生活費 クレジットカード おすすめ

国がキャッシュレス化を推進していることもあり、今では様々な場所でクレジットカード決済ができるようになりました。日々の生活費を現金からクレジットカードに切り替えるだけで節約になるといわれています。

本記事では生活費の支払いにおすすめのクレジットカードを13枚ピックアップし概要や特徴を紹介します。

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高い還元率でポイントが付与される場合がございます。

生活費をすべてクレジットカード払いにするメリットや、おすすめカードの選び方についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

生活費の支払いにおすすめの人気クレジットカード13選

生活費の支払いにおすすめのクレジットカードをピックアップし、特徴について解説します。

特におすすめしたいのが以下の3枚!

生活費 クレジットカード おすすめ

生活費の支払い・管理におすすめのクレカ
  • JCB CARD W
    年会費永年無料でいつでもポイント2倍のお得な一枚。パートナー店での利用で最大10倍に!
  • ライフカード
    本カード&ETCカードが年会費無料!お誕生月の利用で最大3倍・L-mall経由で最大25倍!
  • 三菱UFJカード VIASOカード
    貯まったポイントは自動キャッシュバック!新規入会特典で10,000円もらえる!

本記事では、「ポイント還元率」「年会費の有無」「キャンペーンの有無」を比較して、生活費をよりお得に支払えるクレジットカードをピックアップしています。

ここから各カードについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

JCB CARD W
三菱UFJカード
VIASOカード
エポスカード
三井住友カード(NL)
dカード
楽天カード
イオンカード
リクルートカード
JCBカードW
三菱UFJカード VIASOカード
エポスカード
三井住友カード(NL)
dカード
楽天カード
イオンカード
リクルートカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0~10.0%
0.5~1.5%
0.5%
0.5~5.0%
1%
1%
0.5%
1.2%
発行
最短3営業日
最短翌営業日
最短即日
最短5分

審査完了後、最短5日
申込後1週間~10日程度
最短当日
最短3営業日
国際ブランド
JCB
Mastercard
VISA
VISA
Mastercard
VISA/Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
AMEX
VISA
Mastercard
JCB
JCB
特典
キャンペーン

Amazon利用で
最大10,000円プレゼント

最大10,000円
キャッシュバック
2,000円分
ポイント進呈

新規入会&利用で
最大6,500円相当進呈

合計最大8,000ポイント進呈

最大5,000円相当プレゼント
最大5,500円相当プレゼント

新規入会&利用で最大6,000円相当プレゼント

申込対象
18~39歳
満18歳以上(高校生除く)
18歳以上(高校生除く)
18歳以上(高校生除く)
18歳以上(高校生除く)
18歳以上
(高校生を除く)
18歳以上
(高校生不可)
-

JCB CARD W(JCBカード W)

JCBカードW

JCBカード Wのおすすめポイント
  • Amazon利用で最大12,000円キャッシュバックキャンペーン開催中!
  • 友達紹介で最大5,000円相当プレゼント

  • 年会費永年無料
  • 常にポイント2倍の高還元カード
  • WEBで手軽に明細確認ができる

※JCB一般カードとの比較。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

【新規入会キャンペーン】Amazon利用で最大12,000円キャッシュバック!

JCBカードW キャンペーン

キャンペーン期間中に、AmazonにてJCB CARD W・JCB CARD W plus Lで買い物をすると最大12,000円がキャッシュバックされます。

キャンペーン詳細は次のとおりです。

対象入会期間 2021年12月8日(水)~2022年1月31日(月)
内容 MyJCBアプリにログインのうえ、JCB CARD W・JCB CARD W plus LでAmazon.co.jpを利用する
備考 カードご入会月+2ヵ月後15日までにMyJCBアプリにログイン&Amazonを利用

さらに、抽選でJCBギフトカード5万円分が当たるチャンスも!お得なキャンペーン開催中の今、JCBカードWに入会してみてはいかがでしょうか。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

出典:「JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン」-JCBカードW 公式サイト

WEBで手軽に明細確認ができる

入会と同時にMyJCBとMyJチェックに自動登録されるため、郵送の利用明細は届きません。いつでもWEB上にて、手軽に利用明細を確認できます。

申し込み条件 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費 無料
ポイント Oki Dokiポイント
通常ポイント還元率 1.0%
※1,000円(税込)につき2ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
国際ブランド JCB
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 新規入会で最大10,000円相当をプレゼント
  • 「Visa」「MasterCard」「JCB」の3つから選択ができる
  • 年会費が永年無料

  • 初年度ポイントは1.5倍、誕生月は3倍

  • 最短3営業日でカード発行!
  • 利用金額に応じて

年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

初年度のポイントが1.5倍、誕生月は3倍

ライフカードの基本ポイントは利用金額1,000円につき、1ポイントが付与されます。ステージ制のプログラムとなっており、利用金額に応じてポイント倍率は増加

年間利用金額が200万円以上ならプレミアムステージとなり、ポイントは2倍となります。

 また登録初年度のポイントは無条件で1.5倍、誕生月は3倍のポイントが付与されるのでお得にポイントがゲットできます。

貯まったポイントは「ANAマイレージクラブ」「Gポイント」「Pontaポイント」「楽天ポイント」に移行できるので、いろんな生活圏で利用が可能です。

ライフカードでは新規入会プログラムとして最大10,000円相当をプレゼントしています。条件を達成して特典をもらいましょう。
年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント LIFEサンクスポイント
ポイント還元率

