リクルートカードのポイント還元率を解説!お得なキャンペーン情報も紹介

リクルートカードはポイント還元率が高いとして人気のクレジットカードです。

これからクレジットカードを作る人は、ポイント還元率が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はリクルートカードについて、特徴・メリット・ポイント還元率・活用法など解説します。カード発行を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードの特徴(年会費・還元率)

リクルートカード

リクルートカードの一押しPOINT
  • 年会費が永年無料

  • ポイント高還元率の1.2%

  • 自社サービス利用で更に還元率UP

  • 電子マネーチャージでもポイントが貯まる

  • 充実した補償内容

POINT①:年会費が永年無料

リクルートカードは年会費が永年無料、さらに家族カードやETCカードも年会費無料となっています。

 ETCカードは国際ブランドがMastercard・Visaだと発行手数料1,100円(税込)がかかります。

クレジットカードとして年会費無料は嬉しいポイントです。また、車での移動が多い方にもおすすめ出来る1枚となっています。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

POINT②:ポイント高還元率の1.2%

リクルートカードの特徴

「優待店で還元率アップ」する場合もありますが、クレジットカードの還元率はほとんどが0.5%〜1.0%です。

しかし、リクルートカードはポイントの基本還元率が1.2%と高めなので、ポイントも貯めやすいクレジットカードとなっています。

実際の買い物を思い浮かべて計算してみるとお得度がわかりやすいでしょう。下記を参考にしてみてください。
10,000円の買い物をした場合
  • 還元率0.5%→50ポイント獲得

  • 還元率1.2%→120ポイント獲得

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

POINT③:自社サービス利用で更に還元率UP

リクルートが自社でやっているサービスで利用すれば、さらに還元率がプラスになります。

自社サービスには「じゃらん」や「HotPepper」などがあります。条件や還元率も異なるので、より詳しく知りたい方は公式HPをチェックしてみましょう。

リクルートのサービスと還元率
・「ポンパレモール」+3%
・「じゃらんnet」+2%
・「HotPepperBeauty」+2%
※1.2%に上記%がプラスされます。

じゃらんで宿泊利用や、HotPepperで美容院を予約する際などは積極的にリクルートカードを利用しましょう。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

出典:https://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

POINT④:電子マネーチャージでもポイントが貯まる

リクルートカードの特徴

リクルートカードでは電子マネーへのチャージもポイント付与対象となので1.2%のポイントが付きます。

※月間30,000円まで。

モバイルSuicaや楽天Edyなどが対象です。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

POINT⑤:充実した補償内容

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードですが、各種保険や補償が充実しているのも特徴の1つです。

リクルートカードの付帯保険
  • 旅行損害保険
    海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
    国内旅行 最高1,000万円(利用付帯)

  • ショッピング保険
    国内・海外 年間200万円

旅行や出張など出先での事故補償や、リクルートカードで購入した商品の破損・盗難を90日間補償といった保険が年会費無料で付きます。

補償が充実している分、安心してお買い物できますね。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

申し込み条件 18歳以上
※高校生不可
年会費 永年無料
家族:無料
ETC:無料
※発行手数料1,100円
ポイントの種類 リクルートポイント
※1ポイント=1円
ポイント還元率 1.2%〜4.2%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
付帯保険 旅行損害保険
国内/最高1,000万円
国外/最高2,000万円
※ともに利用付帯

ショッピング保険
国内外/年間200万円

締め日・引き落とし日 毎月15日締め
翌月10日引き落とし
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay

出典:https://recruit-card.jp/basic-card/?campaignCd=crda0001

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードのメリット5つ

メリット①:コスト無しで利用出来る

クレジットカードを作る際は「年会費」が気になりますよね。しかし、リクルートカードは家族カード・ETCカード含めて年会費はかかりません

条件付きで無料になるクレジットカードもありますがリクルートカードは永年無料なので長期の利用でも気にする必要なし。

ただし、MastercardかVisaで作る場合、発行手数料1,100円(税込)がかかります。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

