NFTの始め方・買い方を初心者向けに徹底解説!メリットやデメリットも紹介

デジタルデータ・デジタル作品に資産価値を付与できることで注目されている「NFT」。このNFTには暗号資産と同じブロックチェーン技術が使われているのが特徴です。

近年では、ニュースなどのメディアで取り上げられる機会が増えており、NFT関連市場は盛り上がりを見せています。

しかし、具体的にNFTがどのようなものか、どうすれば始められるのか気になる人は多いでしょう。そこでこの記事では、NFTの特徴や始め方などについて解説します。

NFTのメリット・デメリットにも触れていくため、チェックしておきましょう。
NFT用の仮想通貨購入に

仮想通貨取引所
おすすめはこちら

NFTとは?

NFTのイメージ

NFTとは「Non Fungible Token」の略であり、日本語にすると「非代替性トークン」という意味です。

暗号資産と同様にブロックチェーンの技術を利用しているのが特徴であり、取引データが正確に保存されます。

 通常、デジタルデータは簡単にコピーできてしまいますが、NFTであれば偽造ができない仕組みであるため資産価値があるのです。

主にイーサリアムのブロックチェーン技術が使われており、偽造できないことが証明されています。しかし、NFTのやり取りにはイーサリアムの取引と同様に手数料(ガス代)が発生するので注意が必要です。

NFTが進んでいる分野

NFTはデジタルデータ、つまりデジタルコンテンツとの相性が良く活用が進んでいます。NFTが進んでいる主な分野は次の通りです。

主な分野
  • デジタルアート
  • ゲーム(アイテムなど)
  • キャラクタービジネス
  • 音楽
  • ファッション
  • スポーツ
  • 漫画・アニメ
  • トレーディングカード
  • ファングッズ

NFTは今まで価値をつけにくいコンテンツにも、資産として運用できる可能性があります。そのため、今後はNFTに活用できるものであれば、NFT市場に参入することが考えられるでしょう。

このように、さまざまな分野の参入が期待されており、将来性が見込まれています。
NFT用の仮想通貨購入に

仮想通貨取引所
おすすめはこちら

NFTの始め方・買い方

NFTの買い方

NFTの始め方・買い方の流れは次の通りです。

基本的な流れ
  1. 暗号資産取引所で口座をつくる
  2. ウォレットを作成する
  3. ウォレットに入金する
  4. NFTマーケットのアカウントを作ってログインする
  5. NFTを購入する

暗号資産取引所で口座をつくる

NFTは現在、日本円などの現金での支払いに対応していないため、NFTを購入するためには暗号資産を用意する必要があります。

そして、暗号資産を保有するためには、暗号資産取引所の口座を開設します。取引所はそれぞれ手数料や提供しているサービスが異なるため、特徴を比較して選びましょう。

ウォレットを作成する

暗号資産取引所の口座を作成したら、次にNFTコンテンツを保有・管理するための「ウォレット」も作成する必要があります。

代表的なウォレットには「MetaMask(メタマスク)」などがありますが、暗号資産取引所によってはウォレットサービスを提供していることもあります。

 このウォレットもサービスによって特徴が異なるため、それぞれの特性を比較して選ぶことが大切です。

NFTコンテンツを扱うときは、支払いに使う暗号資産とNFTコンテンツの管理ができるものを選ぶと良いでしょう。先程のMetaMaskはいずれにも対応しています。

ウォレットに入金する

暗号資産で入金

NFTコンテンツはウォレットを使って購入するため、ウォレットを支払いできる状態にします。

基本的にNFTの支払いには暗号資産を使うため、先程作成した暗号資産取引所の口座からウォレットに通貨を移動させましょう。

支払いにはイーサリアムが使われることが多いので、まずは、暗号資産取引所でイーサリアムを購入します。次に、購入したイーサリアムをウォレットに送金すれば完了です。

NFTマーケットのアカウントを作ってログインする

NFTコンテンツは、専用のNFTマーケットで販売されています。そのため、コンテンツを購入するNFTマーケットを選び、アカウントを作成してログインした状態にしておきましょう。

NFTマーケットの中には、所有しているウォレットを使ってログインできるものがあります。このようなマーケットであれば、専用のアカウントを作る必要はありません。

NFTマーケットとしてグローバルに展開している「OpenSea」は、MetaMaskを使ってログインできます。
NFT用の仮想通貨購入に

仮想通貨取引所
おすすめはこちら

NFTを購入する

NFTマーケットにログインしている状態で、購入したいNFTをカートに入れます。後は一般的なECサイトと同様に、購入手続きを行いウォレット内の通貨を使って支払いをします。

購入したNFTはウォレットに保存され、管理することが可能です。

NFT購入のための仮想通貨取引所はコインチェックがおすすめ

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • アプリダウンロード数ナンバー1※1
  • 取引手数料無料
  • 口座開設はスマホで最短1日