0.5%

※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=1円相当

国際ブランド Visa・MasterCard・JCB
主な付帯保険 国内/海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日

毎月5日締め当月27日または翌月3日払い

キャッシング利用 可能
年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 携帯・インターネット・ETCでの利用ポイントが2倍
  • 年会費が永年無料

  • オートキャッシュバック機能

  • 新規入会で最大10,000円をキャッシュバック

最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード
申込はこちら

自動で還元のオートキャッシュバック機能

ポイント還元の手続きは面倒でついつい忘れていたり、ポイント失効させてしまうこともありますが、三菱UFJカード VIASOカードならポイントを自動でキャッシュバックしてくれるので安心です。

 入会月から1年後に貯まったポイントが自動キャッシュバックされます。

ショッピング代金1,000円で5ポイントがたまり、1ポイント1円として換算されます。

携帯・インターネット・ETCでの三菱UFJカード VIASOカード利用ならポイントが2倍になるサービスもあります!
申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
主な付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード
申込はこちら

出典:三菱UFJカード VIASOカード 公式サイト

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 最短即日発行&年会費無料
  • ポイントUPサイトの経由でポイントが最大30倍
  • ポイントが貯まりやすい&使いやすい
  • 全国約10,000店舗で優待が受けられる
2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

ポイントUPサイトの経由でポイントが最大30倍!

ポイントUPサイトを経由してネットショッピングをすると、ポイントが2〜30倍にアップします。

ネットショップは楽天やユニクロ、Qoo10など、400店舗以上が揃っています。人気ショップのポイント倍率を一部紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

ポイント倍率※2021年6月時点
  • 楽天市場:2倍
  • Yahoo!ショッピング:2倍
  • Qoo10:3倍
  • ベルーナ:10倍

ポイント倍率は時期によって異なるため、都度チェックしましょう。
2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

ポイントが貯まりやすい&使いやすい

エポスカードは日常生活で使っているだけで、ポイントをザクザク貯められます。

例えば、ガス・電気・水道料金、プロバイダ料金・定期券などの毎月発生する生活費、月々の保険料の支払い、ネットショッピング……など貯まるシーンは様々です。

貯まったポイントは、エポスVisaプリペイドカードに移行したり、商品券やギフト券に交換できます

ネット通販の支払いに充てることもできますよ。
エポスVisaプリペイドカードとは?
エポスカードで貯まったポイントを移行したり、チャージができるプリペイドカードのことです。
次の2点の特徴があります。
・ポイントは1pt=1円でチャージ可能
・利用金額の0.5%(200円ごとに1円)がキャッシュバックされる
VISA加盟店であればどこでも利用できます。

生活費の管理が大変な方は、エポスカードで一括管理してみてはいかがでしょうか。
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント エポスポイント
通常ポイント還元率 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
国際ブランド Visa
主な付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 口座引き落としの場合

  • 毎月4日締め翌月4日払い
  • 毎月27締め翌月27日払い
キャッシング利用 可能

出典:エポスカード 公式サイト

2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

セブンカードプラス

セブンカードプラス

セブンカードプラスのおすすめポイント
  • 対象店舗での利用で還元率が2倍
  • 年会費が永年無料

  • 1枚のカードでクレジットカードとnanaco機能を搭載
  • nanacoへのチャージだけでポイントが付与

nanacoへのチャージだけでポイントが付与

セブンカードプラスが多くの人に選ばれる理由のひとつに、nanacoとの紐付けがあります。

クレジットカード機能とnanaco機能が一体型となっているカードもあり、セブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用でポイントが2倍還元されます。

 またnanacoへのクレジットカードチャージでもポイントが貯まるのが最大の魅力です。

nanacoへのクレジットチャージで200円ごとに1nanacoポイント、そのチャージしたnanacoで支払うと更に1ポイントが付与されます。

現在は新規入会キャンペーンとして、条件達成で最大6,700ポイントがもらえます!
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイント nanacoポイント
ポイント還元率

0.5%

国際ブランド Visa・JCB
主な付帯保険 ショッピング保険
締め日・引き落とし日

毎月15日締め翌月10日払い

キャッシング利用 可能

出典:セブンカード 公式サイト

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 新規入会&利用キャンペーンで最大6,500円相当プレゼント
  • 年会費が永年無料

  • 対象店舗での利用でポイント最大5%還元※1

  • 最短5分で即時発行可能!※2
  • カードの管理はアプリで簡単!紛失の心配も不要

最大6,500円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

※2 最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

年会費が永年無料!無駄な出費がない

三井住友カード(NL)は、年会費が永年無料です。カードによっては、条件付きで無料になるという種類も少なくありませんが、無条件なことから無駄な出費がなく所持しやすくなっています。

