口座開設手順

自宅や外出先など、好きな場所で手軽に取引を行えるネット証券は、利便性の高さが特徴です。

口座を開設するとキャッシュバックや非売品グッズなどがもらえるキャンペーンも行っているため、キャンペーン中に口座開設すればよりお得に始められるでしょう。

口座の開設には、マイナンバーをはじめ、いくつかの書類が必要です。スムーズに取引を始めるためにも、時間に余裕を持って準備しておくことが大切です。

そこで今回は、ネット証券の口座開設について、必要なものやキャンペーン情報・開設時間などを詳しく解説します。

おすすめのネット証券会社もご紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。
お得なキャンペーン情報をチェック!

初心者におすすめのネット証券
(口座開設無料)

口座開設数が多い!ネット証券おすすめ6選

まずは、初心者が口座開設するのにおすすめのネット証券を紹介します。

キャンペーン情報なども比較しながら参考にしてみてください。
LINE証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
LINE証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
手数料
(約定ごと5万円)
99円(税込)
50円(税込)
0円〜
108円(税込)
手数料
(約定ごと10万円)
176円(税込)
90円(税込)
0円〜
108円(税込)
NISA
IPO
投資信託
キャンペーン

クイズ正解で最大3株分の購入代金もらえる

クレカ積立でVポイント付与率1.0%アップ

新規口座開設&条件達成で1,000円プレゼント

新規口座開設で
最大3か月取引手数料
全額キャッシュバック

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 買付手数料はいつでも0円
  • 1株数百円から投資ができる
  • LINE POINTを活用できる
  • 最短翌営業日から取引スタート可能

LINEアプリで手軽に始められる!

LINE証券
口座開設はこちら(無料)

LINE証券はスマホで利用しやすいネット証券のNo.1に選ばれています※1

 1株数百円から取引できるなど、リスクを軽減しつつ利益を上げやすい仕組みがスマホユーザーに人気の理由と言えます。

また、LINE POINTは1ポイント1円で入金できるため、ぜひ活用してみてください。

LINE Payを使えば、手数料無料で入出金が簡単にできますよ。
※1 公式サイトの文言によります。

LINE証券の口座開設方法

LINE証券の口座開設手順
  1. お客様情報の入力
  2. 携帯電話の認証
  3. 本人確認情報の入力
  4. 口座開設完了

口座開設は、携帯電話の認証を行い3ステップで完了します。なお、オンライン上で本人確認ができる「かんたん本人確認」を利用すると、最短で翌営業日から取引可能です。

主な取扱商品
  • 国内株式
  • 投資信託
  • 信用取引
主な取引ツール(PC)
主な取引ツール(スマホ・タブレット) LINEアプリ
主なキャンペーン情報
  • LINE FX口座開設&1取引だけで最大5,000円プレゼント(2020年10月3日~終了日未定
  • LINE証券初株チャンスキャンペーン(2020年3月5日~終了日未定
口座開設数 約50万口座※2021年2月時点

LINEアプリで手軽に始められる!

LINE証券
口座開設はこちら(無料)

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 手数料税込55円から利用できる
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 初心者向けの学びの場が多い

楽天証券は2020年新規口座開設数で業界No.1に輝いています※1

 楽天ポイントを使い投資ができたり、業界最低水準の手数料※2であったりと、初心者でも使いやすい点が人気を獲得している理由です。

大手企業であるため、安心して利用できる点も支持されている要素だといえるでしょう。

楽天カードを一緒に使うとポイントも貯まりますよ。

楽天証券の口座開設方法

楽天証券の口座開設手順
  1. メール登録をする
  2. 本人確認を実施
  3. 情報入力

最短5分で口座開設申込が完了できます。オンラインで簡単に手続きができるため、公式サイトにてご確認ください。

楽天ポイントが貯まる人気証券

楽天証券
口座開設はこちら(無料)