メリット②:コスト無しでも付帯保険が充実

リクルートカードは年会費無料ながら海外旅行損害保険やショッピング保険などの充実した補償が付いています。

これは旅行が好きな方や、出張が多い方にはありがたい利点です。また、お買い物した商品の破損などの補償がされていたりと手厚い保険が魅力です。

ですが、「代金支払」をすることが適用条件なので気をつけましょう。

メリット③:Pontaポイントやdポイントに交換できる

リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードで貯まったリクルートポイントは「Pontaポイント」や「dポイント」に交換することが出来ます。

それぞれ1リクルートポイント=1ポイントの交換レートとなっています。

ポイントの交換はWeb上で申請すれば即時で交換することが出来るのもスムーズで嬉しいメリットです。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

メリット④:ポイントの2重取りも出来る

リクルートカードは電子マネーチャージでもポイントが貯まることを先程紹介しましたが、楽天Edyならポイントの2重取りも出来ます。

楽天Edyでの支払いで0.5%のポイント還元があるので、合算で1.7%の還元率です。

電子マネーチャージでの還元は月3万円以内までが上限となっていますので注意が必要です。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

メリット⑤:系統サービスをよく使うならおトク

リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートが自社で展開している「じゃらん」や「HotPepper」などの利用でポイントの還元率が2%〜3%プラスされます。

 上乗せされるポイントは「他社ポイント」です。リクルートポイントが還元される訳ではありません。

定期的にお金のかかる美容院などでポイントが貯まるという点でも女性の方に人気です。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードのデメリット3つ

デメリット①:保険や補償が自動付帯ではない

リクルートカードには国内外の旅行傷害保険が利用付帯していますが、この利用付帯というところに注意が必要です。
利用付帯とは
利用付帯は「旅行代金(航空券など)を対象のクレジットカードで支払うこと」が適用条件となる保険です。
付帯サービスは持っていれば自動で適用になるクレジットカードもありますが、リクルートカードは決済することで適用なので忘れずに覚えておきましょう。

デメリット②:リクルートポイント自体は使い辛い

リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードはポイントの還元率が高いのが特徴ですが、そのままではやや使い辛いと思う方も多いかもしれません。

ギフト券などに交換も出来ないため、リクルートのサービスで消費するのが基本的な消費の仕方です。

リクルートのサービス
・じゃらん
・HotPepperBeauty
・オイシックス(有機野菜宅配)
他へ交換出来ない限定ポイントなどもあるので、上記のサービスをあまり利用しない方はデメリットに感じるかもしれません。

 

デメリット③:使い分けが出来ればおトクでもない

リクルートカードは還元率が1.2%なので、普段のお買い物でポイントが貯まりやすいというメリットがあります。

しかし利用するサービスによっては、ポイント還元率は独自のクレジットカードの方が高い場合もあります。

サービス毎にクレジットカードを使い分けるのが面倒、という感じる人はリクルートカードの方がおすすめです。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードでのポイントの貯め方・使い方

