ライフカードの評判は悪い?口コミやメリット・デメリットを徹底調査

ライフカードはさまざまな一般カードの中でも、ポイントを貯めやすいカードの1つです。豊富なポイントプログラムにより年会費無料でもお得にポイントを貯められます。

相性が良い方であれば、経済的な負担を抑えてお得にカードを利用できるでしょう。自分に合ったカードを選ぶためにも、どのような評判があるかチェックするのがおすすめです。

そこで今回は、ライフカードの基本情報と評判・口コミについて紹介します。

メリット・デメリットについても理解しておくことで、ライフカードを検討している方も安心でしょう!

ライフカードの基本情報

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 年会費は永年無料
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • 誕生月はポイントが3倍!
  • L-Mall」経由の買い物で最大25倍
  • 最短3営業日でカード発行
  • ポイントの有効期限は5年もある!

 

ライフカードはライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。年会費無料のカードであり、基本のポイント還元率は0.5%と一般的です。

ですが、ポイントを貯めやすいプログラムがいくつか用意されているため人気のクレジットカードです。例えば以下のようなステージ制を設けていたり、誕生月は3倍付けしてくれたりなどがあります。

ライフカードのステージプログラム

ポイント有効期間は繰越手続きをすることにより、最大5年間まで伸ばすことができるので利用にも困らないでしょう。さらに、普段の買い物だけでなく、公共料金や携帯電話料金の支払いにも使うことができるため便利です。

年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

● ライフカードの基本情報

申し込み条件 18歳以上
年会費 無料
ポイント LIFEサンクスポイント
ポイント還元率 還元率:0.5%
国際ブランド JCB・Mastercard・VISA
付帯保険
締め日・引き落とし日 5日締め、27日もしくは3日支払い
キャッシング利用 可能

年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

出典:ライフカード公式

ライフカードの口コミ・評判

ライフカード口コミ

良い口コミ

  • 年会費無料で持ちやすい
  • ポイント還元率を高めやすい
  • ポイントを使いやすい
  • 作りやすくすぐに届く

    ライフカードは年会費無料であり、持っているだけで使わなかったとしても費用負担はありません。

    そのため「持ちやすいクレジットカード」として人気があり、良い評判に繋がっています。また、「ポイント還元率を高めやすい」という口コミも多いです。

     初年度は還元率が1.5倍、誕生日月にはポイント3倍、ポイントアップサイトを経由すると最大で25倍とポイントを貯めやすいです。

    貯めたポイントを使える先も豊富であり、Amazonやdポイントなどに交換できます。他にも、「クレジットカードの中ではカードを作りやすい」という内容の口コミも少なくありません。

    オンライン上で申し込みを完結することができ、発行までの日数が短いのですぐにカードを用意したい人におすすめです。
    年会費永年無料!

    ライフカード
    申込はこちら

    イマイチな口コミ

    ライフカードの口コミを調べる

    • 基本的な還元率は高くない
    • 付帯保険がない
    • 使ってみたけどあまり貯まらなかった
    • ライフカードの基本ポイント還元率は0.5%であるため、そこまで高くありません。

     

    クレジットカードの中には、年会費無料でポイント還元率が1.0%以上のカードもあるため「還元率は低い」という意見は多いです。

    実際に、貯めたポイントの使い方によっては還元率が0.5%を下回ることもあります。また、ライフカードはポイントを貯めることに特化している部分があり付帯保険はありません。(学生専用ライフカードには卒業までの期間自動付帯があります)

     そのため、旅行に行く機会が多い人からすると「せっかくポイントが貯められるのに、旅行用のカードをまた作らなければならない」という口コミもあります。

    他にも、「ポイントが貯まりやすいと思っていたけど、実際はあまり貯まらなかった」という意見も少なくありません。基本ポイント還元率の0.5%で使い続ける場合であれば、そこまでポイントは貯まらないでしょう。