家族カードも年会費無料で、かつ人数制限がありません。申し込み条件を満たしていれば、家族全員で所持することも可能です。

決済に使う場所により還元率がアップ|対象店舗で最大5%還元※1

三井住友カード(NL)は、次の店舗で決済に使用すると通常の還元率にプラス2%加算されます。

還元率がアップする店舗
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • マクドナルドなど

 

コンビニ2社とマクドナルドなどという、比較的身近な店舗での支払い※2でポイントが効率良く貯められます。

Visaのタッチ決済やMastercard®コンタクトレスによる支払いをすると、さらに2.5%が還元されるため合計最大5%にアップします。

対象店舗を3つまで登録すると、通常還元率にプラス0.5%されるため、こちらもぜひチェックしておきましょう。
※2 店頭での利用が対象。
申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5~5.0%
※200円(税込)につき1ポイント付与
国際ブランド Visa・Mastercard
主な付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月15日締め翌月10日払い
  • 毎月末日締め翌月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

最大6,500円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

dカード

dカード

dカードのおすすめポイント
  • 新規入会&各種設定&利用で合計最大8,000ポイントプレゼント
  • 年会費永年無料
  • 最短5分で審査完了
  • ドコモユーザーなら1ポイント単位でケータイ料金に充当できる
  • 加盟店での利用でポイント加算

※9:00~19:50の間に申し込みが完了した場合。かつ、引き落とし口座の設定手続きが申込時に完了している場合。

合計最大7,000ポイントもらえる!

dカード
申込はこちら

iDでの支払いが可能

生活費の支払いにおすすめのクレジットカード8選

dカードには電子マネー”iD”が一体となっています。スマートフォンまたはカード自体を、専用の読み取り機にかざすだけで決済が完了するため、使い方は簡単です。

iDでの支払いでdポイントが貯められます。小銭いらずでサイン不要なため、レジでの支払いが大変スムーズです。

加盟店での利用でポイント加算

dカード ポイント

加盟店で支払いに使うことで通常の還元率に加算されるため、効率良くポイントを貯められます。主な加盟店は次のとおりです。

dカードの主な加盟店
  • マクドナルド
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • コスモ
  • エディオン
  • 高島屋
  • 洋服の青山
  • ユニクロ
  • すき家

 

合計最大7,000ポイントもらえる!

dカード
申込はこちら

 

申し込み条件 満18歳以上であること(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイント dポイント
通常ポイント還元率 1.0%
※100円(税込)につき1ポイント
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • お買い物あんしん保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

合計最大7,000ポイントもらえる!

dカード
申込はこちら

楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • 楽天市場の利用で還元率が最大3倍
  • ポイントがザクザク貯まる&使いやすい
  • 旅行に嬉しい優待サービスを用意

キャンペーンでお得に入会!

楽天カード
申込はこちら

ポイントがザクザク貯まる&使いやすい

生活費の支払いにおすすめのクレジットカード8選

楽天カードは、楽天関連のサービスで決済に使用すると効率よくポイントが貯められます。特に楽天市場では、ポイント還元率の大幅アップが見込めます。

楽天関連サービスでの還元率
  • 楽天市場で通常の最大3倍
  • 楽天トラベルで通常の最大2倍
  • 楽天カード優待店で通常の最大1.5倍~

 

また、貯めたポイントは次のような使い方が可能です。期間限定ポイントは交換できないため注意しましょう。

主な楽天ポイントの使い方
  • 楽天のサービスで利用する
  • マイルや他社ポイントに交換する
  • 楽天カードの利用代金に使う

キャンペーンでお得に入会!

楽天カード
申込はこちら

旅行に嬉しい優待サービスを用意

生活費の支払いにおすすめのクレジットカード8選

旅行時に役立つ、次のような優待サービスが用意されています。旅行に行く機会が多い人は、メリットを感じやすい内容だと言えるでしょう。

優待サービス(一例)
  • 海外レンタカー10%オフ
  • 携帯・Wi-Fiルーターレンタル20%オフ
  • 手荷物宅配優待サービス
  • 楽天カード会員専用ハワイラウンジの無料利用

キャンペーンでお得に入会!

楽天カード
申込はこちら

申し込み条件 年齢18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント 楽天ポイント
通常ポイント還元率 1.0%
※100円につき1ポイント付与
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス
主な付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 毎月月末締め翌月27日払い
キャッシング利用 可能

出典:楽天カード 公式サイト

キャンペーンでお得に入会!

楽天カード
申込はこちら

イオンカードセレクト

イオンカード

イオンカードセレクトのおすすめポイント
  • オンライン申込で即日発行
  • イオングループでの買い物がお得
  • 公共料金の支払いでポイントが貯まる
  • 新規入会キャンペーン開催中

※仮カードの発行、本カードは後日送付。お申込みの時間帯によっては即日発行に対応できない場合がございます。

最大5,000ポイントもらえる!

