。
※このCDは、オーディオCDです。ミュージックCDと同様に、標準のCDプレイヤー(CDデッキやポータブルCDプレイヤーなど)で再生して聴くことができます。ご使用のPCのCDドライブで聴かれる場合は、Windows Media PlayerやReal Playerなどの音声再生ソフトをご利用ください。

商品番号:50104

オーディオCD2枚組/収録時間合計約100分

2009年4月発売

定価2,370

CHAPTER

Disc1 収録時間:約50分
トラック1 新しい中小企業の事業承継関連の法律のポイント
トラック2 同族会社の自社株対策はなぜ必要なのか
トラック3 意外と理解されていない特別決議
トラック4 自社株対策の生命保険活用法は変わるのか
トラック5 後継者以外にはメリットがない?
トラック6 売るに売れない自社株よりもキャッシュ

Disc2 収録時間:約50分
トラック1 アプローチの方法次第で大きなマーケットに
トラック2 実際に起きたトラブル事例から始める
トラック3 親が迷えば引き継ぐ子供はもっと迷う
トラック4 うちの子供たちは仲がいいからと言うが…
トラック5 専門家とのコラボレーションが必要
トラック6 公正証書遺言に思いを込める