債務整理 相談

「毎月の借金の返済が多くて生活が大変」「毎日のように支払請求の電話や取り立てが来る」など借金の返済問題で悩みを抱えている人はたくさんいます。

また多くの人は「どこで相談をしたらいいのか」や「どうやって借金問題を解決したらいいのか」が分からずに悩んでいることかと思います。

そのような返済の悩みを解決する方法には債務整理があります。

そこで今回は債務整理の概要や相談窓口の紹介、お勧めの法律事務所などについて解説していきます。

相談先が分からずに悩んでいる人のために、相談窓口の紹介やお勧めの法律事務所などを紹介します。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

債務整理の方法には何がある?

債務整理 相談

債務整理の方法には大きく分けて「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。

まずはそれぞれの効果やメリット・デメリットなどのポイントを簡単に解説します。

任意整理とは

任意整理とは、借金の減額や金利の引き下げなどにより月々の返済負担を軽減する制度です。

弁護士や司法書士に依頼することで、貸金業者との和解交渉や法的な手続きを全て行ってくれます。

任意整理は財産の没収などが無い点で「個人再生」や「自己破産」より、生活に与えるデメリットが少なく費用面も安いという特徴があります。一方で、返済額の軽減が思っていたより少ないことや、和解が成立しないなどのデメリットもあります。

費用 5万円~20万円程
手続期間 3ヵ月~6ヵ月程度
任意整理後の返済期間 3年~5年程度

任意整理は債務整理の中でも、最も相談件数が多いです。まずは任務整理から検討してみるといいかもしれませんね。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に再生計画の認可の決定を受けて借金を大幅に減額する制度です。

個人再生では借金を半分や最大で10分の1まで下げることができ、住宅を手放さずに住み続けることが可能です。一方で、任意整理に比べ弁護士費用や裁判所費用が高くなることや手続きにかかる時間が長くなるなどのデメリットもあります。

費用 50万円~70万円程
手続期間 1年~1年6ヵ月程度
個人再生後の返済期間 原則3年(事情により最長5年まで可)

借金を大幅に減らせるメリットはありますが、弁護士費用などの費用も膨らむのでよく検討することが必要です。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

自己破産とは

自己破産とは、自分が所有している財産では支払いが不可能な状態であるときに、裁判所へ破産の申し立てをすることで借金を免除(ゼロ)にする制度です。

ただし、自己破産をするには借金の原因がギャンブルや浪費によるものでは認められないなどの一定の条件があり、それを「免責不許可事由」と言います。

費用 50万円~80万円程
手続期間 1年~1年6ヵ月程度
自己破産の返済期間 原則3年(事情により最長5年まで可)
自己破産でよくある誤解に、『会社をクビになる』『選挙権を失う』『家財道具を全て没収される』『債権者から嫌がらせを受ける』などがありますが、これらは全て誤解なので注意しましょう。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

債務整理の相談窓口にはどんな所がある?

債務整理の相談窓口

1.金融庁が案内する相談窓口

金融庁では多重債務相談窓口の連絡先として、各都道府県別にリーフレットを案内しています。

リーフレットを見れば各市町村の相談窓口や法テラス、弁護士会などの連絡先の案内が載っているので、どこに相談していいか分からないという方は一度金融庁のホームページを見に行くことをお勧めします。

金融庁が案内する相談窓口(例)
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 日本弁護士連合会(日弁連)
  • 日本司法書士会連合会
  • 公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

日本司法支援センター(法テラス)

法テラス

法テラスとは国が設立した法的トラブル解決のための総合案内所で様々な法律相談に対応しており、債務整理に関する相談もできます。

法テラスの最大のメリットは費用が抑えられる点です。1社当たりの債務整理にかかる費用の目安を以下に紹介しているので、参考にしてみて下さい。

任意整理 4万3000円(着手金3万3000円+実費1万円)
個人再生 20万円(着手金16万5000円+実費3万5000円)
自己破産 15万5000円(着手金13万2000円+実費2万3000円)
 審査には時間がかかり弁護士との契約に至るまで2週間以上かかることもあるので、急いで相談したい人には向いていません。

こちらで弁護士を選ぶこともできないので、弁護士との相性の問題などが気になる人は民間の法律事務所がお勧めです。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

日本弁護士連合会(日弁連)

日本弁護士連合会

日本弁護士連合会(日弁連)は弁護士法に基づいて設立された法人で、全国各地のすべての弁護士が登録されています。

 日本全国の弁護士会の法律相談センターを検索して弁護士を探すことができます

債務整理など借金問題の相談は初回の30分を無料で相談できるので、何から相談をすればいいかで迷っている人はまず相談をしてみましょう。

弁護士会の法律相談センターは公的な団体が運営をしていますので安心して相談できますね。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

日本司法書士会連合会

日本司法書士会連合会

日本司法書士連合会は司法書士法によって定められた団体で、司法書士会は全国の都府県に1つはあります。

日弁連と同様に全国の司法書士会を検索することができます。

司法書士と言えば登記とか相続関係の専門家なイメージがあるかもしれませんが、借金問題にも対応可能です。

 債務整理で司法書士が扱える金額は貸金業者1社あたり140万円までです。(過払い金請求の金額も140万円)

