初心者におすすめの資産運用6選!失敗しないためのポイントも解説

老後不安やコロナ禍の影響により、預金などの手持ちの資金を活用して「資産運用」を始める人が増えています。

しかし、資産運用といってもその種類は複数あり、目的・目標・資金などによって適切な方法は変わります。

また、投資初心者の人であれば資産運用に自信がなかったり、不安を抱えたりすることは多いです。そこで今回は、おすすめの資産運用6選を紹介し、失敗しないためのポイントも解説します。

資産運用の種類について、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

初心者におすすめの資産運用6選

初心者におすすめの資産運用

投資信託

投資信託は「ファンド」と呼ばれるものであり、投資家から集めた資金をもとに運用されている金融商品です。

集めた資金を1つにまとめ、資産運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用します。投資・運用の成果として生まれた利益を還元するというのが主な仕組みです。

 自分で投資商品を運用するのではなく、プロに運用を任せられるため初心者でも利用しやすい方法の1つです。

投資信託は少額で始められるだけでなく、複数の金融商品へ一度に投資するためリスクを分散できます。他にも、個人では投資できない国・地域・企業などに投資することも可能です。

投資信託のメリット
  • 少額からでもスタートできる
  • 運用のプロに任せられる
  • 分散投資できる
  • 個人ではできない先に投資できる

    しかし、投資信託も万能ではないためデメリットも存在します。まず、銀行預金とは違い元本が保証されているわけではないため、元本割れのリスクがある点に注意しなければなりません。

    また、運用をプロに任せるため「運用管理費用(信託報酬)」などのコストがかかってしまいます。そして、投資信託は株式市場と異なり、いつでも取引できるわけではないのもデメリットです。

    NISA

    NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、投資による利益・配当金などが非課税になる制度です。資産運用は手元の資金を効果的に運用し、利益を出すことで資金を増やすのが目的です。

    しかし、投資で得た利益には税金が発生し、利益の約20%を納税しなければなりません。税率20%というのは大きく、せっかく資産を増やしても税金により得した分が少なくなってしまいます。

    NISAは資産運用によって利益が発生しても、特定の条件下であれば税金が発生しないのでお得です。

    NISAの種類

    NISAには大きく分けて「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。一般NISAとは、1年間の非課税枠が120万円であり5年間適用されます。

    つまり、最大600万円の資産運用を行っても、その分で得た利益に税金は発生しません。

     つみたてNISAは、1年間の非課税枠は40万円と少ないですが、適用される期間は20年間です。

    そのため、積立総額800万円まで非課税で運用できます。一般NISAよりも長期的に分散投資でき、少額からスタートできます。

    ジュニアNISAは未成年者向けの税制優遇措置のことで、1年間の非課税枠が80万円で適用される期間は5年間です。

    株式投資

    株式投資

    株式投資とは、株式を購入・売却して利益を得たり、配当金を得たりすることです。株式は上場している企業へ資金提供をすることで得られるもので、企業の価値で価格が変動します。

    つまり、株が安いときに購入し高くなったときに売ることでその差額が利益になります。株式を持つ人を株主と呼び、株主総会に参加して議決に加わる権利などを得られるのも特徴です。

    また、その企業が利益を上げたときは、その利益を各投資家に分配する配当金も得られます。

     株式の価格(株価)は、さまざまな要素で変動するため、資産運用の方法の中でもハイリスク・ハイリターンです。

    その企業の業績を左右する要素は、会社の売上などだけでなく社会情勢なども関係しています。複数の要素が複雑に絡み合っているため、予測することが難しいのがデメリットといえるでしょう。

    株価が急騰して大きな利益を得たとしても、急落すれば大きな損失に繋がりかねません。

    iDeCo(個人型確定拠出年金)

    iDeCo(イデコ)とは、自分で金融商品を運用し、60歳以降に一時金・年金として受け取るものです。対象になるものには預金・投資信託・保険などがあり、毎月一定の金額を積み立てます。