コインチェックは、アプリダウンロード数ナンバー1の実績がある人気の仮想通貨取引所です。NFTの購入に必要な暗号資産であるイーサリアム(ETH)やその他仮想通貨を購入することができます。

 取引手数料が無料であるほか、口座開設はスマホで最短1日で完了。取引画面もわかりやすさにこだわって作られているため仮想通貨初心者の方におすすめの取引所です。

取引ツールは専用のスマホアプリから利用することもできます。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

NFTのメリット・できること

唯一性の価値を保証できる

NFTで活用されているブロックチェーンの技術は、世界規模の分散されたネットワークを使用しています。

このデータを改ざんするためには、分散されたデータを全て変更しなければなりません。そのため、データを改ざんすることが難しく唯一性の価値を保証できるのです。

 偽造や複製が困難で代えがきかないデジタルデータであるため、NFTは鑑定書付きのコンテンツと同じような役割を担います。

そのため、今まで資産価値を持ちにくかったコンテンツでも、希少性・唯一性が高まることで価値が生まれやすいです。

実際に、Twitterの創設者の1人でありCEOである「ジャック・ドーシー」の最初のツイートをNFTとして出品したところ、約3億円で落札されました。

誰でも購入や販売ができる

NFTは基本的に必要な手順を踏むことで誰でも購入したり、販売したりできます。

ただし、暗号資産取引所によっては口座開設に「20歳以上」などの年齢制限が設けられていることがあるため注意してください。

 近年、NFT市場は盛り上がっており参入しやすいことも大きな特徴で、NFTコンテンツを作成して出品することもできます。

今までイラストや音楽などを制作し、今まで販売する環境がなかった人であれば、NFTを活用することで手軽に販売できるのです。

今まで収益を上げられなかったクリエイターにとっては、ビジネスチャンスが大きく広がります。

将来性に期待できる

NFTは誰でも市場に参入できるので、現在ではNFTとして扱われていないものでも、これからNFTとして販売される可能性は高いです。

将来的にNFT市場はさらに大きくなっていくことが予想されているため、将来性が期待されています。

 NFTはデジタルデータであるため、コンテンツにプログラムを入れ込むことも可能です。

例えば、一次販売だけでなく転売などによる二次販売でも、一定の割合の金額がクリエイター(著作権者)に入る仕組みを構築できます。

そうなれば、流通が起きるごとに収益が発生するため、主に芸術関連のクリエイターの注目が高まっています。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

破損・紛失のリスクがない

NFTのプログラミング

NFTコンテンツは破損・紛失のリスクがないのも大きなメリットです。一般的な資産の場合、物理的な損害を受ける可能性があります。

例えば、自宅に資産を保管している場合、火災・地震などによる被害を受ける場合があります。NFTはデジタルデータであるため、このような被害を受けることはありません。

 また、NFTのデータはブロックチェーン上に保存されているため、操作をしていたスマホやパソコンなどのデバイスが壊れても問題ないでしょう。

同様にデジタルデータも不具合が起きることで破損したり、誤って消去してしまったりすることがありますが、NFTはこのようなリスクも少ないです。

NFTのデメリット

法的な設備が追い付いていない

NFTは比較的新しい技術であり、法的な整備が整っていないのが現状です。例えば、詐欺のようなコンテンツが発行されていたとしても、それを取り締まる法律が整っていないことがあります。

そのため、詐欺被害に巻き込まれたとしても、法律違反にならない可能性があるのです。今後、NFT市場が大きくなることで詐欺などの被害件数は増えていく可能性は否めません。

法律の整備が追いつかないことで、さまざまな問題が生じるかもしれない点には十分注意してください。

手数料の上昇が懸念される

NFTは現在、イーサリアムのブロックチェーンの技術を使用しています。

イーサリアムのブロックチェーンは、ネットワーク上の取引が増加することで、取引時に発生する手数料(ガス代)も増加します。

 このガス代は取引データを処理するために必要なものであり、処理件数が増えることで高騰しやすいです。

NFT市場は注目されているため、今後トラフィックが増えることが予想されています。そうなれば、手数料が今よりも高くなってしまうでしょう。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

物理的に所有できない

バーチャルなデータ

NFTコンテンツは、デジタルデータであるため物理的に所有できません。音楽であれば、CDなどにはならず音声データとして保有し、芸術アートも基本的にモニター上で鑑賞するものです。

そのため、デジタルアートを楽しむためには観賞用のモニターが必要であり、通常のアートと同じように飾ることはできません。

現代では、電子書籍などデジタルデータが増えていますが、やはり物理的に所有しているという実感は得られにくいでしょう。

NFTを購入できるマーケット

Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT

Coincheck NFTは国内の暗号資産取引所である「Coincheck」が運営しているNFTマーケットです。まだβ版であり正式にリリースしていませんが、扱っているNFTコンテンツの種類が多いのが特徴です。

NFTコンテンツの取引時にガス代が発生しないのがメリットであり、利便性が高いNFTマーケットとして注目されています。

Adam by GMO(β版)