司法書士は弁護士に比べて着手金が安い場合もありますが、対応できる金額に上限があるので、1社あたりの債務整理の金額が大きい場合は初めから弁護士に相談しましょう。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

日本クレジットカウンセリング協会

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(Japan Credit Counseling Organization)は1987年に設立された公益社団法人です。

JCCOでは多重債務で返済に困った場合に弁護士などからカウンセリングを受けることができます。公益財団法人なので相談やカウンセリングの費用は全くかかりません。
 任意整理など実際に債務整理を行う場合は、別途弁護士や司法書士に依頼をする必要があります。

無料で相談とカウンセリングを受けることができるので、いきなり弁護士へ相談をすることに敷居が高く感じる人は、こちらに問い合わせて債務整理の手法などについて相談してみましょう。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

2.民間の法律事務所

民間の法律事務所は全国各地にたくさん存在します。

公的な機関に比べると費用はやや高くなる傾向ですが、相談してからの対応の早さは民間の方が早いでしょう。

ただし法律事務所ならどこでも良いという訳ではなく、債務整理を得意とする法律事務所でなければ思うような結果に結びつかない可能性もあります。

債務整理を依頼するときの弁護士や司法書士の選び方については次で解説します。

債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

債務整理を相談する弁護士・司法書士の選び方

弁護士の選び方

弁護士・司法書士を選ぶ際のポイント
  • 債務整理の相談実績が多いか
  • 債務整理の総費用はいくらか

債務整理の相談実績が多いか

まずは債務整理を専門にしているかなど、債務整理の相談実績が多いところを選ぶことが重要です。

また、債務整理の中でも任意整理を希望する場合は任意整理の相談件数や、実際の減額実績など実績の多いところを選ぶ必要があります。

任意整理は相手方(債権者)との交渉次第で結果が変わることもあるので、しっかり見極める必要があるでしょう。見極めるポイントとして口コミなどを参考にしてみてもいいかもしれませんね。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

債務整理の総費用はいくらか

債務整理にかかる費用は相談する法律事務所などによって異なります。

1社の債務整理を行うときにかかる費用の相場を紹介します。

着手金 成功報酬 その他費用
任意整理 2万円~5万円 2万円~4万5000円 1000円前後
個人再生 20万円~50万円程度 2万5000円前後
自己破産 20万円~80万円程度 2万円~3万円程度

法律事務所や借金の状況によって報酬は変わってきますので上記の表はあくまで相場の目安です。
債務整理の相談をするならこちら

おすすめの
法律事務所・法務事務所5選

債務整理におすすめの法律事務所・法務事務所5選

1.はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 債務整理や過払い金の相談実績が20万件以上
  • 相談料及び着手金が無料
  • 出張費無料で全国対応
はたの法務事務所は着手金・初期費用・相談料から全国出張料金までの全てが無料です。
相談実績が20万件以上あり報酬等の分割払いも対応してもらえるので利用した人の満足度も高いことで有名です。
司法書士歴40年の実績も他にはない強みで、債務整理に関するノウハウは十分に備えていると言えるでしょう。
対応業務 過払い請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など
着手金・相談料 無料
対応地域 全国出張対応(土日も可)無料
報酬金 2万2000円~(税込)
減額報酬 減額できた債務の10%(税込)
過払い金請求 回収額の20%(※別途解決報酬1万円/1社)

出典:https://hikari-hatano.com/

全国どこでも無料で出張をしてもらえるのは魅力的ですし、相談実績の多さも安心できますね。

2.東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴
  • 相談費用が何度でも無料
  • 土日も対応可能で全国からの相談受付も可能
  • 債務整理の実績が豊富

東京ロータス法律事務所は、相談費用が何回でも無料で、土日も全国の相談を受付けています。

匿名で簡単な入力だけで24時間365日相談できるメール対応もあるので安心です。

対応業務 過払い請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など
着手金・相談料 着手金:2万2000円~ 相談料:無料
対応地域 全国対応(土日も可)
報酬金 2万2000円~(税込)
減額報酬 減額できた債務の11%(税込)
過払い金請求 回収額の22%(税込)

出典:http://tokyo-lawtas.com/

債務整理の相談が何回でも無料なのは助かりますし、全国から相談を受け付けていることも魅力の1つです。

3.ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理に特化している
  • 債務整理の実績が25年以上
  • 女性専用相談窓口があり女性も安心して利用できる
ひばり法律事務所は債務整理に特化しており、25年以上の実績があります。
顧客満足度も高く女性専用の相談窓口があるので、女性も相談しやすいといった特徴があります。
対応業務 任意整理、個人民事再生、自己破産、過払い請求など
着手金・相談料 着手金:2万2000円~ 相談料:無料
対応地域 全国対応
報酬金 2万2000円~(税込) 5500円/1社
減額報酬 減額できた債務の11%(税込)
過払い金請求 回収額の22%(税込)
出典:https://www.hibari-law.net/

25年以上の実績の長さがあると安心して相談できますし、女性専用の相談窓口があるのも特徴です。

4.弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴
  • 債務整理以外でも税相談などワンストップで対応できる