    「個人で運用する年金」と呼ばれることもあり、毎月積み立てた金額と、投資による運用利益を合わせた金額を将来的に受け取れます

     iDeCoは月額5,000円から積み立てることができ、20歳以上60歳未満の国民年金被保険者であれば誰でも始めることが可能です。

    他にも、積み立てしているときは「所得控除」の対象になるため、所得税や住民税を節税する効果もあります。

    また、NISAと同様に運用で得た利益は非課税になり、受け取るときには「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象になります。

    毎月少額からでも長期的に投資できますが、運用中は手数料が発生する点と、自分で運用しなければならないことが主なデメリットです。

    NISAや株式投資などを始めたい方向け!

    おすすめの
    証券会社はこちら!

    個人向け国債

    個人向け国債とは、国が発行する債券である国債を個人でも購入できるようにしたものです。1万円から1万円単位で購入でき、利子は半年ごとに受け取れます。

    個人向け国債の最大のメリットは元本割れがないこと。また、国が発行している債券なので安心しやすいでしょう。

     他にも、国債が発行されてから1年以上経過すると、1万円単位で中途換金できます。

    最低金利保証は0.05%(年率)であるため、一般的な銀行の預金よりもお得です。個人向け国債の期限(償還年限)は種類によって異なり、それぞれの期間は以下の通りです。

    個人向け国債の期限
    • 変動金利型「変動10年」:発行後10年
    • 固定金利型「固定5年」:発行後5年
    • 固定金利型「固定3年」:発行後3年

      このように、個人向け国債の種類によって金利は固定と変動があるため、運用方針に合ったものを選びましょう。

      ポイント投資

      ポイント投資

      ポイント投資とは、各種ポイントを金融商品と交換(購入)する方法です。例えば、ドコモ系列のポイントである「dポイント」は、携帯電話料金の割引以外にも投資に利用できるのです。

      具体的には、ポイントを使って株式投資・投資信託・暗号資産・FXなどの取引・資産運用を行います。

       現金を使わずに資産運用できるため、参入するハードルは低い方法として注目されています。

      特に、さまざまなポイントを貯めていても、有効活用できていない人におすすめです。

      ポイント投資に活用できる主な種類は、楽天ポイント・Tポイント・dポイント・LINEポイント・Pontaポイントです。

      資産運用初心者が失敗しないためのポイント

      失敗しないポイント

      目的・目標を明確にする

      資産運用は目的や目標を明確にした方が、適切に運用しやすくなります。結婚資金・マイホーム購入・教育資金など、将来に備えて資産を形成する目的はいくつもあるでしょう。

      目的が明確になることで「どれくらいの資産を作れば良いか」と具体的な金額や期間など目標を設定しやすくなります。目的・目標を決めることで、それに合った資産運用の方法が見えてきます。