主な取扱商品
  • 国内株式
  • 投資信託
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険
主な取引ツール(PC)
  • マーケットスピードⅡ
  • マーケットスピード
主な取引ツール(スマホ・タブレット)
  • マーケットスピードⅡ
  • iSPEED
  • iSPEED FX
主なキャンペーン情報
  • 【iDeCo】キャンペーンにエントリー&期間内にiDeCo口座開設でもれなく200ポイントプレゼント
    ※期間:2021年6月1日~2021年8月31日
口座開設数 約508万口座
※2020年12月
楽天ポイントが貯まる人気証券

楽天証券
口座開設はこちら(無料)

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 多数キャンペーン開催中!
  • 口座開設数No.1※1の人気ネット証券
  • 手数料0円から始められてIPO銘柄も豊富
  • 外国株式の取扱国数No.1
  • クレカ積立もできる
  • Tポイントでポイント投資も可能
  • 最短翌営業日から取引可能

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

SBI証券は口座開設数No.1のネット証券です※1

 国内株式の現物取引アクティブプランなら1日の取引金額100万円まで手数料0円です。

口座開設料や維持費もかかりません。初めての方も、少額投資の方も手数料を気にせず取引できます。

SBI証券の大きな特徴は、Tポイントがたまる・使える点です。投資信託などの取引に応じて、Tポイントが貯められます。

Tポイントは1ポイント=1円で投資に利用できるため、実質0円で投資が始められますよ。

SBI証券の口座開設方法

SBI証券の口座開設手順
  1. 申し込み
  2. 本人確認書類の提出
  3. 初期設定
  4. 完了通知の受け取り

SBI証券の口座開設は簡単4ステップで完了します。本人確認書類の提出はネットから可能です。申し込み手続きは最短5分で完了します。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

主な取扱商品

・国内株式

・外国株式

・投資信託

・債券

・FX(外国為替保証金取引)

・先物、オプションCFD(クリック株365)

・金、銀、プラチナ

主な取引ツール(PC)

HAYPER SBI

主な取引ツール(スマホ・タブレット)

・「SBI証券 株」アプリ

・かんたん積立 アプリ

・HYPER FXアプリ

・HYPER 先物・オプションアプリ

主なキャンペーン情報
  • 初めての運用開始&積立利用で最大2,500円プレゼント
    対象者:「WealthNavi for SBI証券」をご利用の方
  • 総合口座開設でIPOチャレンジポイント30ptもらえる!
  • 初めての先物・オプション取引で最大10,0000円キャッシュバック
    対象取引期間:エントリー月の翌月最終営業日まで
  • 【投信お引越しキャンペーン】出庫手数料が全額戻ってくる
    対象者:投資信託を他社からSBI証券に入庫した方
    移管入庫期間:移管入庫期間:2021/10/11(月)~2021/12/10(金)
  • 【NISA・つみたてNISA乗り換えキャンペーン】他社からの金融機関変更で2,000円プレゼント(抽選1,000名)
    対象者:期間中にNISAまたは つみたてNISAの金融機関変更を完了された方
口座開設数 約720万口座
※2021年9月時点
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

出典
SBI証券 公式サイト
※1公式サイトの文言によります。

松井証券

画像

松井証券のおすすめポイント
  • 新規口座開設で松井証券ポイントを200ポイントプレゼント
  • 初めてつみたてNISAを利用する方に、つみたて金額の1%相当の松井証券ポイントプレゼント!※1
  • 手数料0円から利用できる!
  • 25歳以下は株式取引(現物・信用)の手数料完全無料
  • 充実したサポート体制が敷かれている
  • 使い勝手の良いツールが揃っている

50万円まで手数料無料!