    ライフカードを活用する場合は、ポイントがアップするプログラムを利用したいところですね。

    口コミから見るライフカードのメリット

    ライフカードのメリット

    年会費がずっと無料

    ライフカードは年会費がかからないクレジットカードです。初年度だけ年会費無料のカードや、条件を満たすことで無料のカードもあります。

    ライフカードの場合は、年齢などの条件で年会費が発生することがないため、長期的に持ちやすいカードです。

     また、年会費無料であるだけでなく、有効活用することでポイントを貯めやすくなります。

    場合によってはポイント還元率が1.0%以上になるため、お得にカードを使えます。

    他にも、家族カードやETCカードの年会費も無料なので利用しやすいです。

    最短3営業日で発行される

    ライフカードはオンラインで申し込みすることで、最短3営業日でカードが発行されます。クレジットカードの種類によって発行までの期間は異なりますが、1週間前後の時間が必要なものが多いです。

    急ぎでクレジットカードを作る必要が出た場合でもすぐに発行できます。基本的な申し込みから発行までの流れは次の通りです。

    オンライン申し込みの流れ
    1. 申込内容の入力
    2. 審査結果メールの受信
    3. 支払い口座の設定
    4. カード発行

    もちろん申し込みをすれば必ずカードが発行されるわけではありません。審査に時間がかかることもあり、その場合は3営業日以上かかることもあるので注意してください。

    審査結果は最短だと1営業日後に送られてきます。郵送のカードを受け取る時には、本人確認書類(顔写真付き証明書)を提示する必要があるので、事前に準備しましょう。

    モバイル決済に対応

    ライフカードのメリット

    ライフカードはさまざま決済手段に紐づけることで、モバイル決済に使うこともできます。

    例えば、Visaのライフカードであればタッチ決済に対応しているため、衛生的でスピーディに支払いできます。ライフカードが対応している主な決済手段は次の通りです。

    対応する決済手段
    • Apple Pay
    • Google Pay
    • Visaタッチ決済
    • モバイルSuica
    • モバイルPASMO
    • 楽天Edy
    • QRコード決済(PayPay、楽天Pay、d払い、au PAYなど)

     

    さまざまな場所で活用できるため、日々の生活で大変便利になるでしょう。キャッシュレス化が進んでいる現代において、メリットを感じられる内容です。

    ポイントが貯めやすい

    ライフカードのポイント

    ライフカードの基本ポイント還元率は0.5%と決して高くはありません。一般カードの中では標準的な還元率といえるでしょう。

    しかし、ポイントが倍増する以下のようなプログラムが充実しているため、使い方によっては効率良くポイントを貯められます。

    ライフカードのポイントプログラム例
    • 基本ポイント:利用額1,000円につき1.0ポイント(1ポイントは5円相当と還元可能)
    • 新規入会キャンペーンポイント:入会後1年間はポイント1.5倍
    • お誕生ポイント:誕生日月の利用は基本ポイントの3倍
    • ステージ制プログラム:年間利用額によって翌年度のポイント倍率が変わる
    • L-Mallを経由してショッピングでポイントが最大25倍

     

    誕生日月や新規入会キャンペーンは一過性ですが、ステージ制プログラムは1年間適用されます。ステージ制プログラムの詳細は次の通りです。

    ステージ制プログラム

    ステージ 年間利用額 倍率
    レギュラーステージ 通常 1倍
    スペシャルステージ 50万円以上 1.5倍
    ロイヤルステージ 100万円以上 1.8倍
    プレミアムステージ 200万円以上 2倍

    出典:ライフカード公式サイト

    普段の支払いをライフカードにし、たくさん使うことでどんどんポイントが貯まるようになります。ライフカードで毎月約4万円支払いに使うことでスペシャルステージに突入します。

     初年度は入会キャンペーンで1.5倍になり、年間50万円利用し続けることで還元率1.5倍を維持できるでしょう。

    毎月8.3万円利用することで、ロイヤルステージになりポイント還元率は1.8倍になり、合計で還元率が0.9%なのでお得です。

    また、普段からネットショッピングをする人であれば、L-Mall経由で買い物することでポイント還元率が2倍~25倍になります。

    年会費永年無料!