イオンカードセレクト
申込はこちら

イオングループでの買い物がお得

イオングループの対象店舗で買い物をすると、WAON POINTがいつでも基本の2倍貯まります。また、下記の特典も見逃せません。

特典内容
  • 毎月10日の『AEONCARD Wポイントデー』はイオンカードセレクトの支払いで基本の2倍貯まる
  • 毎月20日と30日の『お客さま感謝デー』はイオン系列店の買い物代金が5%オフになる

 

普段からイオングループを利用することが多い人にとっては、大変メリットを感じられるクレジットカードです。
最大5,000ポイントもらえる!

イオンカードセレクト
申込はこちら

公共料金の支払いでポイントが貯まる

イオンカードセレクトを公共料金の支払いに使うと、各種公共料金の口座振替1件につき5WAONポイントがプレゼントされます。

イオン銀行の口座振替は電気・固定電話・携帯電話・NHKのみ利用可能です。
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方
年会費 無料
ポイント WAON POINT
通常ポイント還元率 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
主な付帯保険
  • ショッピングセーフティ保険
  • 盗難補償
締め日・引き落とし日 毎月10日締め翌月2日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

イオンカードのキャンペーン情報

WEBからの新規入会&利用でWAON POINT最大5,000ポイントプレゼント!
【ポイント内訳】新規入会&利用で最大5,000ポイント/WEB申し込みであればさらに1,000ポイント
申し込み期間:2022年6月10日(金)まで

最大5,000ポイントもらえる!

イオンカードセレクト
申込はこちら

ソラチカカード

ソラチカカード

ソラチカカードのおすすめポイント
  • 「PASMOカード」と「ANAカード」の機能が一体
  • PASMOオートチャージ機能付き
  • 初年度の年会費が無料
  • 2年目以降の年会費も実質無料

ソラチカカードは初年度年会費が無料、2年目以降は2,200円の年会費が必要です。ただし継続更新することで年会費以上のボーナスマイルを受け取れるので、実質無料で利用可能です。

ANAのマイルが貯まる

ソラチカカード
WEB申込はこちら

東京メトロやメトロポイントPlus加盟店での買い物がお得

東京メトロの1乗車につき平日5ポイント、土休日は15ポイントのメトロポイントが貯められます。

またメトロポイントPlusに申し込みしたPASMOで、メトロポイントPlus加盟店にてPASMO電子マネーを利用すればメトロポイントを貯められます。

メトロポイントの貯まり方
  • PASMO電子マネーで自動販売機利用(100円で1ポイント)
  • PASMO電子マネーで加盟店利用(200円で1ポイント)

 

東京メトロの乗車が多い人には特におすすめのカードです。

申し込み条件 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方
年会費 初年度無料(2年目以降2,200円)
ポイント メトロポイント
クレジットカード会社ポイント
ANAマイル
通常ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内航空傷害保険:最高1,000万円
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:Tokyo Metro To Me CARD 公式サイト「ソラチカ一般カード」

ANAのマイルが貯まる

ソラチカカード
WEB申込はこちら

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
  • 基本の還元率が1.2%と高還元

  • 固定費の支払いにおすすめ
  • リクルートのポイント参画サービスでの決済でポイント最大4.2%還元
  • 貯めたポイントはPontaポイントに交換できる

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

基本の還元率が1.2%と高還元

リクルートカードは基本還元率が1.2%と、かなり高めの設定となります。

1万円の買い物で120円分も貯まるため、生活費の支払いに使うと大量のポイントを獲得可能です。リクルート関連のサービスで決済に使うと、次のとおり還元率がアップします。

リクルート関連での還元率※
  • じゃらんでの宿泊予約で3.2%
  • ホットペッパービューティーで3.2%
  • ホットペッパーグルメで3.2%

 

効率良くポイントを貯めるためにも、ぜひ還元率アップの方法については把握しておいてください。

貯めたポイントはPontaポイントに交換できる

リクルートポイントは、Pontaポイントに交換できます。Ponta提携店舗で活用できるため、より使える幅が広がるため便利です。

リクルートのサービスでリクルートポイントを使う、あるいはPontaポイントに交換して提携先で使うなど、ライフスタイルに合わせた活用方法から選択できます。

固定費の支払いにピッタリ

リクルートカードは普段の買い物だけでなく、光熱費や携帯代、通学・通勤のSuicaチャージなどの支払いにも使えます。

どこで使っても1.2%の高還元率が適用されるため、固定費の支払いにピッタリです。

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイント リクルートポイント
通常ポイント還元率 1.2%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
主な付帯保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
締め日・引き落とし日 15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

最大6,000円相当プレゼント!