松井証券
無料口座開設はこちら

松井証券は手数料0円で利用でき、かつ使い勝手の良いツールを多数用意しています。

 2020年度問合せ窓口格付けにて10年連続三つ星を獲得しているなど、質の高いサービスも魅力のひとつでしょう※2

また、業界では初となる、決済期限がない「無期限信用取引・一日信用取引」を提供している点も特徴です※3

松井証券はシンプルでわかりやすい手数料体系で、1日の取引数が多い方も安心して利用できます。

25歳以下の方は、約定代金などの条件なく手数料が完全無料のため、若年層にも選ばれやすいネット証券といえます。

松井証券の口座開設方法

松井証券の口座開設手順
  1. 口座開設情報の入力
  2. 確認書類のアップロード
  3. 口座開設のお知らせが通知
  4. サイトにログインをして完了

口座の開設方法はオンラインもしくは郵送から選択できます。なお、上記はオンラインでの流れです。

 郵送の場合は申込書類の取り寄せ・返送も含まれるため、オンラインの手続きよりも時間がかかります。
主な取扱商品
  • 株式・現物取引
  • 投資信託
  • 先物・オプション取引
  • NISA/つみたてNISA
  • FX
  • iDeCo
主な取引ツール(PC)
  • ネットストック・ハイスピード
  • 株価ボード
  • チャートフォリオ
主な取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 株touch
  • 投信アプリ
  • LINE公式アカウント(松井証券FX)
主なキャンペーン情報
  • 口座開設で全員に松井証券ポイントを200ポイントプレゼント
    条件:キャンペーン期間中に口座開設完了後、翌月末までに1万円以上の入金
    期間:2021年7月1日(木)~2022年6月30日(木)
  • つみたてNISA応援キャンペーン!初めての利用で積立金額の1%をポイント還元
    対象者:松井証券で初めてつみたてNISAを利用する方・合計7,000円以上のつみたてを行った方
    期間:
    2022年3月31日(木)まで
  • 毎月抽選で100名様に1万ポイントプレゼント!株アプリで取引スタートキャンペーン
    誕生月なら当選確率2倍にUP!
    条件:「松井証券 株アプリ」を利用して取引
    期間:2022年3月31日まで
口座開設数 約127万口座
※2021年3月時点
50万円まで手数料無料!

松井証券
無料口座開設はこちら

出典
松井証券 公式サイト
※1 キャンペーン期間:2022年6月30日(木)まで

※2 公式サイトの文言によります
※3 公式サイトの文言によります

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のおすすめポイント
  • 手数料0円から取引スタート可能!
  • 専任のアドバイザーに相談できる
  • 高機能な取引ツールを用意
  • 投資初心者に役立つ投資情報が充実している
  • 口座開設の申込は約5分でWEB完結

取引ツールの使いやすさが好評!

岡三オンライン証券
口座開設はこちら(無料)

岡三オンライン証券は、2021年オリコン顧客満足度調査にて3年連続で分析ツール1位を獲得した証券会社です※1

 国内の株式取引なら最大200万円までは手数料無料で取引ができるなど、少額なら低コスト投資を行うことができます※2

豊富な商品ラインナップや投資判断に役立つ情報の随時配信など、使い勝手の良さやサービス内容の充実度も高いです。

セミナーも実施されているため、投資初心者にもおすすめですよ。

岡三オンライン証券の口座開設方法

岡三オンライン証券の口座開設手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 口座開設申込フォームに入力
  3. 確認書類をアップロード
  4. 取引パスワードを受け取る
  5. 口座開設完了のお知らせが届き完了

公式サイトでは口座開設の流れを動画で説明しているため、ぜひご活用ください。

取引ツールの使いやすさが好評!

岡三オンライン証券
口座開設はこちら(無料)

主な取扱商品
  • 現物株式
  • 信用取引
  • 先物・オプション
  • 取引所FX
  • IPO
  • NISA
  • iDeCo
主な取引ツール(PC)
  • 岡三ネットトレーダーWEB2
  • 岡三かんたん発注
  • 岡三RSS
  • 岡三ネットトレーダーライトF
  • 岡三オンラインFX WEB
主な取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 岡三ネットトレーダーWEB2
  • 岡三かんたん発注
  • 岡三カブスマホ
  • 岡三ネットトレーダースマ
主なキャンペーン情報
口座開設数

取引ツールの使いやすさが好評!