    ライフカード
    申込はこちら

    口コミから見るライフカードのデメリット

    ライフカードのデメリット

    通常のポイント還元率は決して高くない

    ライフカードは利用金額1,000円につき1.0ポイントであり、1ポイントは5円分で交換できるため還元率0.5%です。

     しかし、交換先によっては1ポイントで5円以下になることもあるため、0.5%を下回ってしまいます。

    ポイントアップするプログラムは充実していますが、全ての支払いがお得になるわけではありません。利用者によっては実質のポイント還元率が低くなってしまう可能性も十分に考えられます。

    主なポイント移行先

    移行先 交換単位 交換率
    Vプリカ 600ポイント→3,000円分 1,000円で5円分
    ANA SKY コイン 200ポイント→900円分 1,000円で4.5円分
    Amazonギフト券 1,000ポイント→5,000円分 1,000円で5円分
    dポイント 300ポイント→1,500円分 1,000円で5円分
    Pontaポイント 300ポイント→1,500円分 1,000円で5円分
    ANAマイレージクラブ 300ポイント→750マイル
    楽天ポイント 300ポイント→900円分 1,000円で3円分
    Gポイント 300ポイント→1,200円分 1,000円で4円分
    ベルメゾン・ポイント 300ポイント→1,500円分 1,000円で5円分

    出典:特典Webカタログ

    旅行傷害保険が付帯されていない

    ライフカード<旅行傷害保険付き>

    ライフカードには旅行傷害保険が付帯されていません。クレジットカードの中には、年会費無料で傷害保険が付帯されるものもあるので旅行向けのカードではなでしょう。

    ライフカードの中には旅行傷害保険付きの種類もありますが、こちらは年会費がかかります。年会費は初年度無料ですが、2年目以降は1,375円(税込み)です。

     ライフカードのメリットの1つがなくなるだけでなく、経済的な負担が生まれてしまいます。

    傷害保険の内容は充実していますが、年会費をデメリットに感じる人は少なくありません。

    ライフカード<旅行傷害保険付き>の基本情報

    申し込み条件 18歳以上
    年会費 1,375円(税込)
    ※初年度無料
    ポイント LIFEサンクスポイント
    ポイント還元率 還元率:0.5%
    国際ブランド JCB・Mastercard・VISA
    付帯保険 ・海外旅行傷害保険
    ・国内旅行傷害保険
    ・シートベルト傷害保険
    ・カード会員保障制度
    締め日・引き落とし日 5日締め、27日もしくは3日支払い
    キャッシング利用 可能

    出典:ライフカード<旅行傷害保険付き>

    サポートに電話が繋がりにくい

    ライフカードではオペレーターによる電話サポートを受けられます。月曜日から土曜日の日中に対応していますが、電話が繋がりにくいという評判が多いです。

     この電話の繋がりやすさは曜日や時間によって変わるものの、急ぎの要件のときに繋がらないのは困ります。

    ライフカードには電話サポート以外にも、「LIFE-Web Desk」というWebサービスがあります。電話が繋がりにくいときはWebのサポートデスクを利用するのがおすすめです。