リクルートカード
申込はこちら

Orico Card THE POINT

オリコ・ザ ・ポイントカード

Orico Card THE POINTのおすすめポイント
  • 年会費無料
  • いつでもポイント還元率が1.0%以上
  • 入会後の6ヶ月間は還元率2.0%にアップ

  • iDとQUICPayをダブル搭載

入会後の6ヶ月間は還元率2.0%にアップ

生活費の支払いにおすすめのクレジットカード8選

Orico Card THE POINTの通常還元率は1.0%ですが、入会後6ヶ月間は2.0%にアップします。そのため、日々の支払いに活用すると、ザクザクポイントを獲得できるのです。

iDとQUICPayをダブル搭載

電子マネー”iD“と”QUICPay“がダブルで搭載されています。サインレスで、専用の読み取り機にカードもしくはスマートフォンをかざすだけで決済が完了するため使い勝手抜群です。

全国に多くの使用可能店舗があるため、スピーディーな支払いに対応します。
申し込み条件 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 無料
ポイント オリコポイント
通常ポイント還元率 1.0%
※100円につき1ポイント付与
国際ブランド Mastercard・JCB
付帯保険 紛失・盗難保障
締め日・引き落とし日 毎月末日締め翌月27日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシックのおすすめポイント
  • 即時審査サービスによりAmazonですぐ買い物ができる

  • Amazonでの買い物でポイントが貯めやすい

即時審査サービスによりAmazonですぐ買い物ができる

必要事項を入力して3分程度で、利用枠3万円の仮カードが発行されます。

仮カードは番号のみ発行され、すぐにAmazonでの買い物で支払いに活用可能です。

仮カードの詳細は次のとおりです。

仮カード名称 Amazonテンポラリーカード
申し込み条件 20歳以上で支払い口座がインターネットで手続き完了できる方
支払い方法 1回払いのみ
支払い日 月末締め翌月26日払い
利用可能枠 3万円
有効期限 テンポラリーカード発行日の翌々月末日まで

Amazonでの買い物でポイントが貯めやすい

Amazonで買い物をする際、還元率が1.5%にアップします。

 Amazonプライム会員であれば2.0%となるため、非常にポイントが貯めやすいです。

普段からAmazonでネットショッピングをする人は、ぜひご活用ください。

申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 初年度無料・翌年度1,375円(税込)
※翌年度以降は前年度1回以上の利用で無料
ポイント Amazonポイント
通常ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard
主な付帯保険 お買物安心保険
締め日・引き落とし日 毎月末日締め翌月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:公式サイト

クレジットカードで支払いが可能な生活費の範囲

多くの店舗や施設、サービスがクレジットカードに対応しているため、生活費の大部分をカード払いにできます。クレジットカードで支払いができる生活費には、次のようなものがあります。

クレジットカードで支払いが可能な生活費(例)
  • コンビニ
  • スーパー
  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • ファーストフード店
  • カフェ
  • レストラン
  • 居酒屋
  • ガソリンスタンド
  • 携帯電話料金、固定電話料金
  • インターネット回線料金
  • 映画館
  • カラオケ
  • 美容室、エステサロン、ネイルサロン
  • アパレルショップ
  • インテリア・雑貨
  • タクシー代
  • レンタカー代
  • 遊園地
  • 生命保険、自動車保険、損害保険
  • NHK受信料
  • 税金(所得税、住民税、固定資産税、相続税、贈与税、不動産取得税、自動車重量税など)
  • 国民年金保険料
  • ふるさと納税
  • ECサイト
  • 動画配信サービス

一部の店舗ではクレジットカード支払いができない場合があります。

多くのコンビニやスーパー、ホームセンターがクレジットカードに対応しています。

お米やパン、惣菜、お酒、電池、シャンプー、ボディーソープなど、日々の食料品や日用品をカード払いで買うことができます。

飲食代が高額になった場合は、分割払いにすることも可能です。美容室やエステサロン、ネイルサロンでも利用できるため、事前にATMで現金を引き出す必要がありません。

多くのタクシーもクレジットカードに対応していて、Uberなどの配車サービスでもクレジットカードで楽に決済できます。

税金もクレジットカード払いで!

また、驚く方もいますが、税金もクレジットカードに対応しています。

 一部決済手数料(83円〜)はかかりますが、所得税や贈与税、住民税などの国税・地方税をクレジットカードで支払うことができます。

国民年金保険料やふるさと納税もクレジットカードで支払いができるので便利です。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECサイトやNetflix、Huluなどの動画配信サービスの買い物代金や利用料金もカード払いができます。

クレジットカード払いが難しい生活費もある

一方で、家賃や医療費、切手などはクレジットカード払いが難しいことが多いです。

家賃は口座振替、病院の医療費や切手代は現金払いが一般的です。

カード読み取り機器や決済手数料などのコストを考え、クレジットカード対応を見送る飲食店や小売店もあります。

ここで紹介したように、生活費の大部分でクレジットカード払いが可能です。毎日ポイントを貯めることができ、家計管理もしやすくなります。

クレジットカード払いで生活費はこれだけお得になる!

生活費をクレジットカードで支払えばどれだけお得になるのでしょうか?

