LINE BITMAXとはどんな取引所?メリット・口コミ評判・買い方を解説

メッセンジャーアプリのLINE上で、暗号資産の取引ができるのをご存知でしょうか?LINE BITMAXがどんな取引所か知りたい、口コミ評判を知りたいとお考えの方も多いと思います。

そこでこの記事ではLINE BITMAXの特徴、メリット・デメリットや口コミ評判などを紹介します。

LINE BITMAXの口座開設方法も解説しているので、ぜひ参考してみてください。
100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

LINE BITMAXとは?LINE運営の暗号資産サービス

LINE BITMAX

LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINE提供のため口座開設や取引が簡単
  • 独自通貨「LINK」の購入ができる
  • LINE Payと提携可能で手数料が安くなる
  • 最高水準のセキュリティ
  • LINE利用者であればアプリのインストールがいらない

※公式サイトの文言より

100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

LINE BITMAXはメッセンジャーアプリ「LINE」内にある『LINEウォレット』から暗号資産(仮想通貨)の取引ができる取引所。2019年にはじまった比較的新しいサービスです。

LINEからアクセスして口座開設や取引も簡単にできるので、若者を中心に人気の取引所となっています。

LINE BITMAXの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産)数

6種類
・リンク(LINK)
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ライトコイン(LTC)

レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料※振込手数料は別途かかります
出金手数料 400円(LINE Pay残高への出金なら110円)

100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

出典:LINE BITMAX公式

LINE BITMAXの5つのメリット

LINE BITMAXの5つのメリット

LINE BITMAXには以下の5つのメリットがあります。

LINE BITMAXのメリット
  • LINE提供のため口座開設や取引が簡単
  • 独自通貨『LINK』の購入ができる
  • LINE Payと提携可能
  • 最高水準のセキュリティ
  • 少額からはじめられる

LINE提供のため口座開設や取引が簡単

LINE BITMAX1つ目のメリットが、LINEが提供しているので口座開設・取引が簡単なことです。LINE利用者であればアプリのインストールもいりません

LINEでログインをして「お客様情報の登録」「本人確認」をすませれば、すぐに口座開設が可能です。取引画面にも一瞬でアクセスできます。

独自通貨『LN/LINK』の購入ができる

LINE BITMAXの5つのメリット

通貨名 リンク
通貨単位 LN(LINK)
時価総額 ¥122,374,470,204.10
時価総額ランキング 215位
発行上限枚数 10億枚
現在の値段 ¥20,468.02
売買可能国内取引所 LINE BITMAX 

LINE BITMAXでは独自の仮想通貨として『LN』と呼ばれるトークンを発行しています。

LINE株式会社のグループ会社『LINE TECH PLUS PTE. LTD.』が発行しており、『LVC株式会社』が開発したLINEブロックチェーン内で使用する通貨です。

 2020年8月より取扱いを開始しており、2021年11月現在国内ではLINE BITMAXでしか購入できません。

LINE自体が世界で8000万人以上のユーザーがいること、LINEユーザーなら誰でもすぐ購入できること、LINEのブロックチェーン上で使用するという明確な用途があることなどから、将来性も高いと言われています。

1年たらずで約18倍まで高騰しており、時価総額ランキングでは215位に位置づいています。

暗号資産『Chainlink』も『LINK』と表記するのでややこしいですが、別物なので注意しましょう。
100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

LINE Payと提携可能

LINE BITMAXの5つのメリット

同じLINEサービスのLINE Payと提携ができるのもLINE BITMAXの魅力でしょう。

LINE Payで本人確認済みなら、LINE BITMAXでの本人確認を省略できます。LINE Payから簡単に資金移動もできるので振込の手間が省けるのもメリットです。

3つの入金方法
  • LINE Payから入金
  • LINE Payに連携している銀行口座のデビット支払いによる入金
  • 銀行口座から振込入金

上記3つの入金方法があり、LINE Payから入金した場合は手数料が無料になります。

最高水準のセキュリティ

LINEは国内のインターネット事業者の中でも最大レベルのセキュリティ対策を行っています。※公式より

BITMAXでもLINEのプラットフォームを設計したチームが、セキュリティ最優先でサービス提供しているので、最高水準のセキュリティが確保できています。

 なお2021年3月までは『BitGo』のウォレットを採用していましたが、現在はLINE Biz Corporationが開発するELIウォレットに移行しています。