    ライフカードの利用が向いている人

    ライフカードの利用が向いている人

    年会費無料でポイントが貯まりやすいクレジットカードを作りたい人

    ライフカードの特徴は、年会費が無料でありポイントプログラムが充実していることです。

     年会費無料で利用できるクレジットカードは多いですが、ライフカードはその中でも比較的ポイントが貯まりやすいです。

    クレジットカードのポイントには有効期限が短いものもあり、使い忘れてしまうことで失効してしまうことは少なくありません。

    ライフカードの場合は、手続きをすればポイントの有効期限は最大で5年まで伸ばせます。

    ポイントプログラムの対象になっている人

    ライフカードはポイントプログラムが充実しており、その恩恵を最大限受けられる人であれば、お得にポイントを貯められます。

    誰でも誕生日月はポイント還元率がアップしますが、最も影響があるのはポイントアップサイトの「L-Mall」です。

     L-Mallではポイントが2倍~25倍になるため、ライフカードを使えば常に還元率1.0%以上で利用できます。

    普段からネットショッピングをする人で、L-Mallに出店しているショップを使う人はお得です。

    L-Mallで利用できる主なショップ
    • 楽天市場
    • Yahoo!ショッピング
    • 楽天トラベル
    • Qoo10
    • DHCオンラインショップ
    • じゃらんnet
    • ショップジャパン
    • ワタシプラス 資生堂
    • ニッセンオンライン
    • 【さとふる】ふるさと納税サイト

     

    このL-Mallの利用と公共料金の支払いで、毎月約4万円ほど利用すれば翌年度からはポイント還元率は1.5倍になります。

    年会費永年無料!

    ライフカード
    申込はこちら

    審査が不安な方はデポジット型ライフカード

    デポジット型ライフカード

    デポジットとは保証金のことであり、事前にお金を預けることで通常のクレジットカードとして利用できるカードのことです。

    デポジットの金額がそのままカードの限度額になり、最大10万円まで利用できます。このデポジット型ライフカードは、入金した分しか使えないため、通常のライフカードよりも作りやすいです。

     ただし、通常のライフカードと比較すると年会費が発生し、5,500円(税込み)と高額であることがデメリットです。

    年会費は発生しますが、付帯保険(海外・国内旅行傷害保険など)や弁護士無料相談サービスを利用できます。

    デポジット型ライフカードの基本情報

    申し込み条件 20歳以上
    年会費

    無料

    ポイント LIFEサンクスポイント
    ポイント還元率 還元率:0.5%
    国際ブランド JCB・Mastercard・VISA
    付帯保険
    • カード会員保障制度
    • 海外旅行傷害保険
    締め日・引き落とし日 5日締め、27日もしくは3日支払い
    キャッシング利用 可能

    出典:デポジット型ライフカード

    学生の方は学生専用ライフカード

    学生専用ライフカード

    学生の場合は、「学生専用ライフカード」を使うのがおすすめです。18歳以上の学生(大学・大学院・短期大学・専門学校)でも作ることができるので学生生活で便利に使えるでしょう。

     ポイントの貯まり方は通常のライフカードと同じであり、海外旅行傷害保険がある点などが違います。

    さらに、卒業後も年会費無料で使い続けることができるためお得です。学生のうちに申し込みする必要がありますが、お得に使えるカードの1つと言えます。

    学生専用ライフカードの基本情報

    申し込み条件 満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の人
    年会費 無料
    ポイント LIFEサンクスポイント
    ポイント還元率 還元率:0.5%
    国際ブランド Mastercard
    付帯保険 ・国内旅行傷害保険
    ・海外旅行傷害保険
    ・シートベルト傷害保険
    締め日・引き落とし日 5日締め、27日もしくは3日支払い
    キャッシング利用 不可

    最大10,000円プレゼント!

    学生専用ライフカード
    申込はこちら

    出典:学生専用ライフカード

    まとめ

    ライフカードは年会費無料であり、基本のポイント還元率は0.5%とそこまで高くありません。しかし、ポイントプログラムが充実しているため、使い方によっては効率良くポイントを貯められます。

    学生であれば専用カードもあるので、気になっている方はぜひチェックしておきましょう!

    ライフカードの特徴を押さえ、ぜひポイントをコツコツ貯めて日々の生活で有効活用してみてください。
    年会費永年無料!

    ライフカード
    申込はこちら

    関連記事|クレジットカード

    この記事もあわせて読む
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事