ここでは総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)2021年8月分」を参照に見ていきましょう。

食費 81,412円(814ポイント)
住居 18,117円(181ポイント)
光熱・水道 19,052円(190ポイント)
家具・家事用品 13,978円(139ポイント)
被服及び履物 6,579円(65ポイント)
保健医療 13,727円(137ポイント)
交通・通信 37,731円(377ポイント)
教育 7,423円(74ポイント)
教養娯楽 25,155円(251ポイント)
その他の消費支出 43,464円(434ポイント)
合計 233,976円(2339ポイント)

還元率が1.00%だった場合、1ヶ月で2339ポイント貯まることが分かります。

年間にすれば28068ポイントなので、1ヶ月分の光熱費・水道費の支払いにあててもお釣りがきます。

生活費をクレジットカード払いに変えるだけでこれだけお得になるんです。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

生活費をすべてクレジットカードで支払うメリット

生活費をすべてクレジットカードで支払うメリットとして、主に次のものが挙げられます。所有するカードによって享受できないメリットもありますが、基本的に次の3つはほとんどのカードで得られるメリットです。

メリット
  • ポイントが貯められる
  • 家計管理がしやすくなる
  • カードを所持することで割引が受けられる場合がある

メリット①ポイントが貯められる

生活費をすべてクレジットカードで支払うメリット

クレジットカード払いにすることで、各カードに設定されている還元率に従い、ポイントが貯められる点は大きなメリットといえるでしょう。

貯めたポイントは後々現金と同様の扱いで使えるため、家計の節約に繋げられます。支払いスピードも早くなるため一石二鳥です。

現金払いではただ支払うだけになるため、カード払いとの大きな違いです。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

メリット②家計管理がしやすくなる

クレジットカードで生活費を支払うと、利用明細としてすべて残ります。何にいくら使っているかがすぐわかるため、家計の収支を簡単に管理できるでしょう。

毎月決まった日に口座から引き落としされるため、わざわざ自分で支払い手続きをする必要がありません。

メリット③カードを所持することで割引を受けられる場合がある

生活費をすべてクレジットカードで支払うメリット

優待店舗で支払いに使うと、割引を受けられる場合があります。現金払いよりもお得に買い物ができるため、生活費をカード払いにすることで節約効果が得られるでしょう。

お得に買い物ができる日を狙うことも、家計を支えるうえで重要ですね。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

メリット④手数料負担が減るケースもある

生活費をクレジットカードで支払うことで、手数料負担を軽減することが可能です。

たとえば、Amazonでネットショッピングをした場合、代金引換を利用すると手数料が発生します。しかし、クレジットカードを登録してカード払いにすれば、手数料の負担なく買い物ができます。

また、普段の買い物や支払いをクレジットカード払いにすることで、銀行振込みやATMで現金を引き出す機会が少なくなり、振込手数料やATM利用手数料を節約することが可能です。

以下は、三菱UFJ銀行の振込手数料です。

振込先 振込金額・手数料
三菱UFJ銀行あて 3万円未満:0円
3万円以上:0円
他行あて 3万円未満:154円
3万円以上:220円

出典:MUFG「振込手数料」

振込金額が3万円以上で他行あての場合は220円の手数料がかかります。クレジットカード払いにして、月1回銀行振込みを削減できれば、年間で2,640円(220円×12ヶ月)の節約になります。

三菱UFJのATM利用手数料は、8時45分〜21時までは無料で、その他の時間帯は110円です。セブン銀行ATMやローソン銀行ATMで三菱UFJ口座から現金を引き出す場合は、最大330円の利用手数料がかかります。

クレジットカード払いを多用し、現金払いを減らすことで、ATM利用手数料の節約につながります。

このように、手数料を削減できることは、生活費をクレジットカードで支払うメリットです。

生活費の支払いに使うクレジットカードの選び方

生活費を支払うクレジットカードは、次のようなポイントをもとに選んでみてください。無駄な出費を増やさない、継続して利用する上でも重要なポイントです。

生活費を支払うクレジットカードを選ぶ際の重要ポイント
  • ポイント還元率
  • 貯まったポイントの用途
  • 年会費
  • 特典やサービス内容

ポイント還元率

生活費の支払いに使うクレジットカードの選び方

上記で紹介したカードの還元率について、次の表にまとめていますので、比較用として参考にしてみてください。

三井住友カード(NL) 0.5%
楽天カード 1.0%
dカード 1.0%
JCB CARD W 1.0%
Amazon Mastercardクラシック 1.0%
Orico Card THE POINT 1.0%
イオンカードセレクト 0.5%
リクルートカード 1.2%
エポスカード 0.5%

※上の表の還元率は、利用額の何%に相当するポイントが付与されるか、または利用額に対し何円分のポイントが付与されるかを基に算出しております。

上に挙げた表に記載されている還元率は通常還元率となり、カードによっては決済に使用する場所により別途加算されることも少なくありません。ライフスタイルに合わせ、いかにポイントが貯めやすいカードを選ぶかが重要です。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

生活費で貯まるポイントを還元率別に比較!

