SBI VCトレードの評判は?メリット・デメリットと口座開設方法を紹介

SBI VCトレードは大企業が運営しており、セキュリティがとても高いのをご存知でしょうか?「SBI VCトレードを使用しようか迷っているので評判を知りたい」「メリットデメリットを知りたい」とお考えの方も多いと思います。

そこでこの記事ではSBI VCトレードのメリットやデメリット・評判について紹介します。

口座開設方法も一から紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

SBI VCトレードとは|基本情報

SBI VCトレードとは|基本情報

SBI VCトレードは『SBIグループ』が運営している仮想通貨取引所。SBIグループと言えば、SBI証券・SBI FXトレード・SBIネット銀行などを長年運営してきたグループで、認知度高い会社と言えるでしょう。

また2021年12月1日にはTAOTAO株式会社と合併することも発表しています。TAOTAOは2017年から仮想通貨取引所を運営している会社です。

取り扱い仮想通貨(暗号資産) 7種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)
レバレッジ なし
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料※住信SBIネット銀行の場合、他口座は145円

出典:https://www.sbivc.co.jp/support/overview/

SBI VCトレードのメリット

SBI VCトレードのメリット

SBI VCトレードのメリットは以下の5つです。
SBI VCトレードのメリット
  • 運営会社の信頼性がある
  • セキュリティに力を入れている
  • 住信SBIネット銀行を利用した入出金なら手数料0円
  • VCTRADE LDがある
  • 手数料が比較的に安い

運営会社の信頼性がある

SBI VCトレード1つ目のメリットは運営会社の信頼性があること。前述したようにSBIグループは「SBI証券・SBI FXトレード・SBIネット銀行」などを運営しており、 証券・FX・銀行などに関する様々な実績があります。

 実際の利用者が評価している『オリコン顧客満足度ランキング 暗号資産取引所 現物取引』の口コミでもSBIグループだから安心という声はとても多いです。

仮想通貨以外の分野でも実績があるので安心して資産を預けられるでしょう。

出典:https://life.oricon.co.jp/rank-cryptocurrency/cash-transaction/company/sbivc/

セキュリティが力を入れている

SBI VCトレードのメリット

SBI VCトレード2つ目のメリットはセキュリティに注力していることです。仮想通貨は不正アクセスやサイバー攻撃などが行われることもありますが、SBI VCトレードでは今までのノウハウを生かしたセキュリティ対策を行っています。

 具体的には「EV SSL証明書」を採用しフィッシング対策強化、サイバー攻撃に対する防御策への投資、コールドウォレットで資産保管、マルチシグネチャで秘密鍵を管理などです。

内部犯行の対策も行っているので、外にも内にも強いセキュリティ対策が実現できています。

住信SBIネット銀行を利用した入出金なら手数料0円

3つ目のメリットは住信SBIネット銀行と連携していること。住信SBIネット銀行からSBI VCトレードへの日本円入金なら手数料0円。またSBI VCトレードから住信SBIネット銀行への出金も手数料0円です。

同じグループ会社に銀行があるSBI VCトレードならではのメリットと言えるでしょう。住信SBIネット銀行の即時決済サービスに対応しているので、面倒な入力作業なく決済・振込入金が可能です。

ただし日本円の入金は住信SBIネット銀行からしかできないので、銀行口座がない方は別の取引所から送金をしましょう。

住信SBIネット銀行以外の金融機関への出金は145円の手数料が必要ですが、他社と比べると格安です。

VCTRADE LDがある

SBI VCトレードのメリット

SBI VCトレードでは『貸暗号資産サービス=VCTRADE LD』を提供しており、金利で利益を得るのが可能です。

貸暗号資産サービスとは?
レンディングと呼ばれるもので、保有している仮想通貨を取引所に貸すことで、期間や額に応じた金利を受け取れる仕組みです。

2020年11月24日からサービスが開始し、当初はBTCのみで、貸し出し期間84日、年率1.0%となっていました。2021年に入り、XRPでのレンディングサービスにも対応しており年率0.1%となっています。

手数料が比較的に安い

SBI VCトレードは手数料が比較的安いのも魅力の1つです。

取引手数料・入金手数料・出金手数料・送金手数料はすべて無料、またスプレッドも比較的狭い取引所なのでユーザーが損することなく取引を行うことができます。

初心者の方でも取り掛かりやすいですね!