岡三オンライン証券
口座開設はこちら(無料)

出典

マネックス証券

画像

マネックス証券のおすすめポイント
  • 手数料55円(税込)から利用できる
  • 少額投資が可能
  • 経験豊かなオペレーターが対応してくれる

マネックス証券は、支払った手数料のうち一定額までキャッシュバックされるプログラムなど、お得に取引できる内容が充実しているのが特徴です。

発注から分析まで行える便利なツールにより、誰でも手軽に投資に取り組むことができます。また、専任アドバイザーからサポートを受けられる「対面サポートコース」も利用可能です。

専門家に相談してみたい人やパソコンが苦手な人は、ぜひ利用してみてください。

マネックス証券の口座開設方法

マネックス証券の口座開設手順
  1. メール登録
  2. お客様情報の入力
  3. 本人確認
  4. 口座開設完了

口座の開設は、オンラインもしくは郵送にて申し込みが可能です。

主な取扱商品
  • NISA
  • iDeCo
  • 国内株
  • 米国株
  • FX
  • 債権
  • 信用取引
  • 金・プラチナ
主な取引ツール(PC)
  • マネックストレーダー
  • 銘柄スカウター
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
主な取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 銘柄スカウター
  • マネックストレーダー株式スマートフォン
  • マネックストレーダー先物スマートフォン
  • トレードステーション米国株スマートフォン
主なキャンペーン情報
  • 新規口座開設等でAmazonギフト券プレゼント
    ・証券総合取引口座の新規開設で200円相当
    ・さらにNISA口座開設で200円相当
    ・日本株の現物取引で2,000円相当(抽選100名)
    ※期間:2021年6月7日(月)~2021年8月31日(火)
口座開設数 約216万口座
※2022年1月4日時点

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券のおすすめポイント
  • 1注文毎の手数料が安い
  • 信用取引手数料が無料
  • 高機能かつシンプルな取引システム利用が全て無料
  • IPOの事前入金が不要
  • 口座開設はWEBから約5分で完了

SBIネオトレード証券は、もともとはライブスター証券として運営されていたSBIグループの証券会社です。

 現物取引手数料が安く、信用取引手数料が無料でコストを抑えて取引ができます。

取引手数料が比較的抑えられることに加え、Tポイントをためて取引に使うことが出来るので普段の生活の中でも柔軟に使用することが可能です。

主な取扱商品
  • NISA
  • 投資信託
  • 信用取引
  • FX
  • 日経225先物・オプション取引
  • 東京証券取引所(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)
  • ETF・REIT・ETN
  • ベンチャーファンド
  • カントリーファンド
  • インフラファンド
  • 優先出資証券
主な取引ツール(PC)
  • 高機能ダウンロード版 NEOTRADE R
  • Webブラウザ版 NEOTRADE W
  • 株価ボード
主な取引ツール(スマホ・タブレット)
  • Android版アプリ NEOTRADE S
  • iPhone版アプリ NEOTRADE S

主なキャンペーン情報

  • 国内株式移管手数料キャッシュバックキャンペーン
    他社で支払った移管手数料が最大10万円戻ってくる!
    【対象】
    1か月に100万円以上を入庫された方
    【期間】

    2022年1月4日(火)~2022年3月31日(木)入庫分

ネット証券の口座開設方法

ネット証券の口座開設をするには、主に下記の流れで進めます。

口座開設の流れ
  1. 証券会社を決める
  2. 公式ホームページから申し込みをする
  3. 口座開設情報を入力する
  4. 確認書類を提出する
  5. 口座開設のお知らせが届く
  6. サイトにログインをして完了

多くのネット証券では、上記の流れで開設まで進みます。申し込み方法にもオンラインや郵送など、いくつかの方法があるため、自分の使いやすい方法で手続きを進めましょう。

 必要書類の提出はオンラインであればデータでアップロードします。

郵送で申し込みをする場合は、送られてきた申込書類とともに返信用封筒に入れて送り返しましょう。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット証券の口座開設に必要なもの・マイナンバーは必須?