生活費が23万円で、すべてをクレジットカードで支払った場合、獲得できるポイントは次のとおりです。

ポイント還元率 獲得ポイント
0.5% 1ヶ月:1,150ポイント
1年:13,800ポイント
1.0% 1ヶ月:2,300ポイント
1年:27,600ポイント
1.2% 1ヶ月:2,760ポイント
1年:33,120ポイント

ポイント還元率が0.5%だと1ヶ月で1,150ポイントですが、還元率が1.2%だと2,760ポイントも獲得できます。同じ支払い金額でも、クレジットカードのポイント還元率によって獲得ポイントがこれだけ違います。

還元率0.5%と1.2%の1年間の獲得ポイントは約2万ポイントの差です。

日々の生活費を還元率1.2%のクレジットカードで支払うだけで、年間33,120ポイントも獲得できます。1ポイント=1円相当として使える場合は、33,120円相当お得ということです。

獲得したポイントで投資をするのもおすすめ。楽天カードで貯めた楽天ポイントは楽天証券で積立投資に使えます。

 うまくネット証券と連携することでより多くのポイントがもらえることも。

毎日のように使うものだからこそ、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶことが大切です。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

貯まったポイントの用途

貯まったポイントの用途は、クレジットカードによって異なります。ポイントの使い道には、次のようなものがあります。

貯まったポイントの主な用途
  • 商品券・ギフト券と交換
  • プリペイドカードにチャージ
  • 他社ポイントへ移行
  • マイルへ移行
  • ショッピングに利用
  • クレジットカードの支払いに使う
  • 投資商品の買付
  • 寄付

上記のように、さまざまな使い道があるため自分に合ったポイントの使い方ができます。また、クレジットカードによっては、ポイントをグループサービスで利用可能です。

例1:楽天カード

たとえば、楽天カードを使い貯まった楽天ポイントは、グループサービスで1ポイント=1円として利用できます。

楽天ポイントが使える主なグループサービス
  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天モバイル
  • 楽天ビューティ
  • 楽天証券
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイ
  • 楽天西友ネットスーパー

楽天グループの買い物代金や旅行代金、サービス利用料にポイントを充てたり、投資信託の買付代金や手数料の支払いにも使えます。

例2:エポスカード

また、エポスカードは、マルイの店舗や通販(マルイウェブチャネル)での買い物代金にポイントを使えるので便利です。エポスポイントを使って投資信託を購入することもできます。

ポイントの使い道が充実しているクレジットカードが多いので、ポイントを貯めるのが楽しくなります。

年会費

クレジットカードにより年会費は異なります。なかには「初年度無料で翌年度以降は年会費がかかるもの」や「条件付きで無料になるもの」などさまざまです。

少しでも出費を減らすためにも、年会費が安いもの、もしくは年会費がかからないカードを選びましょう。

申し込み方法により年会費が無料になるカードもあるため、公式ホームページをチェックしてください。

特典やサービス内容

生活費の支払いに使うクレジットカードの選び方

各クレジットカードには、さまざまな特典やサービスが付帯されています。いかにカード付帯のサービスを活用できるかも、生活を豊かにするうえで重要です。

毎日買い物をするお店が決まっている場合は、そのお店やグループ会社が発行しているカードを利用しましょう。ポイント還元率アップや○%割引などの特典が受けられることが非常に多いです。

自分のライフスタイルと照らし合わせて、いかに特典やサービスを役立てられるかを事前に把握しておきましょう。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

【注目】生活費を支払うクレジットカードは使い分けるのがおすすめ!

一般社団法人クレジット協会の調査によれば、平成31年3月末時点でのクレジットカード発行数は2億8,394万枚で、1人当たり2.7枚保有していることが分かっています。

多くの方は生活費をクレジットカードで支払う際、用途によって使い分けているようです。

 クレジットカードを複数用意しておき、特定の店舗で還元率が高くなるものを使い分けると良いでしょう。こうすることでカードごとの特典を受けられるので賢い使い方ができます。

また引き落とし専用の口座を用意したり、固定費ごとにカードを分けることで、生活費の管理もしやすくなります。

たとえば食事に関する支払い専用のクレジットカードを用意してみましょう。そうすることで月末にまとめて計算できるので、食費管理が容易です。

クレジットカードは現金に比べるとお金を使っている感覚がなくなるので、初月は使いすぎる傾向があります。くれぐれもポイントに振り回されないようにしましょう。

※クレジットカード協会「クレジットカード発行枚数調査結果」より

交通費もクレジットカード払いでお得に!

よく使うお店でお得に使えるクレジットカード

生活費をクレジットカードでお得に支払う方法

クレジットカード

さらに生活費をクレジットカードでお得に支払う方法には以下の4つがあります。

生活費をクレジットカードでお得に支払う方法
  • ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ(100円で1ポイント以上)
  • 家族カードを利用する
  • 1枚のクレジットカードで支払う
  • 特定の店のみ高還元率になるクレジットカードを使用する

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ(100円で1ポイント以上)

生活費をお得に支払うなら、できるだけポイント還元率の高いクレジットカードを選びましょう。一般的なクレジットカードのポイント還元は0.5%、高還元のクレジットカードで1%となっています。