仮想通貨はすべてコールドウォレットにて保管されているので、ハッキングによって盗まれるなどリスクも抑えています。

100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

少額からはじめられる

LINE BITMAXの5つのメリット

LINE BITMAXなら少額から投資をはじめられるのもメリットの1つです。

約100円からの少額投資ができるLINE BITMAXでしたが、2021年11月11日に最小取引単位の引き下げが行われ、1円相当額から取引可能となりました。

これによりビットコインを含めたすべての通貨が1円相当額から投資できます。

100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

LINE BITMAXの3つのデメリット

LINE BITMAXには以下の3つのデメリットがあります。

LINE BITMAXのデメリット
  • レバレッジ取引ができない
  • 取扱銘柄が少ない
  • 取引所がない

レバレッジ取引ができない

LINE BITMAXの3つのデメリット

LINE BITMAXのデメリットは、レバレッジ取引ができないことでしょう。レバレッジ取引は自分の資金を担保に倍額のポジションを持ち、差額分を利益にできる方法。

 少額から多くの利益を生み出せるので、資金の少ない投資家の1つの戦略ですがLINE BITMAXでは利用できません。

ただしレバレッジ取引はリスクが大きいので、初心者は避ける方が無難でしょう。レバレッジ取引で証拠金がなくなると強制的にポジションが決済されてしまう可能性があるからです。

そのあと価値が上がってもコインは売却されているので意味がありません。

投資初心者の方はまずはLINE BITMAXのように現物で取引をしましょう。

取扱銘柄が少ない

LINE BITMAXの3つのデメリット

LINE BITMAXは、まだまだ取扱銘柄が少ないです。他の大手と比較してみても、コインチェック17種類、GMOコイン15種類ですがLINE BITMAXは6種類しかありません。

取引所 取扱通貨数
LINE BITMAX 6種類
コインチェック 17種類
GMOコイン 15種類
DMM Bitcoin 12種類
bitFlyer 13種類

上場している通貨も特徴的なものはLINKしかなく、ほかはビットコインやイーサリアム、リップルなどメジャーな通貨ばかりなので、今一歩と言えるでしょう。

取引所がない

仮想通貨の取引業者には「販売所」と「取引所」の2種類の形式があります。LINE BITMAXは取引所形式がなく、販売所形式にしか対応していません。

販売所形式は業者相手に取引を行うので、いつでも売買できるメリットがありますが、スプレッドが膨らみやすいデメリットがあります。

スプレッドとは?
Ask(購入価格)とBid(売却価格)の差額のことで、業者に支払う手数料を指します。スプレッドが広いほど、利益を出しにくくなります。

取引手数料は無料ですが、スプレッド料は必須なので、他社の「取引所形式」の業者と比べると手数料が高くなります。

LINE BITMAXの口コミ・評判

良い口コミ・評判

LINE BITMAXの口コミ・評判

LINE BITMAXの良い口コミ・良い評判
  • LNの期待値が高い
  • 使い慣れているLINEアプリなので簡単
  • 定期的にキャンペーンを実施している

LINE BITMAXの良い口コミで多かったのはLNの期待値が高いというものでした。他のコインが下げ相場のときにも影響されず上昇するときが多いので、よく購入するという意見でした。

まだまだ価格は低いがLINE自体の利用者が多いので、取引所に上場すれば一気に上昇するのでは?という方も多かったです。

 日頃から使用しているアプリなので操作方法が明確で、すぐに使い慣れたという口コミもありました。

定期的にキャンペーンを実施しており、無料で仮想通貨をもらえたのを喜ぶ方も多いです。

現在は「はじめてみようキャンペーン」を実施しており、口座開設や入金などのミッションクリアでLINKがもらえます。
100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

いまいちな口コミ・評判

LINE BITMAXの口コミ・評判

LINE BITMAXのいまいちな口コミ・いまいちな評判
  • スプレッドが広いので損をしやすい
  • ショートができないのがいまいち

LINE BITMAXのいまいちな口コミとしては、「スプレッドが広いこと」が多くを占めていました。うまく購入しないと稼ぐのが難しいという意見です。

ただLINE自体のユーザー数が多いので、バブル時にメディアで取り上げられれば購入者が殺到するはずと考え、今から仕込んでいる方もいるようでした。

 ほかにはレバレッジ取引ができず、ショートができないのもデメリットに挙げる方が多かったです。

ショートなら売りから入れるので相場に合わせて利益を出しやすいですが、現物のみだと上昇トレンドのときしか稼げないのでもどかしさを感じている方が多いようです。

LINE BITMAXのスマホアプリ

LINE BITMAXのスマホアプリ

LINE BITMAXに専用のアプリはありません。LINEのアプリからそのままLINE BITMAXの画面に入れるので、気軽に取引可能です。

LINEサービスを普段から使用している方なら、すぐに使いこなせるでしょう。

LINE BITMAXの口座開設方法

ここでLINE BITMAXの口座開設方法を紹介します。

登録方法

・LINEを起動させたら「ウォレット」を選び、『BITMAX』を選択しましょう。

LINE BITMAXの口座開設方法と買い方

 