ネット証券の口座を開設する際は、主に下記の書類が必要です。

口座開設に必要なもの
  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 金融機関の口座

マイナンバー確認書類

数字

マイナンバー確認書類には、下記の書類が挙げられます。

マイナンバー確認書類
  • 通知カード
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • マイナンバーの記載がある住民票の写し・住民票記載事項証明書

通知カードについては、本人確認書類の名前と住所が一致している場合に利用できます。

マイナンバーの記載がある住民票の写し・住民票記載事項証明書は、発行されてから6ヶ月以内のものを提出しましょう。

 マイナンバーカード(個人番号カード)は有効期限内のもので、表裏両面のコピーが必要となるケースが一般的です。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

本人確認書類

本人確認書類の例

本人確認書類として有効なものは、主に下記が挙げられます。

本人確認書類として有効なもの
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード

なお、外国籍の人は、在留カード・特別永住者証明書・住民票をご用意ください。

 未成年が口座を持ちたい場合、親権者による口座開設を必要とするケースもあるため、事前に確認しておきましょう。

中には未成年を対象にした専用口座を用意するネット証券もありますよ。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

印鑑

画像

印鑑は必要書類へ押印する際に必要なため、あらかじめ用意しておいてください。

 オンラインで申し込みをする場合は、印鑑が不要なケースもあります。

押印の有無など、各社の公式サイトの案内をしっかりと確認しておきましょう。

金融機関の口座

ネット証券の口座を開設する際には、キャッシュカード・通帳など口座番号がわかるものをご用意ください。証券会社から送金があった場合に、受け取るために必要となることがあります。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット証券の口座開設にかかる時間

ネット証券の口座開設にかかる時間

各証券会社により差がありますが、ネット証券の口座開設にかかる時間は、1週間程度を目安にしておきましょう。

 申し込み方法によっても要する時間は違いますが、基本的には郵送よりもオンラインでの申し込みの方が手続き完了は早いようです。

手続きに時間がかかる可能性を考え、早めに申し込みをしておくと安心ですね。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット証券の口座開設がおすすめな理由

ネット証券で口座を開設することがおすすめな理由として、下記が挙げられます。

ネット証券での口座開設がおすすめな理由

口座開設がおすすめな理由
  • ネット完結で簡単に開設できる
  • 取引にかかる手数料が安い
  • ネット環境さえあれば取引可能

では詳しく見ていきましょう。

ネット完結で簡単に開設できる

パソコン

ネット証券で口座開設する際は、ネット完結で申し込みで完了できます。

ネット証券は、総合証券と異なり実店舗がないため、インターネット環境さえあれば好きなタイミングで口座開設が可能です。

必要書類もデータでアップロードする形で提出でき、便利ですよ。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

取引にかかる手数料が安い

コイン

ネット証券は、一般的に取引1回あたりの取引手数料が100円前後と手頃なため、手数料による出費を抑えて利益をあげやすいのが特徴です。

 各社で設定されている手数料は異なりますが、0円から数百円程度に収まるケースも多く、初心者でも取り組みやすくなっています。

主なネット証券の手数料について下記表にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天証券

現物取引:0円(税込)~

信用取引:0円(税込)~

LINE証券

現物取引:99円(税込)

信用取引:0円

松井証券

現物取引:0円~

信用取引:0円~

マネックス証券

現物取引:55円(税込)

信用取引:99円(税込)

岡三オンライン証券

現物取引:0円(税込)~
信用取引:0円(税込)~

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット環境があれば取引可能

画像

インターネット上で取引ができるため、ネット環境さえ整っていればいつでも・どこでも利用できます。

 ただし、システムのメンテナンスをしている時間帯もあるため、定期的に各社の公式サイトでメンテナンスの予定をチェックしておきましょう。

自分の都合に合わせて取引ができるため、忙しくてなかなか時間を確保できない人におすすめです。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット証券で口座開設する注意点

