仮想通貨テゾス/XTZの今後の将来性は?ステーキングの方法も解説!

仮想通貨テゾス(XTZ)は、さまざまな用途で活用が期待されているプラットフォームを提供しています。

多くのユーザーがネットワークに参加しやすいようにシステムが構築されており、ステーキングなど機能が優れているのも大きな特徴です。

暗号資産投資を始める際は、特徴だけでなく将来性も検討するようにしましょう。そこで今回は、仮想通貨テゾスの今後の将来性について解説します。

テゾスで利用できるステーキングの方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

仮想通貨テゾス/XTZとは

仮想通貨テゾス

テゾスはブロックチェーンプラットフォームの1つであり、そこで使われる通貨のことです。

プラットフォームでは、スマートコントラクト・DApp(分散型アプリケーション)の利用に適しています。

多くのユーザーがテゾスのネットワークに参加しやすく作られているのが大きな特徴です。

暗号資産名 テゾス/Tezos
通貨単位 XTZ
発行数上限
公開・取引年 2018年
時価総額 373,243,451,927円
現在(2022年4月8日)の価格 419.29円

出典:CoinMarketCap

コンセンサスアルゴリズムにLPoSを採用

コンセンサスアルゴリズムとは、取引データが正しいかどうかを担保する合意方法のことです。

暗号資産の場合、中央管理者は存在せず、ネットワークに参加しているユーザー(ノード)同士が検証して合意します。

この検証・合意方法(コンセンサスアルゴリズム)は、暗号資産の種類によって異なります。

 テゾスではPoSと呼ばれる代表的な方法をベースにした、LPoS(リキッド・プルーフ・オブ・ステーク)を採用しているのが大きな特徴です。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)は、ネットワーク参加者が保有している通貨数の割合に応じてブロックの承認割合を決める方法です。

株式のように保有している通貨数が多いほど、影響力は大きくなります。しかし、資金力がある人に影響力が集中してしまうのがデメリットです。

LPoSはこのPoSの仕組みをベースにしているため、同様に通貨の保有数がポイントになります。しかし、保有数が少ないユーザーでも決定権のようなものを別のユーザーに委任できます。

つまり、保有数が少なくても別のユーザーに投票できるようなものなので、間接的でも多くのユーザーがブロック生成に参加できるのです。
テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

独自のスマートコントラクトを採用

独自のスマートコントラクトを採用

スマートコントラクトとは、暗号資産の取引において契約履行管理を自動化するシステムのことです。

特定の条件を満たすことで、契約処理が自動で行われるため効率良くデータを承認できます。スマートコントラクトはコンセンサスアルゴリズムと同様に、暗号資産によって異なります。

テゾスでは独自のスマートコントラクトである、フォーマル・ベリフィケーションを採用していることも大きな特徴です。

 このフォーマル・ベリフィケーションは、OCamlというプログラミング言語を使い、技術者が数学的視点で契約を進められる仕組みです。

契約内容の正当性を厳密に判断するシステムであり、エラーや不正の発生を抑えられます。暗号資産の仕組みでは、承認されたデータにエラー・バグがあっても修正するのは難しいです。

テゾスは正確性が高い仕組みを使用しているので、安全性が高いといえます。

ブロック生成システムはベーキングと呼ばれる

テゾスのブロックを生成するシステムは「ベーキング」です。生成者はベイカーと呼ばれ、ベイカーになるためには8,000通貨(8,000XTZ)を保有しなければなりません。

ベイカーになることで、ブロック生成に成功すると16XTZを報酬として受け取れます。

 さらに、ネットワークの参加者はベイカーに投票権を託すことで、手数料と引き換えに報酬をもらえるのも特徴です。

つまり、ベイカーだけでなくベイカー以外のユーザーもブロック生成に参加できて報酬を得られます。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

ハードフォークが起きない

テゾス/XTZ

暗号資産の仕組みを構築しているブロックチェーンは、ルールの変更などが発生するとアップデートする必要があります。

このとき、古いブロックチェーンと新しいブロックチェーンが分かれる「ハードフォーク」が起こります。

 ハードフォークが起こり新旧のルールに互換性がない場合、暗号資産の価値が大きく変動する可能性が高いです。

テゾスの場合は、ブロックチェーンがアップデートしてもハードフォークは起こりません。新旧のルールに互換性があるため、価格や扱い方が安定しています。

仮想通貨テゾス/XTZの今後の将来性

仮想通貨テゾス/XTZの今後の将来性

テゾスは契約などの取引を効率化し、多くのユーザーが利用できる仕組みを構築しています。しかし、実際の価格推移を見てみると激しく上下を繰り返しているため安定していません。