・LINE BITMAXの画面が表示されるので「口座開設に進む」をタップしましょう。利用規約の画面が表示されるので、しっかり読んでチェックしましょう。最後に「同意する」をタップしてください。

LINE BITMAXの口座開設方法

 

・本人情報の入力画面が表示されるのですべて入力しましょう。以上で登録完了です。次に本人確認へと進みましょう。

LINE BITMAXの口座開設方法

本人確認

2021年11月現在LINE BITMAXでは「スマホでかんたん本人確認」で本人確認を実施しており、本人確認書類の撮影・顔の撮影・本人情報の入力の順に進めていきます。

はじめに本人確認書類の撮影をしましょう。本人確認書類は以下のものが使用可能です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 日本政府発行のパスポート

・本人確認の撮影が終わったら顔写真の撮影をしましょう。

LINE BITMAXの口座開設方法

 

・顔写真の撮影が終わったら、最後に本人情報の入力をしましょう。

 

LINE BITMAXの口座開設方法

以上でスマホでかんたん本人確認の申請が完了します。審査後「LINE Pay本人確認」の公式アカウントからお知らせがきます。審査が通れば口座開設の完了です。

ピントがボケていたり、写真がフレームに収まっていない、またはフレームに対して空き部分が多いなどは、審査に通らない可能性があります。

再審査になると、また数日かかる恐れがあるので、鮮明な写真を撮るようにしましょう。

100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

LINE BITMAXがおすすめな人

LINE BITMAXがおすすめな人

LINE BITMAXがおすすめな人
  • 1円相当の少額から取引をしたい人
  • 独自暗号資産『LINK』に投資したい人
  • 長期運用を考えている人

LINE BITMAXのスプレッド問題で損をしないためには、短期運用でなく長期運用で投資することです。

ユーザーはこれからも増え続ける可能性が高いので長期目線で投資をする方におすすめでしょう。今のうちにLINKに投資しておきたい人にもおすすめです。

また1円相当から取引できるので、カジュアルに投資をはじめてみたい人にもおすすめです。

よくある質問

LINE BITMAXのメリットは何ですか?
LINEアプリから口座開設や取引ができる、独自通貨LINKが購入できる、LINE Payと提携可能、最高水準のセキュリティ、1円相当から投資できることです。
LINE BITMAXはどんな人におすすめですか?
スプレッドで損をしないために長期運用で投資したい人におすすめです。また1円相当の少額から取引をしたい人、独自暗号資産リンクに投資したい人にもおすすめです。
LINE BITMAXのデメリットを教えてください
レバレッジ取引ができないこと、大手と比較すると銘柄が少ないこと、取引所形式がないことです。販売所のみなのでスプレッドが広くなりやすいです。
LINE BITMAXの取扱い通貨数を教えてください
2021年11月現在、ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・リンクの6種類です。リンクは国内でBITMAXでしか購入できません。
LINE BITMAXの良い口コミはどのようなものですか?
リンクに期待している方が多いです、また使い慣れているLINEアプリなので簡単、キャンペーンが簡単でお得という意見もよく見られます。
LINE BITMAXの悪い口コミはどのようなものですか?
スプレッドが広いので損をしやすいと挙げる人が多かったです。またレバレッジがないため、ショート(空売り)ができないのを残念がる人も多いです。
LINE BITMAX以外におすすめの取引所はありますか?
コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyerなどは銘柄も多く、初心者に人気の取引所です。LINE BITMAXと併用して登録する方も多いです。

まとめ

今回の記事では、LINE BITMAXのメリット・デメリットや良い口コミ・いまいちな口コミについて解説しました。

通貨自体は少ないものの稀有なLINK通貨を扱っており、LINEアプリからそのまま取引できるなどメリットもたくさんあります。

仮想通貨が盛り上がればLINEユーザーがたくさん参入する可能性もあるので、いまの内に投資しておくのも良いですね。
100%コールドウォレット管理で安全

LINE BITMAX
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事