リクルートカードのポイント:貯め方

リクルートカードでポイントの貯め方・使い方

リクルートカードは高還元率カードと高い評判を得ています。その基本的な貯め方をここで紹介していきます。

①:日常の費用で貯める

リクルートカードは水道代や電気代など一部の公共料金などを支払ってもポイントが貯まります。

税金などの毎月かかる固定費などは、せっかくならポイントを貯めたいですよね。そんな時リクルートカードが活躍します。

対象外の電子マネーチャージや、リボ払いなどポイントが貯まらない支払いもあります。

②:リクルート自社サービスで貯める

ポンパレモール

リクルートが独自で展開しているサービスの利用で2%〜3%のポイント還元率アップになるので、タイミングがあればどんどん利用していきたいところです。

 自社通販サービスの「ポンパレモール」で利用すれば、還元率は4.2%までアップします。

宿泊や美容院などもあるので、貯めるチャンスが多いです。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

③:キャンペーンで貯める

期間限定のキャンペーンなどを活用してたくさんポイントを貯めることもできます。特に先ほど紹介したリクルート自社サービスでは定期的に開催があります。

基本的には「サイト限定ポイント」という形で付与されるので、そのサービスを再度利用する時に便利になりますね。

サイト限定ポイントなどは放置しがちにならないように気をつけましょう。
リクルートカードのキャンペーン詳細はこちら

リクルートカードのポイント:使い方

リクルートカードでポイントの貯め方・使い方

ポイントを貯めたあとは上手に活用出来る様に「使い方」を紹介していきます。

①:Pontaポイントにして使う

リクルートポイントのままでは、対象サービスがやや少ないのでPontaポイントに交換することをおすすめします。

ポイント交換
Pontaポイントは、1リクルートポイント=1ポイントの交換レートとなっています。

Pontaポイントであれば対象のお店は多いので、普段の生活上で利用するシーンが多く便利になると思います。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

②:リクルートのサービスで使う

リクルートカードでポイントの貯め方・使い方

リクルートカードで貯まるポイントは、もちろん自社サービスでも「1ポイント=1円」で使うことが出来ます。

ここまで紹介したサービス以外にも、グルメ関連のサービスなどもありますので貯めたポイントでおトクにランチなんてことも可能です。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードのキャンペーン

リクルートカードのキャンペーン情報
  • 入会&利用で6,000円相当のポイントプレゼント

  • 【JCB限定キャンペーン】新規入会&申込で最大2,200円分プレゼント

新規入会&利用で6,000円相当のポイントプレゼント

リクルートカードのキャンペーン

ポイントプレゼント条件
・新規入会・・・1,000円分
・初めてカード利用・・・1,000円分
・携帯代支払い・・・4,000円分
※カード利用、携帯代支払いともに60日以内

通常は6,000円分相当のところ週末で2,000円分アップしていることもあります。上記条件にも目を通しておきましょう。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

【JCB限定キャンペーン】新規入会&申込で最大2,200円分プレゼント

リクルートカードのキャンペーン

国際ブランドの中でもJCB限定で2,200円分のリクルートポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

ポイントプレゼント条件
・家族カード同時入会・・・1人500円分※2人まで
・同時にスマリボ登録・・・1,000円分
・希望キャッシング枠50万円設定・・・200円分
※2021年4月1日(木) ~ 2021年9月30日(木)
こちらは新規入会した際に、家族も一緒に入会するとポイントが貰えるキャンペーンです。また、スマリボの登録などでさらにポイントが付与されます。

スマリボは、国内外のショッピング1回払いの利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。
最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

リクルートカードの評判・口コミ

リクルートカードの評判・口コミ

リクルートカードの良い評判・口コミ

リクルートカードのユーザーの声にはどのようなものがあるのでしょうか。

リクルートカードの良い評判・口コミ
  • 1.2%の還元率なのでポイントが結構貯まる
  • あらゆるお店でPontaポイントの利用機会があるので嬉しい
  • 公共料金や散髪などの固定費をポイントに出来るが良い
  • Pontaポイントからdポイントに交換すると使いみちが増える
  • 年会費がかからないのに保険が手厚いので旅行も安心
  • 落ち着いたデザインでどこでも提示しやすい

    良い評判・口コミにはやはり高還元率なポイントに関する意見が多いですね。毎月かかる出費のついでにポイントが貯まっていくという点も評価されています。

    日常で貯めたり使ったりの頻度がお多い方にはメリットが沢山ある印象です。
    最大6,000円相当プレゼント!