SBI VCトレードのデメリット

SBI VCトレードのデメリット

SBI VCトレードのデメリットは以下の3つです。
SBI VCトレードのデメリット
  • 取扱い通貨が少ない
  • レバレッジ取引がない
  • メンテナンスの時間が1時間ある

取扱い通貨が少ない

1つ目のデメリットが取扱っている銘柄数が少ないこと。

取引所 通貨数
SBI VCトレード 7種類
コインチェック 17種類
DMM Bitcoin 12種類
bitFlyer 13種類
GMOコイン 14種類
BITPOINT 10種類

大手5社と比較すると、取扱数は最も少ないです。ただし、DOTやLINKなど他社での上場が少ないアルトコインの売買ができるのはメリットとも言えるでしょう。

レバレッジ取引がない

SBI VCトレードのデメリット

SBI VCトレードではレバレッジ取引に対応していません。レバレッジをかけた証拠金取引をしたい方やショート(売り)から入りたい方は別の取引所を利用すると良いでしょう。

メンテナンスの時間が1時間ある

SBI VCトレードは毎日午前6:00~午前7:00にメンテナンス時間があり毎日1時間はトレードができません。

アメリカのワシントンやニューヨークなどの時間では午後4:00~午後5:00にあたるので、少し価格が動き出す前にメンテナンスに入ります。

SBI VCトレードの口コミ・評判

良い口コミ・評判

SBI VCトレードの口コミ・評判

SBI VCトレードの良い口コミ・評判
  • 母体がSBIグループなので安心、信頼できる
  • 盤石なセキュリティ
  • 住信SBIネット銀行を持っているので便利
  • 銘柄が厳選されており少額投資が可能

SBI VCトレードの良い口コミで多かったのは「母体がSBIグループなので安心して取引できる」「信頼できる」というもの。

「なにかトラブルがあったときにも大企業なのでしっかりした対応を受けられだろう」「盤石なセキュリティなので金庫や銀行に預けているのと一緒」という方もおられました。

 特に多かったのが住信SBIネット銀行を使っているので、そのまま活用できて便利という意見です。

入出金手数料が無料で即時決済サービスにも対応しているので人気が高いようです。

銘柄が少ないのはデメリットである一方、「厳選されているので集中できる」という方も一定数おられました。

いまいちな口コミ・評判

SBI VCトレードの口コミ・評判

SBI VCトレードのいまいちな口コミ・評判
  • アプリの使い勝手が悪い、サイトの画面がわかりづらい
  • サービスがあまり増えない
  • セキュリティがしっかりしすぎて入出金が面倒

いまいちに感じている方には「アプリの使い勝手が悪い」という意見がありました。操作性が煩雑で毎日使うのは疲れるという方も。

初心者にはサイトの画面が分かりづらく、どのように取引をしていけばいいか迷った方もいるようです。

 また他の取引所ではいろんなサービスが誕生したり銘柄が増えていくけど、SBI VCトレードはあまり改善されないので残念という方もいました。

これからも使い続けるので、使いやすくしたり銘柄を増やしたりしてほしいという要望のようです。

セキュリティがしっかりしすぎているので、入出金の作業が面倒なのもいまいちという口コミもありました。

SBI VCトレードの取引ツール・アプリ

SBI VCトレードの取引ツール・アプリ

SBI VCトレードでは、独自の板形式である『VCTRADE Pro』というツールを使用しています。シンプルなインターフェースとなっており、視認性の良いダークスクリーンを採用しています。

チャートはTradingViewを採用しているので、さまざまなテクニカル分析が可能となっています。

 アプリは『VCTRADE SP』がリリースされており、iOS版・android版ともに配信されています。

高機能な取引チャートを得意としており、9種類のテクニカル指標を搭載。カスタマイズも自由に可能です。

SBI VCトレードの口座開設方法

ここからはSBI VCトレードで取引を行うために口座開設方法を見ていきましょう。

SBI VCトレードへの登録

①:はじめに公式サイトにアクセスして、メールアドレスを入力しましょう。確認事項に「承諾」したら「アカウント作成」ボタンをクリックします。

SBI VCトレードの口座開設方法

 

②:登録したメールアドレスに登録確認のメールが届きます。登録完了URLが記載されているのでクリック。

ログインパスワードの設定画面が表示されるので、推測されにくいパスワードを入力して、「送信する」を選択してください。

SBI VCトレードへの登録

 