       例えば、結婚・出産などそこまで金額が大きくない場合や、子どもの大学進学費用など準備期間が十分にある場合は低リスクのものがおすすめです。

      反対に、マイホームの購入費用など目標金額が大きいものはある程度リターンが望める運用方法が選択肢に入ってきます。

      また、資産運用の方法を決めると同時に、投資に回せる資金がどれくらいあるのかも計算しましょう。

      余裕資金を決めておくことで、生活に必要な資金を使う必要がなくなり、投資によって生活を圧迫する心配がなくなります。

      運用金額の上限を決めておく

      また、資産運用の上限金額なども同時に設定することも大切です。例えば、大きなリターンが期待できる商品があっても、予算オーバーであれば購入できません。

      上限金額を決めてリスクが高すぎない金融商品に投資することで、損をする金額を抑えられるでしょう。

      事前に知識を身に付ける

      資産運用を学ぶ

      適切に資産運用するためには、ある程度知識を身に付けることが大切です。今回紹介した方法の特徴を押さえておくことで、適切な金額・タイミングで取引しやすくなります。

       特に資産運用におけるリスクについて、重点的に学ぶのがおすすめです。知識がないと、どの投資方法がハイリスクであるかを判断できません。

      資産運用初心者の場合は、大きなリターンを得ることよりもリスクを抑える運用を目指した方が安心できます。

      リスクの小さい資産運用方法を知る

      リターンが大きい金融商品は基本的にリスクも大きいです。このようなハイリスク・ハイリターンの商品は短期的な投資の選択肢としては有効ですが、資産運用としては適切ではありません。

      資産運用として金融商品を選ぶときは、なるべくリスクが小さく堅実に運用できるものがおすすめです。

       収益は小さくてもリスクが小さいもので長期投資をした方が、損失が出にくく資産を有効活用できます。

      また、長期的に資産運用する際は、分散投資も視野に入れるのもおすすめです。投資先の銘柄などを複数用意することで、1つの銘柄が下落しても他の銘柄でカバーできます。

      このように、分散投資もリスクを抑えられる方法でもあります。

      少額から始める

      少額から始める方法

      資産運用の初心者であれば、少額の資金から始めるのがおすすめです。運用方法によっては、事前に知識を得たとしても、実際にやってみて学ぶことが多いです。

       知識や経験がない初心者のうちから、大きな資金を使って投資するのはリスクが大きくなります。

      例えば、多額の資金でスタートを始めた直後に、商品の価格が下落してしまうと元の金額を戻すのに時間と労力がかかります。

      余裕資金の金額が大きい場合でも、全てを投資に回すのではなく一部から始めることでリスクを小さくしやすいです。
      まずは少額から始めよう!

      おすすめの
      証券会社はこちら!

      シミュレーションをする

      資産運用を始める前に、その投資内容が将来的にどれ程度の利益を生むかシミュレーションをするのも大切です。

      証券会社では投資商品の予想される運用利回りをもとに、シミュレーションできるツールや公式ページを用意していることが多いので利用してみましょう。

       シミュレーションするときは「元金の金額」「金利のパターン」「運用期間」などを入力します。

      シミュレーションすることで、より具体的な利益を計算することができるので目的・目標を達成しやすくなるでしょう。

      証券会社以外にも金融庁の公式サイトでもシミュレーションができるため、ぜひ活用してみてください。

      ロボアドバイザーを利用する

      ロボアドバイザーとは、人工知能(AI)を使って資産運用するサービスです。1人だけで運用するのではなく、ロボットによるサポートを受けながら商品選定や取引を行います。

      このロボアドバイザーを活用することで、足りない知識・経験を補うことができます。また、ロボアドバイザーの種類は大きく分けて「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類です。

      アドバイス型はロボットから提示される質問に答えることで、最適な投資方法などを提案してくれます。あくまでも提案・サポートであり、最終的な意思決定は自分で行うのが特徴です。

      それに対して投資一任型は、具体的な運用内容を提案した上で、運用まで全て任せることができます。

      資産運用におすすめの証券会社

      LINE証券

      LINE証券

       

      LINE証券のおすすめポイント
      • 1株数百円から投資を始められる!
      • 業界最低水準の手数料で自由に取引できる!
      • スマホでも簡単に取引・操作できる!

        LINE証券は、スマホを使って手軽に資産運用できる証券会社です。手持ち資金の約3倍の株式を取引でき、信用取引の売買手数料は0円です。

         最新の情報はLINEのメッセージで届くので、素早くチェックできます。

        配信している情報の種類は「割安な銘柄」「人気優待銘柄」「好業績予想銘柄」「高配当利回り銘柄」など20種類以上もあります。

        平日は21時まで取引できるため、忙しい人でも利用しやすいです。さらに、LINE証券ではLINE Payで入出金できたり、LINE POINT1ポイントを使って入金できるのも特徴です。

        お得なキャンペーンも実施しているのでお得に利用できます。
        LINEアプリで手軽に始められる!