還元率1%、100円の支払いで1ポイントの『JCB CARD W』は最もおすすめです。

例えば1ヶ月の生活費が8万円だった場合、0.5%なら月400ポイントですが、1%なら800ポイント貯まります。年間にすると4,800ポイントと9,600ポイントですから、大きな違いですよね。

 ちなみにリクルートカードは還元率1.2%となっているので、月960ポイント、年間で11,520ポイントもたまります。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

家族カードを利用する

家族カードとは、本会員と同じカードを家族がお得な年会費で利用できるものです。両親・配偶者・子供など、家族なら誰でも本会員と同じ種類のカードが発行できます。

 本会員がゴールドカードなら家族もゴールドカードになり、同じサービスが受けられます。

年会費が安くお得に利用できたり、家計管理がしやすくなる等、家族カードにはたくさんのメリットがあります。家族1人目の会員は「初年度年会費無料」などのキャンペーンを行っているクレジットカードもあります。

また家族が使用した分のポイントは、全て本会員に付与されるので、ポイントが貯まるまでが早いです。

一人だと景品交換までに時間がかかりますが、家族で協力したら早いです。

還元率の低いカードと使い分けるより、高還元の1枚で

前述しましたが、用途によって適切にクレジットカードを使い分けられる場合は、複数のカードで生活費を払うのがおすすめです。

しかし、よく利用するお店やサービスでお得に使えないカードを、何枚も使い分けるのはおすすめできません。

一番シンプルなのは、基本還元率の高いクレジットカード1枚を使うこと。

まとめて生活費を支払えばポイントの貯まりが早くなります。支払日や支払い金額の管理もしやすいので1枚のクレジットカードにまとめて支払うようにしましょう。

特定の店のみ高還元率になるクレジットカードを使用する

クレジットカードの種類によっては、特定の店の買い物のみ還元率が高くなるものがあります。冒頭でも紹介したようにコンビニやマクドナルドなどで使用すると還元率が高くなるものや、Amazonでの買い物で高くなるものもあります。

他にもマツキヨで使えるものや、飲食代金が20%オフになるカードもあります

自分の生活圏にあったクレジットカードを使用することで、生活費をお得に支払えます。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

【Q&A】クレジットカードで生活費を払うデメリットはないの?

クレジットカードで生活費を払うメリットについては触れましたが、「デメリットはないの?」と疑問の方もいるでしょう。ここでは、Q&A方式でそういった疑問を解消していきます。

生活費を払うのにおすすめのクレジットカードは?
『三井住友カード(NL)』がおすすめです。年会費は永年無料で、無駄な出費なく使うことが出来ます。家族カードも年会費無料、かつ人数制限なしで利用可能です。また、コンビニ2社やマクドナルドなどでクレジットカード決済をすると、通常の還元率にプラス2%加算されます。
詳細はコチラで確認してみてください。
生活費をクレジットカードでお得に支払う方法は?
クレジットカードで生活費をよりお得に支払う方法として、主に次の3つが挙げられます。
・キャンペーンを利用する
・1枚のカードで決済する
・家族カードを使う
決済を1枚のカードにまとめれば、その分ポイントもたまりやすくなります。家計管理もしやすくなるので、ぜひ検討してみて下さい。
生活費をクレジットカードで払うデメリットはある?
デメリットとして主に挙げられるのは、「使いすぎてしまうかもしれない」点です。
実際に現金のやりとりをするわけではないので、お金を使っているという感覚が薄くなることが考えられます。
使い勝手がいいため、なるべく利用明細をこまめにチェックして、使いすぎを防止しましょう。
生活費をクレジットカードで払うのがおすすめな理由は?
生活費の支払いにクレジットカードをおすすめする理由は、主に次の3つのメリットにあります。
・ポイントが貯められる
・家計管理がしやすくなる
・カードを所持することで割引が受けられる場合がある
クレジットカードのおすすめの選び方は?
生活費を払うクレジットカードを選ぶ際は、主に次の3つをチェックしましょう。
ポイント還元率
年会費
特典やサービス内容
ポイント還元率ってなに?
ポイント還元率は、クレジットカードの支払い額に応じて付与されるポイントの算出方法を指します。たとえば、ポイント還元率が1%だった場合、クレジットカードで1,000円支払ったら、10ポイントが付与されるのが基本です。
有効期限はいつまで?
クレジットカードによってポイントの有効期限が異なります。必ずチェックするようにしましょう。ポイントの有効期限を忘れそうな人は、オートキャッシュバック機能がついているクレジットカードがおすすめです。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

まとめ

この記事では、生活費の支払いにおすすめのクレジットカードについて解説しました。

今や生活費の大半がクレジットカード払いに対応しています。決済に利用することでそれぞれの還元率に伴いポイントが貯められるのでお得です。

貯めたポイントを後々の買い物に使える、利用明細により管理が楽になるなどメリットが多いため、ぜひクレジットカードを生活費の支払いにご活用ください。

カードを選ぶ際は、還元率はもちろん付帯特典サービス内容が自分に合っているか、年会費はいくらに設定されているかなどを確認しましょう。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

関連記事|クレジットカード

この記事もあわせて読む

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事