これでSBI VCトレードへの登録は完了です。

SBI VCトレードのお客様情報登録

③:ログインしたら、確認事項への回答をしましょう。すべて読み問題なければ、「確認のうえ同意いたします」にチェックしてください。

SBI VCトレードの口座開設方法

 

④:次にお客様情報や職業など自身のプロフィール情報を登録しましょう。

SBI VCトレードの口座開設方法

SBI VCトレードの本人確認

⑤:最後に本人確認を行いましょう。本人確認書類をアップロードする「WEBアップロード」と、スマホで手続きを行う「オンライン本人確認」の2種類があります。

WEBアップロードでの本人確認

本人確認書類を用意しましょう。下記の2パターンのどちらかを選びましょう。

WEBアップロードでの本人確認の2パターン
  1. 運転免許証、マイナンバーカード、各種健康保険証から2種類
  2. 運転免許証、マイナンバーカード、各種健康保険証から1種類+納税証明書、社会保険料領収書、公共料金領収書から1種類の計2種類

本人確認書類がアップロードできたら、「登録情報を確認する」をクリックしましょう。

 

SBI VCトレードの口座開設方法

 

以上で本登録が完了です。数日後に、取引パスワードが記載されたハガキが自宅へ届きます。受け取りをもって口座開設の完了となります。

オンライン本人確認

オンライン本人なら、最短翌営業日に口座開設が可能です。スマホがあればできるので、通常はこちらを利用しましょう。プロフィール情報入力まで進んだら、本人確認のための撮影画面へと切り替わります。

オンライン本人確認の撮影
  • 本人確認書類の表、裏
  • 顔の正面の写真
  • 首を動かして動画撮影

上記の撮影指示がでるので順に進めていきましょう。撮影がすべて終われば手続き完了です。審査が完了すれば、口座開設となります。

SBI VCトレードがおすすめな人

SBI VCトレードがおすすめな人

SBI VCトレードがおすすめな人
  • 住信SBIネット銀行を持っている人
  • 大企業のもと、安心安全に取引したい人
  • DOTやLINKなどを購入したい人
  • 手数料を抑えて取引したい人

SBI VCトレードが最もおすすめな人は、すでに「住信SBIネット銀行」の口座を開設している人でしょう。手数料が無料になったり、即時決済できたりとさまざまなメリットがあります。

逆にまだ住信SBIネット銀行を持っていない人は、日本円で入金する際、銀行口座開設が必須なので少し面倒かもしれません。

 セキュリティが高いので安心安全に、大企業の管理のもと取引したい方にもおすすめです。

取引手数料や入出金手数料、送金手数料が無料なので、トレード数の多い方や資金移動が多い方にもおすすめできます。

よくある質問

SBI VCトレードの取扱銘柄はなんですか?
2021年11月現在、銘柄は全部で7種類です。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ・リンク・ポルカドットとなっています。
SBI VCトレードは信用性の高い取引所ですか?

SBI証券・SBI FXトレード・SBIネット銀行などを運営しているSBIグループが運営している取引所です。大企業なので信頼性は高いと言えるでしょう。

SBI VCトレード利用のメリットはなんですか?
運営会社の信頼性が高い、セキュリティが高い、住信SBIネット銀行を利用した入出金なら手数料が0円、ほとんどの手数料が無料などのメリットがあります。
SBI VCトレード利用のデメリットはありますか?
他社取引所に比べて取扱い通貨が少ないことでしょう。またレバレッジ取引に対応していないため、ショート(売り)から入れないのもデメリットです。
SBI VCトレード専用のアプリはありますか?
『VCTRADE SP』アプリが、iOS、Androidそれぞれ用意されています。高機能な取引チャートで9種類のテクニカル指標を搭載しています。カスタマイズも自由です。
SBI VCトレードはどんな人におすすめですか?
住信SBIネット銀行を持っている人、大企業のもと安心安全に取引したい人、珍しいアルトコインを取引したい人、手数料を抑えた取引をしたい人などです。

まとめ

今回の記事では、SBI VCトレードの評判から、メリット・デメリットを解説しました。SBI VCトレードは大企業が運営しているためセキュリティ技術がとても高く、安心してトレードができます。

住信SBIネット銀行の口座がある方なら入出金手数料は無料、連携もしやすいので、ぜひ利用してみてください。

他の取引所にはないアルトコインも取り扱っているので、併用して利用もおすすめです。
・暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事