        LINE証券
        口座開設はこちら(無料)

        取引手数料(税込)
        • 現物取引手数料:0円~1,771円
        • 信用取引手数料:0円
        主な取扱商品
        • 国内株式
        • 投資信託
        • 信用取引
        主な取引ツール(PC)
        主な取引ツール(スマホ・タブレット)
        • LINEアプリ

        LINEアプリで手軽に始められる!

        LINE証券
        口座開設はこちら(無料)

        出典:LINE証券

        SBI証券

        SBI証券

        SBI証券のおすすめポイント
        • さまざまな取引の手数料を安く抑えている!
        • 最低投資金額は100円で少額から始められる!
        • 投資内容によってポイントが貯まる!

          SBI証券では、国内でも人気がある証券会社であり、さまざまな投資商品を扱っています。手数料の安さを徹底追及しているため、長期的に利用する際の負担を軽減しやすいです。

           他にも、さまざまな取引によりTポイント・Pontaポイント・dポイントが貯まります。

          SBI証券で各種ポイントが貯まる取引は、国内株式の購入・国内株式の入庫・投資信託の購入・投資信託の保有・金銀プラチナの購入・新規口座開設・ポイント投資紹介プログラムです。

          さらに、貯まったポイントは投資信託の購入などに利用できるので、手軽に投資を始めやすいでしょう。
          ネット証券口座開設数No.1!

          SBI証券
          口座開設はこちら(無料)

          取引手数料(税込)
          • 現物取引手数料:0円~1,070円
          • 信用取引手数料:0円~385円
          主な取扱商品
          • 国内株式
          • 外国株式
          • 債権
          • FX
          • 先物オプション
          • NISA/つみたてNISA
          主な取引ツール(PC)
          • HYPER SBI
          主な取引ツール(スマホ・タブレット)
          • SBI証券 株アプリ
          • かんたん積立アプリ
          • HYPER先物・オプションアプリ など

          ネット証券口座開設数No.1!

          SBI証券
          口座開設はこちら(無料)

          出典:SBI証券

          楽天証券

          楽天証券

          楽天証券のおすすめポイント
          • 楽天銀行・楽天カードと一緒に使うとお得!
          • ポイントを使って投資を始められる!
          • 取引ツールが充実しており効率良く取引できる!

            楽天証券は口座開設数が多く、投資未経験でも充実したサポートを受けられるため幅広い年齢層から支持されています。

            また、楽天銀行や楽天カードなど、楽天系列のサービスを使っている人はよりお得に資産運用できます。

             楽天証券では手数料が安いため、初めての投資でもコスト負担を抑えられるのも、始めやすい大きな要因です。

            投資初心者でも正しい知識を得られるように、各種セミナーや情報発信しています。

            パソコン・スマホで利用できるツールが充実しているのも大きなメリットです。
            取引手数料(税込)
            • 現物取引手数料:0円~1,070円
            • 信用取引手数料:0円~385円
            主な取扱商品
            • 国内株式
            • 海外株式・ETF
            • 投資信託楽天FX
            • 外国為替
            • 保険
            • NISA・つみたてNISA
            主な取引ツール(PC)
            • マーケットスピードⅡ
            • マーケットスピード
            • マーケットスピードFX
            主な取引ツール(スマホ・タブレット)
            • マーケットスピードⅡ
            • iSPEED
            • iSPEED FX

            出典:楽天証券

            まとめ

            この記事では、おすすめの資産運用6選を紹介しました。

            資産運用にはさまざまな種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。そのため、資産運用する目的などによって適した方法は変わります。

            なかには低リスクで長期投資に向いているものがあるため、初心者は運用しやすいものを選ぶのがおすすめです。
            LINEアプリで手軽に始められる!

            LINE証券
            口座開設はこちら(無料)

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事