    リクルートカード
    申込はこちら

    リクルートカードのイマイチな評判・口コミ

    続いてリクルートカードの不満などの評判・口コミを見ていきましょう。

    リクルートカードのイマイチな評判・口コミ
    • サイト限定などのポイントの使い道があまりない
    • ポンパレモールが割高で使用頻度が少ない
    • ポイントを交換するのが面倒
    • 明細管理画面が見にくい

    一方でイマイチという声はポイントの行き場(使い道)についてが多かったですね。リクルートポイントはPontaに変えられない限定ポイントもあります。

    そこまでリクルートのサービス店舗を利用しない人にとってはデメリットが大きくなってしまうかもしれませんね。

      リクルートカードに関するよくある質問

      リクルートカードのポイント還元はどのくらいおトク?
      リクルートカードは基本還元率が1.2%となっています、これはクレジットカードの平均的な還元率0.5%〜1.0%と比べると高い方です。

      例えば年間10万円分のお買い物で計算すると、0.5%のクレジットカードは500ポイント。リクルートカードは1200ポイント貯まることになります。

      リクルートカードがおすすめの人は?
      リクルートカードは基本のポイント還元率が1.2%と比較的高いです。そのためポイントが日常の利用でどんどん貯まっていきます。

      ですが、貯まったポイントの使いみちは限られてきます。リクルート関連サービスをよく使う方であればおトクに生活出来るのでオススメします。

      また、貯まったリクルートポイントはPontaポイントにも変換出来るのでPontaポイントが使える店舗の利用頻度にも注目してみると良いでしょう。

      nanacoカードにもチャージできますか?
      リクルートカードは電子マネーチャージもポイント還元されるので、利用する人は多いです。

      しかし、現在は「nanacoカードへのチャージ」はそもそも登録不可になっています。実は2020年3月12日以降に登録した人は利用出来なくなってしまいました。

      そのため、今現在利用出来るのは、2020年3月12日より前に登録したユーザーのみとなっています。

      リクルートカードのポイント有効期限は?
      リクルートポイントの有効期限は「最終のポイント加算日から12カ月後の月末」です。また、Pontaポイントに変えた場合有効期限が変わってきます。

      PontaIDのみであれば「最終のポイント加算日からぴったり1年間」です。リクルートIDのみor両方のIDがあれば「最終のポイント加算日から12カ月後の月末」となっています。

      リクルートカードのポイント対象外とは

      リクルートカードには一部ポイントが貯まらない対象外の支払いがありますので解説します。

      ・ショッピングリボ払い
      ・分割払い
      ・キャッシング1回払い(国内外)利用分
      ・カード再発行手数料
      ・WAONチャージetc

      ポイントはどこで確認するの?
      リクルートカードで貯めたポイントはPontaWebの「ポイント通帳」という項目で確認します。リクルートIDでログインすることでPontaの方にも共有しています。

      ポイントがいくつあるのかや、有効期限なども確認することが出来ます。

      リクルートカードを紛失したら?
      クレジットカードは紛失した場合、基本的に24時間体制で相談連絡をすることが出来ます。不正利用なども十日感さかのぼって保障してくれることがほとんどです。

      国内国外問わず、万が一紛失したり盗難に遭った際はリクルートカード公式、またはお使いの国際ブランド公式よりお問い合わせがありますので覚えておきましょう。

      まとめ

      今回はリクルートカードの特徴や高還元率なポイントの貯め方・使い方について紹介しました。

      年会費もかからずポイントも貯まりやすいので、これからクレジットカード作成を検討している人にもハードルが低い1枚と言えるでしょう。

      口コミにも良し悪しのそれぞれがありましたが、リクルートのサービスを利用するか・利用頻度はどれくらいかなど、事前に確認しておくと良いと思います。

      日々の出費をおトクなポイント還元で有効利用したい方は、ぜひリクルートカードを検討してみてはいかがでしょうか。

      最大6,000円相当プレゼント!

      リクルートカード
      申込はこちら

      関連記事|クレジットカード

      この記事もあわせて読む

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事