今後もさまざまな要因によって、大きく価格は変わっていくでしょう。まず、テゾスはフランスの中央銀行の実証実験に利用されている実績があり、技術力が評価されています。

 実験段階なので、正式にテゾスを採用するようになれば急騰する要因になります。

他にも、テゾスはNFTのプラットフォームとしても利用されているため、今後活躍する期待は大きいです。

音楽のNFTプラットフォームである「ONE OF」や、色彩をNFT化する「tzcolor」などのプロジェクトが始まっており注目されています。

NFT関連銘柄への注目が集まる場合でも、価格は高くなると考えられます。
テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

仮想通貨テゾス/XTZはステーキングの対象となる暗号資産

ステーキングの対象

テゾスは、ステーキングの対象である暗号資産であるのも大きな特徴です。ステーキングにより長期保有するユーザーは一定数いるため、急落しにくいでしょう。

また、売買以外にも利益を得られる可能性があることも、テゾスが注目されている大きな要因です。

ステーキングとは?

ステーキング(Staking)とは、対象の暗号資産をブロックチェーンのネットワーク上に預けると報酬を受け取れるシステムです。

通常、暗号資産を使った投資では購入時よりも価格が上がったときに売却することで、その差分が利益になります。

しかし、このケースだと価格が下がったときに大きな損失を生む可能性があります。

 そこでステーキングを利用すれば、保有している量と期間に応じた分だけ利益を得られるため、効率良く稼げるのです。

このステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの種類が「PoS」関連の仕組みでなければ利用できません。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

貸暗号資産との違い

暗号資産を預けて利益を得る方法には、もう1つ「貸暗号資産」というものがあります。

ステーキングはブロックチェーンのネットワーク上に暗号資産を預けるのに対し、貸暗号資産は取引所などに暗号資産を貸し出します。

この場合でも、貸した暗号資産の利率に応じて利益を得られるのがメリットです。

ステーキングはPoSに対応した暗号資産のみ利用でき、貸暗号資産はサービスを提供している取引所のみ利用できます。

ステーキングの手順

ステーキングの手順

ステーキングは、「利用している取引所を通じて行う」場合と、「自分自身で行う」場合の2パターンあります。

取引所を利用する場合は、対象の暗号資産を取引所で購入し、提供しているサービスを利用すれば完了です。

自分自身で行う場合は、専用のウォレットを用意して購入した暗号資産を送金します。該当する暗号資産の公式サイトやアプリケーションから、ステーキングを選択すれば完了します。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

ステーキングのメリット・デメリット

テゾス/XTZ

メリット

ステーキングは、取引をしなくても暗号資産の量が増えます。また、暗号資産の種類や取引所によって金利は異なりますが、利率が高いのも大きなメリットです。

GMOコインの場合、テゾスの金利は年率2.1%~4.3%です。メガバンクに現金を預けるよりも、テゾスを購入してステーキングした方が効率良く資産運用できます。

他にも、ブロックチェーンのネットワークに参加できたり、長期保有する大きなモチベーションになったりします。

デメリット

ステーキングの最大のデメリットは、ステーキング中の暗号資産は動かせないことです。

 売買したい場合はステーキングを停止する必要があり、海外の取引所の場合は資産がロックされる場合もあるので注意が必要です。

他にも、ステーキングしている暗号資産の価格が急落するリスクや、価格推移が予測できないこともデメリットといえるでしょう。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

仮想通貨テゾス/XTZのチャートと価格推移

テゾス/XTZのチャートと価格推移

これまでの動き

テゾスが2018年7月に取引をスタートしたときの価格は約430円でしたが、その後価格を大きく下げます。

その後は、2018年~2020年の間まで50円~200円の価格帯で推移していました。2020年に入ってから、2月・8月に大きく高騰し、2021年になってからはさらに価格が上がります。

2021年の2月~5月で800円を超えたもののすぐに下がり、2021年8月~10月に高騰して約960円まで上がりました。

その後は、また価格は落ちてしまい、2022年に入ってからは300円~500円前後で推移しています。

最新のチャート

テゾスの現在(2022年4月8日時点)の価格は419.29円です。2022年以降は500円前後の価格でしたが、その後も価格は落ち続けて300円付近まで下がります。

その後も価格は上下を繰り返し、現在では400円前後の価格を行ったり来たりをしています。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

仮想通貨テゾス/XTZが高騰する要因

テゾス/XTZが高騰する要因

テゾスが大きく価格を伸ばしたときの要因は大きく分けて次の3つです。

価格を伸ばした主な要因
  • 暗号資産全体の高騰
  • 海外の大手取引所でステーキングサービスを開始
  • 日本国内の取引所で取り扱いを開始

テゾスは他の暗号資産と同様に、暗号資産全体の市場が高騰したときに連動して価格が上昇しています。

 それ以外の主な要因では、海外の大手取引所でステーキングサービスを開始したことが大きく影響していると考えられます。

「Binance」「Coinbase」などの海外取引所は、国内よりもユーザー数が多いため、前向きなニュースにより大きく変動しました。

また、国内の取引所では「bitFlyer」「GMOコイン」などが取り扱いを始めたタイミングでも価格は上昇しています。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

