モナコイン(MONA)今後の価格・将来性を予想|おすすめ取引所も紹介

「仮想通貨のモナコイン(MONA)ってどうなんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか。

モナコインは、ネコのキャラクターのアイコンで有名な仮想通貨ですが、果たして今後の将来性があるのかどうか、気になるところです。

そこでこの記事では、モナコインの特徴・メリット、デメリット・今後の将来性について解説しています。

モナコインを購入できるオススメ取引所も紹介しています。
モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?

仮想通貨モナコインとは?

仮想通貨名 モナーコイン
発行枚数 1億512万枚
誕生 2013 年 
発案者 Mr. Watanabe(わたなべ)
時価総額
※2021/10月現在
¥11,433,669,438※

※参照 https://coinmarketcap.com/ja/currencies/monacoin/

モナコインは、日本生まれの仮想通貨。日本の掲示板サイト2chのキャラクター「モナー」をモチーフに、ライトコインをベースに生み出されました。

正式にはモナーコインという名前ですが、モナコイン(MONA)という名前が広まっています。

 モナコインは2chのソフトウェア掲示板で出たアイデアをもとに、開発されました。

開発者は Mr. Watanabe(わたなべ氏)と名乗る人物。本名などの素性は一切明らかになっていません。ネコのキャラクターがアイコンに利用されているため、モナコインは冗談で生み出されたような印象を受けがちです。

しかし、モナコイン実は機能的に優れた部分もあり、実用化もされているのです。

例えば、以下のような形で、モナコインを実際に支払い手段として利用することができます。

モナコインが使える場所
  • ビットコインモール
  • アークオンラインショップ
  • ビットでマネー

他にも実店舗でモナコインが使えるケースもあります。モナコインは決しておふざけのような存在ではなく、存在価値がある仮想通貨として認識されています。

モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

モナコインの特徴・メリット

モナコインの特徴・メリット
  • 取引スピードが速い
  • 様々な場所ですでに実用化されている

取引スピードが速い

モナコインの特徴・メリットは?

取引スピードの速さは、モナコインの大きな特徴です。ビットコインだと10分程度の時間がかかるところ、モナコインは約90秒で完了します。

このことはSegwitという技術が使われていることと関係しています。Segwitとは、取引データを圧縮することで、取引を高速化させる技術です。

 Segwitが開発された当時、ビットコインはブロックのデータ容量の不足で処理速度が遅延していました。

この問題の解決のために、モナコインは世界で初めてSegwitを導入。2017年4月当時、大きな話題になりました。※DMM Bitcoin公式

Segwitは2017年8月23日にビットコインにも導入されましたが、最初に使われたのはモナコインだったのです。
モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

様々な場所ですでに実用化されている

モナコインの特徴・メリットは?

モナコインは取引スピードの速さを活かし、すでに様々な場所で利用されています。

モナコインが使われている場所
  • 海外送金
  • ネットショップでの決済
  • 店舗での利用
  • 投げ銭

特に投げ銭は、モナコインがよく使われる場面です。投げ銭とは気に入ったクリエイターにお金を送ること。昨今では聞き慣れた言葉かもしれません。

 賞賛の気持ちを表現する際に、モナコインが利用されるケースが多いです。

ほかにも、5chの掲示板での書き込みやSNSのアカウントに対しモナコインを送金できるサービスがあります。そこでは、以下のように金額が語呂合わせになるよう調整し、MONAコインが送る文化が根付いています。

モナコインの語呂合わせ
  • 0.00114114(イイヨイイヨ)MONA
  • 0.004649(ヨロシク)MONA
  • 0.007974(ナクナヨ)MONA
このようにモナコインを送る際に、数字に意味を持たせることでメッセージ性を持たせる風潮もあります。

語呂合わせの金額を送る文化は、モナコインによって生まれたものと言えるでしょう。
モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

モナコインのデメリット・注意点は?

モナコインのデメリット・注意点は?

ロードマップが無い

モナコインにはロードマップがありません。そのため、今後世の中でどう利用されるのかが全く分かりません

 ホワイトペーパーも無いので、今後目指しているゴールが見えない状態にあります。

このように開発目的を記したものが何も無いのがモナコイン。将来性があるか否かの判断が、難しい部分があります。

今後モナコインを使ったプロジェクトが発表されれば、将来性の有無を判断しやすくなりそうです。

公式サイトの更新や開発がストップしている

モナコインのデメリット・注意点は?

モナコインには公式サイトがありますが、Copyrightの記載が2013-2018になっています。つまり2018年でwebサイトの更新がストップしているということです。

仮想通貨の業界は日進月歩。常に新しい技術が日々生み出されています。にもかかわらず、3年ほど開発が進んでいないのは致命的です。

 3年前の性能のままでは、今の技術にはとてもついていけないでしょう。

ビットコインやイーサリアムなど超有名仮想通貨も時代に対応するため、数年おきにアップデートしています。今後も時代に合わせた更新が行われないとなると、モナコインは厳しくなっていくでしょう。

開発が再スタートするかどうかが、モナコインの今後に大きく影響しそうですね。

モナコインに将来性はある?