Adam by GMO

Adam by GMOも、国内のGMOグループが運営しているβ版のNFTマーケットで、芸術作品をメインに扱っています。

クレジットカード・銀行振込を利用すれば、暗号資産を購入せずにNFTのやり取りができるのが特徴です。

OpenSea

OpenSea

OpenSeaは世界最大級のNFTマーケットであり、世界中のアート作品が集まっています。

さまざまなブロックチェーンに対応しており、各ネットワークのトランザクションを軽減することでガス代を抑えています。

ユーザー数・作品数が多いため、目当てのコンテンツを見つけやすいのが特徴です。

Nanakusa

Nanakusa

Nanakusaは日本企業が運営しているNFTマーケットです。クレジットカードを使うことで日本円でNFTコンテンツを購入できます。

サイト内は日本語で表示されているため、初心者でも利用しやすいのがメリットです。

Rarible

Rarible

RaribleはアメリカのNFTマーケットであり、独自の暗号資産である「RARI」を使って取引を行えます。NFTコンテンツの種類が豊富であり、アート・ゲームアイテムなどを気軽に購入することができます。

さらにRARIを持つことでRaribleの利用方法など決める議決権を得られるため、間接的に運営などに関わることができるのも特徴です。

NFT関連のおすすめ仮想通貨

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインは、NFTプラットフォームである「エンジンプラットフォーム」で利用される暗号資産です。

 エンジンプラットフォームでは、ユーザー同士がチャットしたりアイテムを共有したりできます。

このプラットフォームを利用することで、専門知識がなくてもゲームやアプリを通じてNFTを利用できるのが特徴です。

暗号資産名 Enjin Coin/エンジンコイン
通貨単位 ENJ
発行数上限 1,000,000,000
時価総額 142,778,334,301円
現在(2022年3月18日)の価格 163.39円

出典:CoinMarketCap

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

サンドボックス(SAND)

サンドボックスとは、2022年後半にリリース予定のブロックチェーンゲームのことです。

ゲーム内で利用できる通貨がサンドボックスであり、ゲーム内でのキャラクターやアイテムに価値を持たせることができます。

プレイヤー同士でキャラクター・アイテムの売買も行えるのも大きな特徴です。
暗号資産名 The Sandbox/サンドボックス
通貨単位 SAND
発行数上限 3,000,000,000
時価総額 421,800,478,118
現在(2022年3月18日)の価格 370.00円

出典:CoinMarketCap

ラリブル(RARI)

暗号資産

ラリブルは世界的に規模が大きいNFTプラットフォームであり、そこで利用される通貨のことです。

アメリカのNFTマーケットの1つであり、独自のNFTコンテンツを持つことができます。また、作成したNFTには独自のロイヤリティを設定できるのも大きな特徴です。

暗号資産名 Rarible/ラリブル
通貨単位 RARI
発行数上限 なし
時価総額 5,326,629,408円
現在(2022年3月18日)の価格 801.37円

出典:CoinMarketCap

チリーズ(CHZ)

チリーズは、スポーツとエンターテインメントのために作られた暗号資産です。

 主にプロスポーツクラブが発行しており、ファンは暗号資産を購入することでクラブなどを支援できます。

また、ファントークンを購入したりNFTグッズなどを入手できるなどのメリットもあります。

暗号資産名 Chiliz/チリーズ
通貨単位 CHZ
発行数上限 8,888,888,888
時価総額 146,097,162,981円
現在(2022年3月18日)の価格 24.37円

出典:CoinMarketCap

フロウ(FlOW)

フロウは、次世代のゲーム・アプリなどのNFTをサポートするために開発された暗号資産です。

現在までにブロックチェーンゲームを公開したり、NFTのトレーニングカードを発行したりなど、NFT市場を盛り上げています。

また、決済処理の速度が速く、開発者・消費者の双方にとって使い勝手が良い暗号資産でもあります。

暗号資産名 Flow/フロウ
通貨単位 FlOW
発行数上限 なし
時価総額 232,217,258,512円
現在(2022年3月18日)の価格 652.93円

出典:CoinMarketCap

ディセントラランド(MANA)

暗号資産の種類

ディセントラランドは、イーサリアムのプラットフォームを活用した仮想空間のプラットフォームのことです。

また、その仮想空間内で利用できる暗号資産がディセントラランド(MANA)です。新しいクリエイティブなプラットフォームであり、土地などのNFTをNFTマーケットで売買できます。

暗号資産名 Decentraland/ディセントラランド
通貨単位 MANA
発行数上限 なし
時価総額 519,643,822,034円
現在(2022年3月18日)の価格 281.94円

出典:CoinMarketCap

まとめ

この記事では、NFTの特徴や始め方について解説しました。NFTは唯一無二の価値をデジタルデータに付与することができ、さまざまな分野から注目されています。

NFTだけでなくNFT関連銘柄の価格も上がりつつあるため、特徴や仕組み、始め方を押さえておくのがおすすめです。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事