最後に、ネット証券で口座を開設する際の注意点を解説します。

主な注意点は2つ
  • 担当者に相談できない
  • セキュリティ上のトラブルが発生するリスクがある

担当者に相談できない

ネット証券での取引時には、店頭証券のように担当者に相談したり、アドバイスをもらったりすることができません。よって、自分で売買の判断をするために、投資に関する日々の勉強が大切です。

 証券会社によっては、無料のセミナーや勉強会を開催していることもあります。

投資について積極的に学ぶ機会を作っていきましょう。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

セキュリティ上のトラブルが発生するかもしれない

画像

ネット証券は、インターネット上で取引をするため、情報漏洩や回線トラブルなどが発生する可能性があります。

 パソコンがウイルスに感染してしまったり、取引に利用するIDやパスワードを盗まれて不正ログインされてしまったりするリスクもあるでしょう。

また、アクセスの集中などで証券会社のシステムがサーバーダウンしてしまう可能性もゼロではありません。

セキュリティ対策を行っている証券会社を選ぶなど、セキュリティにも目を向けることが重要ですね。
ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

ネット証券の口座開設にリスクはある?【Q&A】

ネット証券の口座開設についてここまで解説してきました。

ここでは、多くの方が疑問に思う点をQ&Aで方式で紹介しています。「ネット証券の口座開設ってリスクある?」など、気になる疑問を解消できるようになっています。ぜひ参考にしてください。

口座開設するならどのネット証券がおすすめ?
おすすめはSBI証券楽天証券などです。
SBI証券は口座開設数がNo.1を誇っており、人気であることが伺えます。
楽天証券は業界最低水準の手数料※で、初心者でも使いやすい点で好評です。
取扱商品やキャンペーン情報など、詳細は記事内でチェックできます。
そもそもネット証券とは?
ネット証券とは、基本的にネット上のみで取引を行う証券会社のことを指します。パソコンやスマホなどのネット環境があれば、いつでも取引ができる点が特徴の1つです。
ネット証券の口座開設にマイナンバーは必要?
マイナンバーも口座開設の際に必要なものの1つです。
マイナンバー確認書類として、以下の書類が認められていますので、確認してみて下さい。
・通知カード
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・マイナンバーの記載がある住民票の写し・住民票記載事項証明書
必要なものの詳細はこちらをチェック!
ネット証券の口座開設にリスクはある?
ネット証券の口座開設をする上で考えられるリスクは、不正アクセスや情報漏えいなどです。しかし、これらはネット上で利用できるすべてのサービスに当てはまるので、ネット証券のみのリスクというわけではありません。
ウイルス対策ソフトの導入や、パスワードの徹底管理など対策をして、できる限りリスクを下げましょう。
ネット証券の口座開設にかかる時間はどのくらい?
オンラインでの申込であれば、即日開設可能な場合が多いです。
例として、SBI証券の口座開設にかかる時間を紹介します。

インターネットでの申込:申込後すぐ
郵送での申込:約10日間

郵送の場合はネット申込に比べて時間がかかるため、急ぎの場合はネット申込がおすすめです。

ネット証券の口座開設のメリットは?
ネット証券の口座開設のメリットとして「ネットでかんたんに開設できる」「取引にかかる手数料が安い」「ネット環境があれば取引できる」といった点があげられます。
ネット証券の口座開設のデメリットは?
ネット証券の口座開設のデメリットとして「担当者に相談することができない」「セキュリティ上のトラブルが発生する可能性がある」といった点です。とくにパソコンのウィルス感染には注意しましょう。

まとめ

この記事では、ネット証券の口座開設方法について解説しました。

ネット証券の口座開設は、インターネット環境があれば簡単に手続きを進められるため、自宅からスマートフォンにて手軽に申し込みが可能です。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどで利用できる取引ツールもそろっており、投資が初めての人でも気軽に始められるでしょう。

証券会社によっては期間限定でキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っていることもあります。各キャンペーン情報を比較しながら、利用する証券会社を選ぶのもおすすめです。

今回の解説した内容を参考に、投資にチャレンジしようと考えている人は、投資にネット証券で口座開設をしてみてください。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事