仮想通貨テゾス/XTZを保有するメリット・デメリット

仮想通貨テゾス/XTZを保有するメリット・デメリット

テゾス/XTZを保有するメリット

テゾスは汎用性が高いプラットフォームを提供しており、多くのユーザーが参加できる仕組みを構築しています。

 スマートコントラクトは、エラーや不正が起こりにくいです。

誰でも参加しやすくハードフォークが必要ない点からも、アップデートしても今まで通り使える安心感も大きなメリットです。

テゾス/XTZを保有するデメリット

テゾスは、一部の人にとってマイナスな印象を持たれています。アメリカで集団訴訟を受けた過去があり、テゾス財団やスイス基金などが訴えられたことがあります。

そのため、「今後もトラブルが起きるのでは?」と不安を抱えているユーザーがいる点はデメリットといえるでしょう。

テゾス(XTZ)の購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所3選

テゾス/XTZを購入できるおすすめ取引所3選

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 365日対応のサポート体制が整っているため安心して取引できる!
  • PC・スマホの取引ツールが充実している!
  • レバレッジ取引できる取引所の中では、取り扱い暗号資産の種類が多い!
  • 各種手数料が無料なので取引しやすい!
  • 技術力に優れたDMMグループが運営しているためセキュリティ強度が高い!

DMM Bitcoinは、365日対応とサポート体制が充実しているため、初心者でも取引しやすくなっています。

 各種取引ツールも取り揃えており、PC・スマホ関わらず快適に取引できるのも魅力です。

さらに、レバレッジ取引に対応しており、取り扱い暗号資産の種類も多いです。他にも各種手数料は無料であり、技術力が高く実績もあるDMMグループが運営しているので安心感があります。

セキュリティ体制は万全で、資産を厳重にガードします。

※ BitMatch取引手数料を除く

取引通貨数

15通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XTZ(テゾス)
  • OMG(オーエムジー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • MONA(モナコイン)
  • XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料 出金手数料:無料

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • セキュリティ強度が高く長い間ハッキングの被害を受けていない!
  • さまざまな手数料はかからないので、費用を抑えて取引できる!
  • 最短10分で口座を開設できるので、すぐに取引を始められる!
  • 取り扱い通貨数は15種類と多く、1円から売買できるのも魅力!
  • 暗号資産に関するサービスが充実している!

bitFlyerはセキュリティ強度が高いことが強みの取引所であり、ハッキングによる被害は7年間受けていません。

株式会社bitFlyerが運営している取引所であり、暗号資産に関するさまざまなサービスを提供するなど実績が豊富です。

 取引の際に発生する各種手数料は無料なので、費用を気にせずに取引を始められます。

申し込みから口座開設まで最短10分と早いため、取引したいと思い立ったときにすぐ始められるでしょう。また、取り扱い銘柄数は15種類と多く、1円から取引できるのも大きなメリットです。

積立サービスやポイント投資などサービスは充実しています。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
出金手数料 3万円未満:税込220円(三井住友銀行から入金の場合)

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 最短10分で口座開設し、暗号資産を購入できる!
  • 大手であるGMOグループが運営している!
  • 使いやすいツールを利用できるので便利!
  • さまざまな手数料が0円なので取引しやすい!
  • 取り扱い暗号資産は20種類と多い!

GMOコインは、口座申込みから開設まで最短10分と早いため、投資を始めたいと思ったときにすぐ始められます。

 大手企業であるGMOグループが運営しているため、信頼性が高く安心して取引できます。

取引ツールは充実しており使いやすいので、初心者でも快適に取引しやすいです。さらに、取引にかかるさまざまな手数料は0円であり、費用を気にする必要がありません。

また、取り扱っている暗号資産の数は20種類と豊富で、気になっている通貨を選びやすいのも魅力です。

サービスが充実しておりバランスが良いので、人気がある取引所の1つです。
取引通貨数

20通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
※振込手数料の負担あり
即時入金:無料
出金手数料 無料

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン

まとめ

今回は、仮想通貨のテゾスについて特徴や将来性を解説しました。テゾスは高性能なプラットフォームを提供しており、利益を得やすい仕組みもあります。

今後も、NFT市場の盛り上がりや金融機関などで採用されることで、ニーズは増えていくと見込まれています。

ブロックチェーン関連の技術に大きく関わっているため、暗号資産に興味がある人はぜひチェックしてみてください。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事