未来のことは断言はできませんが、モナコインの以下特徴から将来性があると推測しても良いかもしれません。

モナコインに将来性があると言える理由
  • アトミックスワップの実装に成功している
  • ホワイトリストに登録されている
  • 新規取引所に上場する可能性
  • モナコインのファン・コミュニティの存在

アトミックスワップの実装に成功している

モナコインに将来性はある?

アトミックスワップとは、取引所などを通さずに個人間で仮想通貨のやり取りができること。通常、仮想通貨取引を個人間で行うと、持ち逃げのリスクがあり安全な取引が難しくなります。

 そのため、仮想通貨取引を行う際には、取引所などの第三者機関の利用が必要です。

しかし、アトミックスワップにより個人間の安全な直接取引が可能になりました。対応した仮想通貨は少ないですが、モナコインは対応しており特徴の1つになっています。

今後、アトミックスワップがより広く活用されるようになかもしれません。そうなれば、早期から対応していた通貨としてモナコインが注目されるでしょう。

アトミックスワップを利用することで、ビットコインとモナコインなど、異なる通貨間での交換も可能です。
モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ホワイトリストに登録されている

モナコインに将来性はある?

ホワイトリストとは、2017年に改正資金決済法が施行され、生まれた言葉。一言で言うと安全とみなされている仮想通貨のリストのことです。

仮想通貨取引所が金融庁への登録性になった際に、取り扱い可能になった仮想通貨のことを言います。

 ホワイトリストに載っている仮想通貨は、一定の審査のうえで安全性が認められていることになります。

過去にはコインチェックが扱っていた仮想通貨の中には、安全性に問題あると判断されたものもあります。匿名性が高く、マネーロンダリングなどに利用される可能性があると判断されたためです。

具体的には、zcashやモネロといった仮想通貨がこれに当たります。かつてコインチェックに上場していましたが、安全性に問題があるため廃止されました。

一方でモナコインは、ホワイトリストに掲載されており、国内取引所でも取扱いが可能になっています。
国内取引所で購入できる仮想通貨は、日本人が気軽に購入できます。そのため、何かのきっかけで買いが集まり価格が高騰する可能性があるのです。
モナコイン(MONA)が購入できる

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

※ https://corporate.coincheck.com/2018/05/18/56.html

新規取引所に上場する可能性

モナコインに将来性はある?

モナコインは、現在様々な取引所に上場しています。2019年にはコインチェック、2020年にはDMM Bitcoinで取扱いスタートしています。

 このように、新規での取り扱いスタートがあると、仮想通貨の価格は上昇する傾向があります。

今後も国内外の新規取引所に上場する可能性があります。その際には、モナコインの価格は上昇するかもしれません。

ファン・コミュニティの存在

モナコインには、数多くのファンが存在します。モナコインは開発当初からコミュニティが活発で、「モナコインを盛り上げよう」という意識を持つ人が多くいました。

そういった活動が、様々なサービスやグッズ制作につながりました。

 モナコインのグッズには、Tシャツやマグカップなどがあります。

こういった根強いファンの存在が、モナコインの将来を明るくする可能性があります。彼らにより、今後モナコインを利用した画期的なサービスや、利用方法が生み出されるかもしれません。

これまでもファンの存在がモナコインの存在感を高めてきました。今後もか価格を決める一因になるでしょう。

モナコインの購入にオススメの取引所3選

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)

コインチェックのココがオススメ
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 販売所・取引所手数料が無料
  • 使いやすいスマホアプリ

      本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

      Coincheck
      口座開設はこちら(無料)

      アプリダウンロード数・取扱い仮想通貨数が国内№1の取引所。初心者にも使いやすい、アプリのインターフェイスが特徴です。※公式より

      金融サービスの大手マネックスグループ傘下なので、セキュリティも安心。安全な環境で、仮想通貨取引を行うことができます。

       マネックスグループのセキュリティノウハウが、コインチェックに活かされています。

      さらに、口座開設速度の速さにも特徴があります。スマホのみで申し込みから最短1日で、仮想通貨の売買を行うことが可能です。

      使い心地のよさで、あらゆる方にオススメできる取引所といえます。
      取扱い通貨数
      ※2021年10月時点
      17種類
      レバレッジ 無し
      販売所手数料 無料
      取引所手数料 無料
      仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
      入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
      クイック入金:770円から(税込み)
      出金手数料 出金手数料:407円(税込み)
      社名 コインチェック株式会社

      本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

      Coincheck
      口座開設はこちら(無料)

      ※参照 https://coincheck.com/ja/

      DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

      DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

      DMM Bitcoinのココがオススメ
      • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1
      • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
      • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能
        ※公式より

      BitMatch注文で手数料を抑えられる

      DMM Bitcoin
      口座開設はこちら(無料)