  • 柔軟かつスピード対応が強み

響グループは弁護士・税理士・社労士・行政書士・調査会社からなる組織であり、法律相談に限らず多方面からの相談に対してワンストップで対応できることが特徴です。

対応業務 債務整理全般、交通事故、相続、離婚など
着手金・相談料 着手金:5万5000円~ 相談料:無料
対応地域 全国対応
報酬金 1万1000円~(税込)
減額報酬 減額できた債務の11%(税込)
過払い金請求 2万2000円+回収額の22%(税込)

出典:https://hibiki-law.or.jp/

費用はやや割高かもしれませんが、スピード対応と法律以外の相談も同時に相談できる点が特徴です。

5.天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所の特徴
  • 24時間365日の電話相談受付

  • 無料で全国出張対応可能

天音総合法律事務所は相談料が無料で24時間365日全国エリアで電話の相談を受け付けていることが特徴です。

無料の出張対応も行っており相談者は自ら赴く必要がないため、時間や費用面でメリットがあります。

対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、相続など
着手金・相談料 着手金:5万5000円~ 相談料:無料
対応地域 全国対応
報酬金 1万1000円~(税込)
減額報酬 減額できた債務の11%(税込)
過払い金請求 回収額の22%(税込)

出典:https://amane-law.or.jp/

無料の出張対応を行っている法律事務所は多くないので助かりますし、24時間365日相談できる点も安心できます。

債務整理に関するよくある質問

債務整理をすべきか迷っています。どうすればいいでしょうか?
借金の返済で生活が困窮しているのなら、一刻も早く相談をすべきです。まずは借金がどれくらい減額できそうか、毎月の返済額がいくらカットができるかなどを無料のシミュレーションを使って調べてみましょう。無料診断は債務整理を扱う法律相談事務所のホームページなどでできます。
債務整理にはどのような方法がありますか?
債務整理には大きく分けると「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。借金の残額や返済余力などにより、実施する手法が変わってきます。
まずは法テラスや法律事務所などで具体的に相談を行い、債務整理の方法を検討すべきでしょう。
多くの法律相談事務所で債務整理の相談は無料で実施しています。
まずは任意整理から検討すべきですか?
任意整理から検討する人がほとんどです。
理由としては費用面で負担が軽く、弁護士等に委任してしまえば交渉から事務手続きまですべて代行してくれますので、債務者は普段通りの生活をおくりながら債務整理ができるという利点があります。
ただし、任意整理をするには安定した収入があるなど一定条件もあるので、自身の状況に応じた債務整理を検討しましょう。
債務整理にかかる費用はどれくらい?
まず「任意整理」にかかる費用は、5万円前後から20万円前後が相場です。
続いて「個人再生」については、少し値段が上がり、20万円前後から50万円程度が一般的です。最後に「自己破産」は最低でも20万円以上はかかり、借金の額などにもよりますが80万円程かかるケースもあります。
依頼する弁護士等によっても総費用は異なってくるので十分な検討が必要です。
債務整理をするとどんなデメリットがありますか?
債務整理を行うとまず個人信用情報に事故情報が入り、新たなローン借入やクレジットカードの新規作成、更新などが一時的(5年~10年)にできなくなります。
自己破産となると、生活必需品以外の資産は基本的に没収され、債務整理手続き中には転居の制限や一部職業の制限などのデメリットが生じます。
自己破産をすると携帯電話も止まりますか?
自己破産をしたことを理由に携帯電話が止まることはありません。自己破産についての誤解は多く、他にも「勤め先にバレて会社を解雇される」「賃貸住宅から退去を求められる」「戸籍謄本や住民票に自己破産が記載される」「年金や生活保護の受給ができなくなる」などがありますが、これらは全て自己破産が理由では起きません。
債務整理はどれくらいの期間がかかりますか?
任意整理であれば最短で2~3ヵ月、長くて6ヵ月程が一般的です。個人再生や自己破産になると、手続きが煩雑化するため1年以上かかることがほとんどです。
もっとも依頼する国の機関や法律事務所によってもスピードの違いはあります。
債務整理の相談にお勧めの法律事務所はありますか?
はたの法務事務所がお勧めです。債務整理の相談が無料で、全国どこでも無料で出張をしてくれます。また着手金についても無料なので費用面でかなりメリットがあります。
相談件数も20万件以上と実績も多いので安心感もあります。

まとめ

今回は債務整理をするにあたってどこに相談をすればいいのか分からないといった人のために公的な機関から民間の法律事務所などを中心に紹介してきました。

債務整理は費用を抑えるなら法テラスなどがお勧めですが、深刻な取り立てや不払いの請求などを早く止めたいならば民間の法律事務所の方が比較的スピーディーです。自分の置かれている状況に応じてどこに相談をすべきか検討しましょう。

弁護士相談となると敷居の高いイメージもありますが、大抵の人は相談をすることで借金の減額に繋がっています。1人で抱え込まず、今回お勧めした法律事務所などに相談をしてみてください。

債務整理の相談は早く行う方が精神的にも楽になることがほとんどです。まずは気軽に相談するところから始めましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事