      DMMグループの仮想通貨取引所。モナコイン(MONA)を含む、15種類の仮想通貨をレバレッジを掛けて取引可能です。

       モナコイン(MONA)もレバレッジ取引可能な通貨に含まれています。

      取引ツールの機能性も充実しています。PC版ツールはもちろん、スマホアプリでも様々なインジケーターでのチャート分析が可能です。

      また、サポートが充実しているところも特徴的。土日祝日含めた365日、LINEや問い合わせフォームから質問できます。

      入出金手数料など、様々な手数料が無料なのもうれしいポイントです。
      取扱い通貨数
      ※2021年10月時点
      15種類
      レバレッジ 2倍
      販売所手数料 無料
      取引所手数料
      ※BitMatch取引手数料を除く
      無料
      仮想通貨の送金手数料 無料
      入金手数料 クイック入金:無料
      振込入金:無料(銀行手数料は利用客負担)
      出金手数料 無料
      社名 株式会社DMM Bitcoin

      BitMatch注文で手数料を抑えられる

      DMM Bitcoin
      口座開設はこちら(無料)

      ※参照 https://bitcoin.dmm.com/

      bitFlyer

      ビットフライヤー

      bit Flyerのここがオススメ
      • ビットコイン取引量が国内№1
      • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
      • 15種類の仮想通貨を100円から売買可能

        公式サイトに記載がある通り、ビットコイン取引量が国内№1の取引所です。取引量が多いため流動性が高く、取引の成立のしやすさが際立っています。

        アプリの使いやすさも特徴的で、シンプルな操作画面で仮想通貨を売買可能です。

         初心者の方でも、直感的な操作で仮想通貨をトレードできますよ。

        bitFlyer lightningでは、上級者も満足できる取引が可能。テクニカル分析を行い、レバレッジを掛けたトレードができます。

        また、様々な店舗やサービスと提携しているのもビットフライヤーの特徴。ビットフライヤーを通して買い物するだけでビットコインをもらえます。

        Tポイントとも提携しており、Tポイントとビットコインを交換できるサービスも展開しています。
        業界最長7年ハッキングゼロ!

        bitFlyer
        口座開設はこちら(無料)

        取扱い通貨数
        ※2021年10月時点
        15種類
        レバレッジ 2倍
        販売所手数料 無料
        取引所手数料 0.01%~0.20%
        仮想通貨の送金手数料 通貨により異なる
        入金手数料 銀行振込手数料 : 各銀行所定
        クイック入金手数料
        ・住信SBIネット銀行から:無料
        ・住信SBIネット銀行以外から:330円(税込)
        出金手数料 220円~770円(税込)
        社名 株式会社bitFlyer

        業界最長7年ハッキングゼロ!

        bitFlyer
        口座開設はこちら(無料)

        ※参照 https://bitflyer.com/ja-jp/

        ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

        よくある質問

        モナコインの購入にオススメの取引所を教えて下さい。
        コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyerの3つの取引所がオススメです。どこでも手軽にモナコインを売買できます。
        モナコインとはどのような仮想通貨ですか?
        2013年にライトコインをベースに作られたのがモナコインです。2chのアスキーアート「モナー」がアイコンに使われています。
        モナコインにはどのようなメリットがありますか?
        Segwitという技術を始めて導入した仮想通貨です。取引スピードの速さが特徴で、ビットコインの10倍程度で送金できます。
        モナコインにはどのようなデメリットがありますか?
        公式サイトの更新や、開発が2018年でストップしているのが不安要素です。ロードマップやホワイトペーパーが無いのもデメリットでしょう。
        モナコインに将来性はありますか?
        将来性が高い可能性はあります。ファン・コミュニティの存在や、アトミックスワップの実装などが、将来性を高めていると言えるでしょう。
        モナコインには実社会で使われているのですか?
        モナコインは、様々なネットショップでオンライン決済に使われています。また、5chでは投げ銭によく使われています。
        モナコインの価格が今後上がりそうですか?
        モナコインには、アトミックスワップの実装など、価格が上がりそうな要素もあります。ファンやコミュニティの後押しも価格上昇要因に成りうるでしょう。

        まとめ

        今回の記事では、モナコインについて、やメリット・デメリット、オススメ取引所について解説しました。

        モナコインはネコのキャラクターがモチーフになっているため、冗談半分で作られたように見られがちですがそうとも言えません。

        Segwit実装による高速な送金速度や、ファンやコミュニティの存在などにより、将来性が高いと思える要素もあります。

        モナコインは国内の取引所で気軽に購入可能です。この機会に取引所の口座を作り、購入してみるのもいいでしょう。

        ふざけて作られたように見られがちですが、モナコインは将来性が高い可能性もあります。ぜひ参考にしてください。
        本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

        Coincheck
        口座開設はこちら(無料)

        関連記事|仮想通貨(暗号資産)

        この記事もあわせて読む
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事